NTT北海道 (野球チーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NTT北海道
チーム名(通称) NTT北海道
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分

創部 1956年
廃部 2006年
チーム名の遍歴

  • 電電北海道 (1956 - 1984)
  • NTT北海道 (1985 - 1999)
  • NTT北海道硬式野球倶楽部 (1999 - 2001)
  • NTT北海道 (2002 - 2006)
本拠地自治体

練習グラウンド NTT北海道白石球場
都市対抗野球大会
出場回数 16回
最近の出場 2004年
最高成績 8強
社会人野球日本選手権大会
出場回数 7回
最近の出場 2006年
最高成績 8強
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

NTT北海道(エヌティーティーほっかいどう)は、北海道札幌市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟していた社会人野球クラブチームである。2006年に解散した。

概要[編集]

1956年日本電信電話公社の北海道支社の硬式野球部『電電北海道』として創部。

1971年都市対抗野球に、1984年日本選手権にそれぞれ初出場している。

1985年、電電公社の民営化に伴い、チーム名を『NTT北海道』に改称した。

1999年NTTグループの再編に伴ってNTTの企業保有チームはNTT東日本NTT西日本の2チームのみになり、同年1月にグループ内の各野球部はどちらかに統廃合される事が決まった。これに伴い、チームは同年の都市対抗野球で敗退した後、登録種別を企業チームからクラブチームに変更し、チーム名を『NTT北海道硬式野球倶楽部』に改称し活動を続けることになった。

2001年のシーズン終了後、クラブチーム登録のままチーム名を再び『NTT北海道』に改称した。

2004年都市対抗野球北海道2次予選サンワード貿易と相星となったが直接対決で勝利していたため優勝し、クラブチーム化後初となる本戦出場を決めた。これにより、サンワード貿易は連続本戦出場が4年でストップした。

2006年5月、「選手の高齢化によりチーム力を維持できない」という理由で、同年シーズン限りでの活動休止を発表。同年は、都市対抗野球北海道2次予選で2位と一歩及ばず本戦出場は逃したが、日本選手権は北海道予選決勝のJR北海道戦において9回に大逆転を収め優勝し本戦出場を決めた。本戦では、1回戦を突破したが、2回戦のホンダ熊本戦で敗退し、50年の歴史に幕を下ろした。

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

元プロ野球選手の競技者登録[編集]

関連項目[編集]