NTTグループ九州野球クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
NTTグループ九州野球クラブ
チーム名(通称) NTT九州クラブ、NTT九州、電電九州
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 クラブチーム(1955年~1999年までは企業チーム)
創部 1955年
廃部 2001年
チーム名の遍歴
  • 電電九州 (1955 - 1984)
  • NTT九州 (1985 - 1999)
  • NTT西日本九州硬式野球倶楽部 (1999)
  • NTTグループ九州野球クラブ (2000 - 2001)
本拠地自治体 熊本県熊本市
練習グラウンド NTT九州野球場(熊本県合志市
都市対抗野球大会
出場回数 18回
最近の出場 1999年
最高成績 ベスト8
社会人野球日本選手権大会
出場回数 9回
最近の出場 2000年
最高成績 ベスト4
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

NTTグループ九州野球クラブ(エヌティーティーグループきゅうしゅうやきゅうクラブ)は、熊本県熊本市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球クラブチームである。

概要[編集]

日本電信電話公社九州支社の硬式野球部『電電九州硬式野球部』として1955年に創立された。1965年都市対抗に初めて出場。1979年には山内孝徳らを擁して日本選手権でベスト4に進んでいる。

1985年、母体の民営化に伴い、チーム名を『NTT九州硬式野球部』に改称した。

1999年NTTグループの再編に伴ってNTTの企業保有チームはNTT東日本NTT西日本の2チームのみになり、同年1月にグループ内の各野球部は統廃合される事が決まった。これに対して同部はクラブチームとしての存続を申し出て[1]、活動を続けることになった。同年は、前年で休部したニコニコドー大仙から主力選手を獲得し[2]、27年ぶりにJABA九州大会で優勝。都市対抗にも5年ぶりに出場した。都市対抗後に『NTT西日本九州硬式野球倶楽部』にチーム名を改称し、1日の練習時間も5時間から3時間に減少したが[3]、クラブチームとして史上初の日本選手権出場を達成した。

2000年、チーム名を『NTTグループ九州野球クラブ』に改称したが、合理化に伴い2001年10月30日をもって廃部となった[4]

沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 毎日新聞、1999年7月3日付朝刊、熊本地方面
  2. ^ 毎日新聞、1999年7月19日付朝刊、P.19
  3. ^ 毎日新聞、1999年8月4日付夕刊、九州地方面
  4. ^ 毎日新聞、2001年11月1日付朝刊、熊本地方面

関連項目[編集]