NeoMote

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
Neomote系統一覧
系統 プロセッサ 無線チップ 用途・概要
2008 NeoKIT AtMega128L CC2420 環境工学研究(無線部はMPR2600X同等)
2009 EcoWizard AtMega128L CC2420+Amp 産業用エネルギー計測 省エネ支援
2010 WS-Z5000B AtMega128L CC2420+Amp RS485 Modbus無線化用

NeoMote は米国Crossbow Technology住友精密工業が提携して開発したセンサネットワーク(WSN)の無線端末で、産業用として設計されたとしている。使用目的は省エネ監視、予知保全、恒温倉庫、データセンタが多いとされる。

目次

設計

MICAzをベースにAtMega128LとCC2420の組み合わせで機種展開されているが、実使用例が多いため安定した動作を行うという。高周波アンプなしのバージョンは米Crossbow製MICAzとほぼ互換である。

端末の種類

電力・電流センサ、温度センサ、湿度センサ、照度センサ、温度プローブ(測温抵抗体)用端末、一般外部センサ(4~20mA)用の入力端末、パルス入力端末などがある。[1] 有線RS485やModbusをそのまま無線化する端末がある。[2]

用途

  • 省エネルギー監視に70000台以上出荷したとされる。
  • 上記以外では 工場の予知保全、食品・薬品保存の監視に使用されている。

 

センサ基板

Crossbowの研究用センサ基板を使用するには変換コネクタ等が必要。アプリドライバは公開されているMICAzのものがそのまま使用できる。

ネットワーク

クロスボー XmeshやオープンソースのTinyOSでマルチホップ・アドホックネットワークを構築する。無線チップであるCC2420のIEEE 802.15.4 MAC層が利用され、上位層にセンサネットワークに必要な機能を組み込むことで、上記以外にもZigBeeや類似のメッシュネットワークを形成させることが大学の研究で実証されている。(例1)(例2)。

ソフトウェア

TinyOS, Xmesh(MoteWorks), SOS, LiteOS, Mantis, Contiki がサポート。また、省電力機能はソフトウェアによりサポートされる。

ハードウェア

樹脂筐体とアンテナが一体化しており、センサインターフェースと電池ケースを含む外皮筐体に内蔵して使用される。

関連項目