NiNa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NiNa
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 1999年
メンバー YUKIボーカル
ケイト・ピアソン(ボーカル)
佐久間正英ギター
島武実

NiNa(ニナ)は、元四人囃子佐久間正英と元プラスチックス島武実を中心に、ボーカルJUDY AND MARYYUKIB-52'sケイト・ピアソンを迎えて1999年に結成したバンド[1]

名前の由来は、YUKIが27歳の時に結成されたため(2=に、7=な)。命名はYUKIである。

概要[編集]

the B-52'sのケイト・ピアソン、JUDY AND MARYのYUKI、元プラスチックスの佐久間正英と島武実からなるスーパーグループ[2]。楽曲はKateとYUKIのツインボーカルによる英語詞のポップなナンバーで、プロデューサーにはメンバーの佐久間正英に加えてエンジニアのトム・デュラックを迎えた共同プロデュース[2]。レコーディングメンバーにはスティーブン・ウルフ、元JAPANミック・カーンが参加[2]

プラスチックス時代のアメリカ・ツアー中にB-52'sのメンバーと親交を深めた佐久間正英は、そのメンバーだったケイト・ピアソンといつか一緒に音楽活動をやりたいと思っていた[1][3]。そこで連絡を取ってみたところOKが出たため、元プラスチックスの島武実とともに活動することが決まった[1][3]。ちょうどそのタイミングで佐久間がプロデュースするJUDY AND MARYが活動休止になったため、佐久間の誘いでそのボーカルだったYUKIも加わることになった[1][3]。曲作りを始めてシングル「Happy Tomorrow」を制作したところ[注 1]、良い作品が出来そうだったのでメンバーを集めて本格的なアルバム作りに入った[1]。エンジニアのトム・デュラック経由でドラムのスティーヴン・ウルフの、興味を持っていた佐久間の打診でベースのミック・カーンの参加が決まった[1]

最初はアメリカで活動する構想もあったためアメリカのマーケットも考えてバンドを組んだが、佐久間曰く「大人の事情」(YUKIがソニーでケイトはワーナー所属)により、作品のリリースとツアー活動は日本だけにとどまった[1][3]

メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レコーディングでは、そうる透のドラム以外の楽器はすべて佐久間が演奏している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g 【月刊BARKS 佐久間正英 前進し続ける音楽家の軌跡〜ミュージシャン編 Vol.5】新たな冒険の時代〜90年代から2000年代、そして未来へ”. BARKS (2013年6月6日). 2018年11月24日閲覧。
  2. ^ a b c ディスコグラフィ Happy Tomorrow”. ソニー・ミュージック. 2018年11月24日閲覧。
  3. ^ a b c d Atsushi Tsuji (2013年10月3日). “【独占インタビュー】佐久間正英 PART.3”. 音楽ニュース【LikeDis】. 2014年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月24日閲覧。