NPB12球団ジュニアトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

NPB12球団ジュニアトーナメント(NPB12きゅうだんジュニアトーナメント)は、2005年より毎年12月下旬に、日本野球機構(NPB)及び同機構に属するプロ野球12球団が主催する少年野球の大会である。第10回(2014年)まではJX日鉱日石エネルギー特別協賛としてENEOS CUP、第11回から第15回までは日能研が特別協賛を務めた。

12球団ごとに小学5 - 6年生を中心としたジュニアチームを結成。3チームずつ4グループに分かれてグループリーグを戦い、各1位の計4チームが決勝トーナメントに進出。王者を決める。後述するように、この大会からプロ野球に進んだ選手も存在している。 選手はプロ球団とほぼ同じユニフォームを着て試合をするが、ジュニアのユニフォームは各ジュニアチームの脇から横腹の辺りに太い線がある等若干の違いがある。また、選手のユニフォーム・ウインドブレーカーの左肩には特別協賛社のロゴマークが刺繍される。

チームの監督は各球団に所属する少年野球担当のチームOBが務め、少年野球担当がいないチームは各球団が指名したチームOBが務める。

会場は札幌もしくは福岡で開催されているが、2015年は札幌・福岡ともにコンサート設営・開催・撤去の関係上、宮崎市で開催された。また、2020年は関東地区(明治神宮野球場横浜スタジアム)で初開催の予定。

各年度概要[編集]

開催日 球場 優勝チーム
第1回 2005年12月27日 - 12月29日 福岡ヤフードーム ヤクルトスワローズジュニア
第2回 2006年12月26日 - 12月28日 東北楽天ゴールデンイーグルスジュニア
第3回 2007年12月26日 - 12月28日 札幌ドーム オリックス・バファローズジュニア
第4回 2008年12月26日 - 12月28日 中日ドラゴンズジュニア
第5回 2009年12月25日 - 12月27日 福岡ソフトバンクホークスジュニア
第6回 2010年12月26日 - 12月28日 福岡ヤフードーム 千葉ロッテマリーンズジュニア
第7回 2011年12月27日 - 12月29日 札幌ドーム 北海道日本ハムファイターズジュニア
第8回 2012年12月26日 - 12月28日 読売ジャイアンツジュニア
第9回 2013年12月27日 - 12月29日 読売ジャイアンツジュニア
第10回 2014年12月28日 - 12月30日 福岡ヤフオク!ドーム 読売ジャイアンツジュニア
第11回 2015年12月27日 - 12月29日 サンマリンスタジアム宮崎
KIRISHIMAひむかスタジアム
中日ドラゴンズジュニア
第12回 2016年12月27日 - 12月29日 横浜DeNAベイスターズジュニア
第13回 2017年12月27日 - 12月29日 札幌ドーム 中日ドラゴンズジュニア[1]
第14回 2018年12月27日 - 12月29日 東北楽天ゴールデンイーグルスジュニア[2]
第15回 2019年12月27日 - 12月29日 東京ヤクルトスワローズジュニア[3]
第16回 2020年12月29日 - 12月31日 明治神宮野球場
横浜スタジアム

大会ルール[編集]

  • 大会は3日間にわたる。
  • 参加各チームが推薦・ないしは編成した小学校5年生・6年生のチームによる。
  • 試合方法は当該年度の公認野球規則、全日本軟式野球連盟競技者必携「学童野球に関する事項」を適用するが、一部大会特別ルールもある。
  • 使用球は全日本軟式野球連盟公認J号軟式球。
  • 試合は7イニングス。同点の場合タイブレークによる延長戦を最大2イニングまで行う。タイブレークでも試合が決着しない場合、抽選によって試合が決着する。
  • 試合はトーナメント方式によって行い、1日目6試合、2日目では1日目の勝者チーム同士、敗者チーム同士による各試合が行われる。
  • 第15回大会より決勝トーナメント進出チームの選出にTQB(Total Quality Balance)方式を採用。予選2勝0敗3チームと、予選1勝1敗の6チームから最も得失点率が高いチームがワイルドカードとして決勝トーナメントに進出する。
  • 指名打者制度は第15回大会より適用。

各チームの監督[編集]

