NTTワールドエンジニアリングマリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エヌ・ティ・ティ・ワールドエンジニアリングマリン株式会社
NTT WORLD ENGINEERING MARINE CORPORATION
NTT WE Marin.jpg
NTTワールドエンジニアリングマリン本社
(横浜市神奈川区)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NTTWEM、NTT-WEマリン
本社所在地 日本の旗 日本
221-0032
神奈川県横浜市神奈川区出田町1
設立 1998年
業種 情報・通信業
法人番号 7020001042504 ウィキデータを編集
事業内容 通信ケーブル・電力ケーブル・地方自治体公共ネットワーク・環境調査・海洋深層水等の新たな海洋インフラ構築に関する以下の業務
代表者 代表取締役 渡邊 守[1]
資本金 1億円[1]
発行済株式総数 1万2000株
売上高 66億2740万円
(2016年3月31日)
営業利益 2億5704万円
(2016年3月31日)
経常利益 3億7850万円
(2016年3月31日)
純利益 2億2550万円
(2016年3月31日)
純資産 42億4943万円
(2016年3月31日)
総資産 79億9971万円
(2016年3月31日)
従業員数 約120名[1]
主要株主 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
外部リンク https://www.nttwem.co.jp/
テンプレートを表示

エヌ・ティ・ティ・ワールドエンジニアリングマリン株式会社(NTTワールドエンジニアリングマリン)は、NTTコミュニケーションズの子会社である。

概要[編集]

国際電話等の通信ケーブル・電力ケーブルの海底ケーブルの敷設同時埋設を中心の業務を行っている。その他に衛星を使った海洋ブロードバンドサービス、海洋深層水の採取なども行っている。本社のほかに、長崎県長崎市に長崎事務所が、フィリピンマニラにマニラ支店がある[2]

保有している海底ケーブル敷設船には、災害時に被災地への緊急車両・通信機材の搬入や災害対策本部機能、臨時基地局の設置、臨時海底ケーブルの敷設を行うことができる設備を備えているものもある[3]。2018年には実際に、台風対策で工事用車両を運んだり、北海道胆振東部地震による大停電の際にNTTグループ施設用に非常用自家発電機やその燃料を運んだ[4]。2020年9月には、同じように災害対策機能を備えた海底ケーブル敷設船を保有する国際ケーブル・シップの親会社であるKDDIと、NTTワールドエンジニアリングマリンの親会社であるNTTが、大規模災害時に保有する船舶を相互利用する協定を締結した[5]

保有船舶[編集]

  • VEGA
    • 1984年竣工。1,706総トン、全長74.25m、幅12.50m、航海速力13.5ノット[6]
    • 定員50名、ケーブルタンク容量169立方メートル。三菱重工業下関造船所建造。
    • 1998年まで「光洋丸」として運用。フィリピン船籍、東南アジア諸国の海底ケーブル保守に使用。
  • すばる(SUBARU)
    • 1999年2月竣工。9,557総トン、全長123.33m、幅21m、航海速力13.2ノット[6]
    • 定員80名、ケーブルタンク容量2,770立方メートル。三菱重工業下関造船所建造。
    • マニラを母港に、主に海外のケーブル保守に使用。
  • おりおん
    • 2013年10月竣工。298総トン、全長54.95m、幅9.50m、航海速力12ノット[6]
    • 浅海部における建設や保守に使用。
  • きずな
    • 2017年3月竣工。8,500総トン、全長109m、幅20m、航海速力13ノット[6]
    • 定員60名、ケーブルタンク容量1,652立方メートル。神例造船建造。
    • 長崎を母港に、主に日本国内のケーブル保守に使用。

過去の保有船舶[編集]

  • 黒潮丸
    • 1975年竣工。5,656総トン、全長119.28m、幅16.28m、最大速力17.8ノット。
    • 2002年引退。三菱重工業下関造船所建造。
  • 瀬戸内丸
    • 1979年竣工。818総トン、全長64.8m、幅11.3m、最大速力12.4ノット。
    • 瀬戸内海のケーブル保守に使用。1999年引退。三菱重工業下関造船所建造。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 企業概要|NTTワールドエンジニアリングマリン株式会社”. 2020年10月8日閲覧。
  2. ^ 所在地マップ”. NTTワールドエンジニアリングマリン. 2020年10月11日閲覧。
  3. ^ 災害対策基地の役割も果たす海底ケーブル敷設船「きずな」に潜入してきた”. ASCII.jp (2017年5月16日). 2020年10月11日閲覧。
  4. ^ グループ企業探訪 第213回 NTTワールドエンジニアリングマリン株式会社”. NTT技術ジャーナル. 2020年10月11日閲覧。
  5. ^ NTTとKDDIが「社会課題解決のための連携協定」を締結 大規模災害時の保有船舶の相互利用からスタート”. ITmedia (2020年9月11日). 2020年10月11日閲覧。
  6. ^ a b c d 新たな海底ケーブル敷設船「きずな」の竣工について”. NTTコミュニケーションズ (2017年3月31日). 2020年10月11日閲覧。