Nieve

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Nieve(ニーブ)は、日本の作曲家編曲家歌手。1996年放送のテレビアニメ『勇者指令ダグオン』の主題歌を歌った歌手として知られる。作曲家としては、「日置達」、「小林延規」の名義もある。

経歴[編集]

14歳頃よりギターを始め、高校卒業後はバンドを結成し活動。バンド解散後の1992年、KEY WEST CLUBのアルバムへの楽曲提供で作曲家としてデビュー。1993年には、Every Little Thing結成前の持田香織のソロデビュー曲をNieve名義で担当した。

1996年、テレビアニメ『勇者指令ダグオン』の主題歌のコンペに参加。曲は選外となるもボーカリストとして起用され、アニソン歌手としてデビュー。勇者シリーズとしては、初の男性歌手による主題歌の歌唱となった。

1999年、ATSUKOとのユニット・Love comedyを結成し、作曲を担当。日本クラウンよりシングル『勇敢なピエロ』でメジャーデビューし、文化放送「COME ON!FUNKY LIPS」月曜パーソナリティーなども務める。その後、Love Comedyはシングル3枚、アルバム2枚をリリースして解散。

2000年、Tinaの楽曲『Tears rain』『Sad Song』の作曲を担当し、収録アルバムである『Orario』はオリコン初登場3位を記録。

2005年、テレビアニメ『ツバサクロニクル』の主題歌『BLAZE』の作曲を担当。また3ピースユニット『Wo』を結成し4年間活動する。

2014年、首の神経系の病気を患い治療に専念する。

2016年4月30日、中川翔子のラジオ番組『今日は一日アニソン三昧』(NHK-FM)に生出演。オープニングテーマソングの『輝け!!ダグオン』とエンディングテーマソングの『風の中のプリズム』の2曲を歌唱した。

ディスコグラフィ(楽曲提供)[編集]

ディスコグラフィ(歌手およびユニット活動)[編集]

  • Nieve - 「輝け!!ダグオン」、「風の中のプリズム」(テレビアニメ『勇者指令ダグオン』主題歌・ビクター)
  • Love Comedy - 「勇敢なピエロ」、「ラヴ&ピース’99秋」、「愛のせいだよ」(日本クラウン)
  • Wo - 「カオノナイ花」、「フトミアゲテ」、「浜辺の歌~あの日の背中~」(Web配信シングル)

脚注[編集]

[ヘルプ]