各監督は現役時代と同じ背番号を使用するが、選手と重複する場合(1番から18番まで)でもその使用が認められている。

日本ハム 楽天 西武 ロッテ オリックス ソフトバンク 巨人 ヤクルト 横浜/
DeNA
[4]
中日 阪神 広島
1 白井康勝 松井優典 潮崎哲也 初芝清 ロベルト・バルボン 秋山幸二 篠塚和典 丸山完二 平松政次 新宅洋志 石井晶 達川光男
2 安部理 高木大成 羽田耕一 田口昌徳 高橋一三 永尾泰憲 西田真二
3 永井智浩 中田良弘 北別府学
4 益田大介 平井光親 石井晶
5 松沼雅之 河埜和正
6 藤田学 高仁秀治 大熊忠義
7 森範行 沖原佳典 武藤一邦 亀山努
8 立石尚行 鷹野史寿 岡村隆則 池田親興 小山田保裕 音重鎮 山崎隆造
9 池田剛基 山崎隆広 鈴木尚典
10 市川卓 塩川達也 梶間健一 前原博之 片岡篤史
11 大久保勝信 山内泰幸
12 高口隆行 山崎隆広 馬原孝浩 笹本信二 湊川誠隆 八木裕
13 牧野塁 新垣渚 川村丈夫
14 立石尚行 星野智樹 塀内久雄 塩崎真 加藤健 度会博文 加藤政義 横山竜士
15 村田和哉 牧田明久 帆足和幸 鈴木尚典 鶴直人
16 西村健太朗 秦裕二 白仁田寛和

賞品[編集]

  • 優勝チームに優勝カップと金メダル、準優勝チームに準優勝カップと銀メダル、3位チーム(決定戦をしないため2チーム)には銅メダルを各々贈呈する。

結果[編集]

年度 決勝戦 ベスト4
優勝 結果 準優勝
1 2005年 東京ヤクルト 3 - 2 千葉ロッテ 中日 東北楽天
2 2006年 東北楽天 1 - 0 読売 オリックス 東京ヤクルト
3 2007年 オリックス 6 - 1 読売 中日 東北楽天
4 2008年 中日 9 - 8 北海道日本ハム 福岡ソフトバンク 横浜
5 2009年 福岡ソフトバンク 4 - 2 読売 中日 ロッテ
6 2010年 千葉ロッテ 8 - 2 東京ヤクルト 楽天 横浜
7 2011年 日本ハム 4 - 3 東京ヤクルト 横浜DeNA 福岡ソフトバンク
8 2012年 読売 5 - 3 千葉ロッテ オリックス 東京ヤクルト
9 2013年 読売 4 - 3 埼玉西武 横浜DeNA 北海道日本ハム
10 2014年 読売 4 - 3 北海道日本ハム 東北楽天 横浜DeNA
11 2015年 中日 4 - 0 福岡ソフトバンク 東北楽天 東京ヤクルト
12 2016年 横浜DeNA 6 - 4 阪神 北海道日本ハム 千葉ロッテ
13 2017年 中日 1 - 0 阪神 北海道日本ハム 横浜DeNA
14 2018年 東北楽天 3 - 1 埼玉西武 広島 東京ヤクルト
15 2019年 東京ヤクルト 4 - 0 東北楽天 千葉ロッテ 横浜DeNA

放送について[編集]

  • J SPORTSで中継を行っているが、2008年大会までは現代の野球中継のスタイルにおいては珍しく、実況のみが中継に出演する形となっていた。

主な出来事[編集]

  • 2011年(第7回大会) - 予選リーグ・中日ジュニア対広島ジュニアの1回表、広島ジュニアの攻撃中に中日ジュニアの新宅洋志監督が「広島ジュニアが規定で禁止されているバットを使用している」と抗議。審判はそのバットを使用した打者をアウトにして試合再開としようとしたが新宅は「没収試合にすべきである」とこれに不服を唱え2時間以上に渡って試合は中断。結局翌日再試合を行なうこととなったが、再試合では広島ジュニアの北別府学監督が責任を取ってベンチ入りを辞退した。
  • 2017年(第13回大会) - 西武ジュニアが女子選手(投手[5])の蔵方菜央を主将に任命。これによりジュニアチーム初の女子主将が誕生[6]

プロ指名された参加選手[編集]

