野村不動産ビルディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
野村不動産ビルディング株式会社
Nomura Real Estate Building Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-0023
東京都港区芝浦1-1-1
浜松町ビルディング
設立 1972年6月1日
業種 不動産業
法人番号 4010401019254 ウィキデータを編集
事業内容 不動産開発によるオフィスビルや店舗、倉庫、共同住宅、社員寮などの建設とその賃貸、管理業務
代表者 代表取締役社長 吉田祐康
資本金 143億7,200万円
売上高 418億6700万円(2019年03月31日時点)[1]
営業利益 169億8000万円(2019年03月31日時点)[1]
経常利益 161億9500万円(2019年03月31日時点)[1]
純利益 104億3700万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 1169億5500万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 2294億1500万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 120名
主要株主 野村不動産ホールディングス 100% (2020年4月現在)
主要子会社 NREG東芝不動産ファシリティーズ株式会社
外部リンク [1]
テンプレートを表示

野村不動産ビルディング株式会社(のむらふどうさんビルディング)は、日本の不動産会社である。オフィスや住宅(社宅等が中心)の不動産賃貸、住宅分譲保守管理を主な事業とする。野村不動産グループ。元東芝グループ

概要[編集]

1972年東芝住宅産業株式会社として設立される。のち東芝建物株式会社に商号変更。その後は東芝グループ各社と合併を繰り返し、2002年東芝不動産株式会社となる。大手家電メーカー東芝傘下の不動産会社として長らく経営してきた。

リーマン・ショックによる東芝の経営悪化に伴い、2008年(平成20年)12月、当時100%出資の親会社であった株式会社東芝が、東芝不動産株式の65%を野村不動産ホールディングスに売却したことで野村不動産グループ入りした。それに伴い、NREG東芝不動産株式会社に商号変更した。商号の"NREG"は、"Nomura Real Estate Group"の頭文字をとった略称である。

2015年、東芝がNREG東芝不動産株式の30%を野村不動産ホールディングスに売却し、東芝の出資比率は5%となった。

2020年4月1日、東芝の所有する全株式を野村不動産が取得し、野村不動産の100%子会社となった。それに伴い、野村不動産ビルディング株式会社に商号変更した。子会社として保守管理を行うNREG東芝不動産ファシリティーズを持っていたが、NREG東芝不動産ファシリティーズ株式会社は同日、野村不動産パートナーズ株式会社に統合された。

保有する不動産に、東芝ビルディング梅田スカイビルラゾーナ川崎がある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]