NTTインターネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エヌ・ティ・ティ・インターネット株式会社
NTT INTERNET INC.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NTTインターネット
本社所在地 日本の旗 日本
141-0031
東京都品川区西五反田2丁目11番20号
五反田藤倉ビル[1]
設立 1985年6月18日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 4010701026215 ウィキデータを編集
事業内容 決済情報サービス事業
情報システム事業
代表者 代表取締役社長 清水 哲司[1]
資本金 40億円[1]
従業員数 382名(2020年4月1日現在)[1]
主要株主 NTTコムウェア[1]など
外部リンク NTTインターネット
テンプレートを表示

エヌ・ティ・ティ・インターネット株式会社(NTTインターネット、NTT INTERNET INC.)はNTTコムウェアグループに属するシステム構築事業者。料金系・決済系システムに強みを持つ。

概要[編集]

同社は、もともとは富士通沖電気日本経済新聞社などが出資するVAN事業に関する事業化調査会社であった。現在ではコンビニエンスストア金融機関クレジットカード会社と公共料金事業者(電気・ガス・水道 等)を接続する決済系ASP事業に力を入れている。NTTグループの決済系システムを担う一社。

沿革[編集]

  • 1985年6月 - インターネット企画会社(資本金1億円)として、VAN事業に関する事業化調査開始
  • 1986年
    • 5月 - インターネット株式会社に社名変更し、事業会社に転換
    • 6月 - 資本金を40億円に増資
    • 10月 - インターネット株式会社として、特別第二種電気通信事業者登録
    • 東京センタ(中野)にてVANサービス開始
  • 1989年11月 - エヌ・ティ・ティ・インターネット株式会社に社名変更
  • 1991年4月 - コンビニVAN(コンビニネットワーク)サービス開始
  • 1993年4月 - 銀行VAN(金融機関ネットワーク)サービス開始
  • 1996年3月 - 一般第二種電気通信事業者登録
  • 1997年10月 - コンビニネットワークサービス開始
  • 2001年9月 - NTTコムウェアグループ入り
  • 2002年3月 - 総合決済ASPサービス「i-コレクト®」開始
  • 2004年4月 - マルチペイメントネットワーク共同利用センタサービス開始
  • 2005年3月 - クレジットゲートウェイサービス開始
  • 2014年
    • 7月 - NTTコムウェアからコンビニ収納代行サービス「Smart Pit®」事業を譲受
    • 12月 - ITNスマート決済サービス開始
  • 2015年2月 - LGWAN口座振替データ伝送サービス開始
  • 2018年7月 - マイペイメントサービス開始

主なサービス[編集]

  • コンビニVAN(コンビニネットワーク)サービス
    全国のコンビニとオンライン接続し、店舗で受付けた料金収納情報を各企業(公共料金事業者 等)へリアルタイムに通知するVANサービス
  • 銀行VAN(金融機関ネットワーク)サービス
    全国の金融機関と各企業を相互接続し、口座引落しや総合振込データの授受を中継するVANサービス
  • MPN共同利用センターネットワークサービス
    マルチペイメントネットワークと各企業を相互接続し、ペイジー(インターネットバンキングやATMで簡単に税金や通販代金を支払うことができるサービス)に必要な各種データを中継するVANサービス
  • 総合決済ASPサービス「i-コレクト®」
    コンビニ決済、ペイジー、口座振替、クレジットカード決済等様々な決済手段で支払われた情報を一元的に管理するASPサービス
  • クレジットゲートウェイネットワークサービス
    各クレジットカード会社と接続し、与信(オーソリゼーション)や売上、有効性確認(洗い替え)など、各クレジットカード会社とのデータ授受を代行するゲートウェイサービス
  • コンビニ収納代行サービス「Smart Pit®」
    払込票を発行せずに、取扱コンビニに設置しているスマートピットカードや、スマートピットWebサイトから無料でダウンロードできるスマートピットシートを使って決済ができるコンビニ収納代行サービス

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 会社概要”. エヌ・ティ・ティ・インターネット株式会社. 2020年12月28日閲覧。