年度 選手 指名球団(指名順位) 出場チーム 出場年
2011年 高城俊人 横浜(2巡)[7] ソフトバンクJr. 2005年
近藤健介 日本ハム(4巡) ロッテJr. 2005年
柿原翔樹 オリックス(育2巡) ソフトバンクJr. 2005年
2012年 今井金太 DeNA(育1巡) 広島Jr. 2006年
2013年 松井裕樹 楽天(1巡) 横浜Jr. 2007年
森友哉 西武(1巡) オリックスJr. 2007年
田口麗斗 巨人(3巡) 広島Jr. 2007年
砂田毅樹 DeNA(育1巡) 日本ハムJr. 2007年
2014年 小野郁 楽天(2巡) ソフトバンクJr. 2008年
淺間大基 日本ハム(3巡) ヤクルトJr. 2008年
香月一也 ロッテ(5巡) ソフトバンクJr. 2008年
高濱祐仁 日本ハム(7巡) ソフトバンクJr. 2008年
戸川大輔 西武(育1巡) 日本ハムJr. 2008年
木村聡司 広島(育2巡) 中日Jr. 2008年
2015年 高山俊 阪神(1巡) ロッテJr. 2005年
川越誠司 西武(2巡) 日本ハムJr. 2005年
船越涼太 広島(4巡) ロッテJr. 2005年
オコエ瑠偉 楽天(1巡) 巨人Jr. 2009年
網谷圭将 DeNA(育1巡) ロッテJr. 2009年
2016年 藤平尚真 楽天(1巡)[8] ロッテJr. 2010年
九鬼隆平 ソフトバンク(3巡) オリックスJr. 2010年
浜地真澄 阪神(4巡) ソフトバンクJr. 2010年
今井順之助 日本ハム(9巡) 中日Jr. 2010年
2017年 安田尚憲 ロッテ(1巡) 阪神Jr. 2011年
櫻井周斗 DeNA(5巡) ヤクルトJr. 2011年
西浦颯大 オリックス(6巡) ソフトバンクJr. 2011年
西巻賢二 楽天(6巡)[9] 楽天Jr. 2011年
楠本泰史 DeNA(8巡) 横浜Jr. 2007年
2018年 根尾昂 中日(1巡) 中日Jr. 2012年
藤原恭大 ロッテ(1巡) オリックスJr. 2012年
林晃汰 広島(3巡) 阪神Jr. 2012年
石橋康太 中日(4巡) ロッテJr. 2012年
田宮裕涼 日本ハム(6巡) ロッテJr. 2012年

[10]

脚注[編集]

  1. ^ “中日Jr サヨナラで2年ぶり優勝 NPB12球団ジュニアT”. スポニチアネックス (スポーツニッポン新聞社). (2017年12月30日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/12/30/kiji/20171229s00001173318000c.html 2017年12月30日閲覧。 
  2. ^ 決勝トーナメント
  3. ^ https://npb.jp/junior/2019/scores_3.html
  4. ^ 2011年大会は球団譲渡に伴い、新球団名で参加。ユニホームは旧横浜時代のものを使用。
  5. ^ “最速116キロ埼玉西武ジュニアキャプテンの蔵方菜央が好投【「NPB12球団ジュニアトーナメント2017 supported by日能研」第2日】”. スポーツブル. (2017年12月28日). https://sportsbull.jp/p/244708/ 2018年2月5日閲覧。 
  6. ^ “フジテレビ系列「ミライ☆モンスター」にライオンズジュニア蔵方主将が出演”. 埼玉西武ライオンズ. (2018年1月29日). https://www.seibulions.jp/news/detail/00001289.html 2018年2月5日閲覧。 
  7. ^ ドラフト会議時点では「DeNA」ではなく「横浜」(ドラフト翌月に球団譲渡)。
  8. ^ “【楽天1位】横浜・藤平尚真、単独指名で交渉権獲得”. スポーツ報知. (2016年10月20日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161020-OHT1T50180.html 2016年11月10日閲覧。 
  9. ^ “楽天梨田監督ドラ6西巻の守備絶賛「すぐ通用する」”. 日刊スポーツ. (2017年11月1日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711010000314.html 2018年2月5日閲覧。 
  10. ^ “もはやプロへの登竜門!?ジュニアトーナメントに参加していたNPBプレイヤー”. BASEBALL KING. (2017年11月27日). https://baseballking.jp/ns/139320 2018年2月5日閲覧。