National Chess Society of Japan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ナショナルチェスソサエティオブジャパン(日本チェス連盟)
National Chess Society of Japan
略称 NCS
設立 2019年2月
設立者 ヒーバート由美子
法的地位 任意団体
目的 日本チェス界を代表してチェスの普及活動に努める
所在地 東京都品川区
会員数
341人[1]
加盟 国際チェス連盟
ウェブサイト https://japanchess.org/
テンプレートを表示

National Chess Society of Japan(ナショナルチェスソサエティーオブジャパン、: National Chess Society of Japan, 略称: NCS)別称: 日本チェス連盟は、日本の競技チェス参加者からなる任意団体国内競技連盟国際チェス連盟(FIDE)に加盟している。代表はヒーバート由美子[2]

沿革[編集]

2019年1月、日本チェス協会(以下「協会」)の活動停止とともに新たに設立された[3]。当初は日本チェス連盟という名称になる予定であったが、商標登録申請の妨害行為にあい当記事名となった[4]。この申請は登録料の納付がなかったため後に却下され、2020年9月にはNCSが商標登録を行ない、「日本チェス連盟」の名称も併用することとなった。

全日本チェス選手権をはじめ、従来、協会および協会事業部が主催していたチェス大会の大半を引き継いで開催している(ただし主催者として表示されているのは後述の別組織「一般社団法人National Chess Society of Japan」である)。一部の大会が名称変更になるなど(全日本百傑戦→東京チェス選手権など)、細かい変更はなされている。

「一般社団法人National Chess Society of Japan」との関係[編集]

一般社団法人はその名称中に「一般社団法人」という文字を使用しなくてはならない(一般法人法第5条)。しかしNCSの公式サイトの最上部には英文名称の下に「国際チェス連盟公認 日本チェス連盟 ナショナルチェスソサエティーオブジャパン」とあるのみであり[5]、また会則第1条も「この会はNational Chess Society of Japan と称する。」でいずれも「一般社団法人」の文字はない。それが現れるのは会則第4条「この会は、一般社団法人NCSの理事が理事会を組織し、運営する。」である[6]。つまり国際チェス連盟加盟の競技団体そのものは法人格のない任意団体であり、その理事会を別の組織「一般社団法人National Chess Society of Japan」の理事(ヒーバートと山田)が独占的に構成して運営にあたる規定である。NCSの会員になっても会全体の運営にはいっさい参与できない(有償でクラブを作って運営し大会を主催することはできる)。

なおNCS公式サイトには英文の会則も掲載されているが、上の第4条にあたる部分だけが除かれている[7]

一般社団法人NCSは2019年2月設立。社員・理事は山田明弘とヒーバート由美子の2名、理事会非設置、代表理事は山田である。所在地は東京都品川区大井四丁目18番25-701号[8][9]。定款は公開されていない。NCSの会費等の振込先は「一般社団法人NCS」の銀行口座である[10]。また各種大会の主催者、会報『NCS レター』の発行者として表示されているのも「一般社団法人NCS」である(会報の一部は「無料版」として公式サイトで閲覧できる)[11]

理事略歴[編集]

以下の2人は「一般社団法人NCS」の理事であると同時に上記の会則第4条によって競技団体である任意団体・NCSの理事でもある。

山田明弘:一般社団法人NCS代表理事。1957年生まれ、日本チェス協会において2017年まで函館チェスサークルの役員を務める。2019年にFIDEアービター資格(FIDE Arbiter Category D、国際アービターより下位にあたる)を取得[12]。前職は高等学校教諭、2018年3月付退職[13]

ヒーバート由美子:NCS代表・一般社団法人NCS理事。1971年生まれ、2018年に国際アービター資格(International Arbiter Category D)を取得[14]。息子のチェス大会参加に付き添ううちチェス運営に関心を抱く。競技歴はなく、「あなた自身はチェスをプレイするか」との質問に"I don't really play. I am terrible!(競技としてはやりません。[ルールは知っていますが]ぜんぜんダメです)"と答えている[15]

脚注[編集]

  1. ^ 会員リスト2020年10月現在
  2. ^ FIDEの各国協会ディレクトリ >Asia>Japan 「President/Delegate:Hiebert, Yumiko Vice-President:Yamada, Akihiro」。Delegateとは2年に1度のFIDE総会に出席する役職である。ただし会則中に会の代表に関する規定がいっさいなく、選任のプロセス、任期、権限などまったく不明である。
  3. ^ NCSへようこそ! – National Chess Society of Japan – NCS” (日本語). 2019年4月20日閲覧。
  4. ^ <重要なお知らせ>組織名称変更について – National Chess Society of Japan – NCS” (日本語). 2019年4月20日閲覧。
  5. ^ NCS公式サイト、2020年10月13日閲覧
  6. ^ NCS会則、2020年9月22日閲覧
  7. ^ 英文会則(Bylaws) 2020年10月16日閲覧
  8. ^ NCS事務局、2020年9月30日閲覧
  9. ^ 国税庁法人番号公表サイト 一般社団法人National Chess Society of Japanの情報”. 2019年5月14日閲覧。
  10. ^ 入会について 2020年10月17日閲覧
  11. ^ NCSレター無料版No.18 2020年10月22日閲覧
  12. ^ FIDEサイトのプロフィール 2020年9月29日閲覧
  13. ^ 道教育委員会 退職者リスト 2020年9月29日閲覧
  14. ^ FIDEサイトのプロフィール 2020年9月29日閲覧
  15. ^ Chessbaseによるインタビュー、2019年11月 2020年9月29日閲覧