Natural high

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
natural high
原田真二スタジオ・アルバム
リリース
録音 Warner Bros,Amigo Studio,
ジャンル ポップ・ロック
レーベル フォーライフ
プロデュース Shinji Harada
チャート最高順位
  • 7位(オリコン・LPチャート)
  • 29位(オリコン・CTチャート)
原田真二 年表
Feel Happy
1978年
natural high
1979年
HUMAN CRISIS
1980年
『Natural high』収録のシングル
テンプレートを表示

natural high』(ナチュラル・ハイ)は、1979年4月21日にリリースされた、原田真二のオリジナル2枚目のアルバムである。

解説[編集]

  • アメリカエンジニアミュージシャンセッションすると自分の曲がどうなっていくのか?僕の中にも大きく膨れ上がった夢でした[1]。」
  • 20歳で英語詞以外の全作詞・作曲・編曲&プロデュースをこなし、初の海外レコーディングでロサンゼルスの腕利きミュージシャンとセッションしたセカンド・アルバム。
  • ロサンゼルスに約40日間滞在して製作された本作。セッションメンバーは、Carlos Vega(Drums)/Ritchie Zito(Guitar)/Bryan Garofalo(Bass)に、ホーンやストリングスのグループにも参加してもらい、フランクで楽しいセッションだったと記している[1]。レコーディングスタジオでのスナップ等、現地で撮影されたポラロイド写真がちりばめられた折込の歌詞カードが付いていて、レコーディングの様子等がうかがえる。
  • アルバムジャケットは、街を見下ろす高台にピアノを積んだキャンピングカーを止め、車内で撮影された。
  • B‐6「Natural Stream」をタイトルチューンにする案もあったが、目標や希望を持って生きる、HIGHになって生きることが大切で、自然な生き方の中でHIGHになって、HAPPYになれれば…という想いから、このタイトル(natural high)が付けられた[2][3]
  • そのアルバムラストを飾る「Natural Stream」のエンディングの川のせせらぎの効果音が、レコードの場合、最終溝まで収録されていて、オートリターン機能を解除すれば繰り返し聞けるという趣向になっていた。

エピソード[編集]

  • 最初に現地で手配してもらっていたGuit, Dram, Bassは、3日間リハをしたが話と違って酷く、全員キャンセル。人選に戸惑ったものの、なんとか素晴らしいミュージシャン達と出会い、このアルバムは完成された[1][2][3]
  • B‐5の「Something New」も、現地で再録音する予定であったが、時間がなくなり、「OUR SONG」のB面の音源が採用された。
  • B‐4の「Helicopter Chase #2」は、朝の4時にレコーディングが終わり、ホテルまで戻るのにポルシェを借りてドライブに…フリーウェイを200キロ近くで快走していると、フリーウェイパトロールのヘリコプターにつけられて、やがて3機になり‥というエピソードが題材になってできた曲である[3][4]

Recorded at[編集]

収録曲[編集]

SIDE 1[編集]

  1. HELICOPTER CHASE I 〜LIGHT THROUGH THE DARKNESS (INST.) (3’20”)
  2. L.A.AIRPORT   (4’17”)
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二
  3. ALL YOUR LIFE   (5’22”)
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二
  4. LOVE TO THE WORLD   (3’05”)
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二   
  5. MUSIC BOX   (3’56”)
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二
  6. WAKE UP   (5’24”)
    • 作詞: Louis Higgins/作曲・編曲: 原田真二

SIDE 2[編集]

  1. RANDY BROWN   (3’37”)
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二
  2. SWEET BABY   (4’45”) ※先行SingleのAlbum Ver.
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二
  3. RAINBOW COLOR   (4’25”)
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二  
  4. HELICOPTER CHASE II   (4’18”)
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二
  5. SOMETHING NEW   (4’44”) ※OUR SONGのB面
    • 作詞: Louis Higgins/作曲・編曲: 原田真二
  6. NATURAL STREAM   (2’55”)
    • 作詞・作曲・編曲: 原田真二

Musicians[編集]

side one[編集]

  1. Helicopter Chase #1〜Light Through The DarknessInst. 
  2. L.A.Airport   
    • PIANO―SHINJI HARADAGUITAR―RITCHIE ZITOBASS―BRYAN GAROFALODRUMS―CARLOS VEGA
  3. All Your Life   
    • PUMP ORGAN・PIANO―SHINJI HARADAGUITAR―RITCHIE ZITOBASS―BRYAN GAROFALODRUMS―CARLOS VEGA
  4. Love To The World   
  5. Music Box   
  6. Wake Up   
    • PIANO・GUITAR―SHINJI HARADAGUITAR―RITCHIE ZITOBASS―BRYAN GAROFALODRUMS―CARLOS VEGASTRINGS―SHOWN ABOVE

side two[編集]

  1. Randy Browne   
    • PIANO・KICK DRUMS―SHINJI HARADAGUITAR―RITCHIE ZITOBASS―BRYAN GAROFALODRUMS―CARLOS VEGA
    • PERCUSSION―PAT MURPHYSTRINGS & HORN―SHOWN ABOVE
  2. Sweet Baby   
    • PIANO・CLAVINETTE・OBERHEIM―SHINJI HARADAGUITAR―RITCHIE ZITOBASS―BRYAN GAROFALODRUMS―CARLOS VEGAHORN―SHOWN ABOVE
  3. Rainbow Color   
  4. Helicopter Chase #2   
    • PIANO・MINI MOOG―SHINJI HARADAGUITAR―RITCHIE ZITOBASS―BRYAN GAROFALODRUMS―CARLOS VEGASTRINGS & HORN―SHOWN ABOVE
  5. Something New   
    • All KEYBOARDS・GUITAR―SHINJI HARADAGUITAR―TOHRU AOYAMABASS―MASAO SEKIDRUMS―TAKASHI FURUTAPIANO―HIDETOSHI YAMADA
  6. Natural Stream   
    • A.GUITAR―SHINJI HARADASTRINGS―SHOWN ABOVE

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c COMPLETE BOX ブックレット
  2. ^ a b 音楽雑誌「Player (プレイヤー)」1979年
  3. ^ a b c Radio「ニューミュージック共和国」1979年
  4. ^ 「夜のヒットスタジオ」1979年