New Executable

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

New Executableファイルとは、マイクロソフトの16ビットOSで採用された共有ライブラリおよび実行ファイルフォーマットの一つ。最初にMS-DOS 4.0で採用され、その後、Microsoft WindowsOS/2で採用された。

特徴は、プロテクトモードを意識したセグメンテーションアーキテクチャに対応し、複数の連続しない64KB以下のファイルセグメントに対応していることである。

他のEXEフォーマットの拡張フォーマットと同様に互換性のために、対応しないオペレーティングシステムで実行した場合、対応していない旨を表示して終了する等のDOSプログラムを最初に付ける事になっている。その拡張ヘッダから指されたオフセットに'NE'と言うシグネチャで始まるファイルヘッダがあり、その後にセグメントテーブル等が数個並んでいる。

32ビットのWindowsアプリケーションにおいては、Portable Executableが使われるようになり、現役を退いた形になっている。


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
西尾由佳理 水卜麻美 白鳥美鈴 伊織涼子 小川彩佳 四日市市 中村雅俊 賀来千香子 真山仁 小田茜 三橋達也 赤座美代子 田原可南子 古市憲寿 徳島えりか 上西小百合 佐藤みき 安藤サクラ 8.6秒バズーカー 勝地涼
「New_Executable」のQ&A
1  eclipseでプログラムが実行できません
2  C++での静的ライブラリの作成方法
3  PEARのパッケージmail_mimeのイン…
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について