No Damage

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

No Damage』(ノー・ダメージ)は、佐野元春ベスト・アルバムのタイトル。

概要[編集]

このアルバムは佐野にとって初となるベスト・アルバム『No Damage (14のありふれたチャイム達)』(ノー・ダメージ 14のありふれたチャイムたち、1983年4月21日発売)とその続編の『No Damage II (GREATEST HITS 84-92)』(ノー・ダメージ ツー グレイテスト・ヒッツ 84-92、1992年12月9日発売)の2作品がある。

また、『No Damage (14のありふれたチャイム達)』の完全生産限定盤である『NO DAMAGE:DELUXE EDITION』(ノー・ダメージ デラックスエディション、2013年12月25日発売[1])も本項で記す。

No Damage (14のありふれたチャイム達)[編集]

No Damage
(14のありふれたチャイム達)
佐野元春ベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル EPIC・ソニー
プロデュース 佐野元春
チャート最高順位
佐野元春 アルバム 年表
SOMEDAY
1982年
No Damage
(14のありふれたチャイム達)

1983年
VISITORS
1984年
『No Damage
(14のありふれたチャイム達)』収録のシングル
  1. スターダスト・キッズ
    リリース: 1982年11月21日
  2. 「グッドバイからはじめよう」
    リリース: 1983年3月5日
テンプレートを表示

解説[編集]

佐野元春にとって初となるベスト・アルバムである[2]

A面をBoy's Life Side、B面をGirl's Life Sideと題し、佐野自身の選曲で収録されており、これまでに発売されたシングル曲を始め、全14曲収録。

アルバムとしての統一感を出すため、一部の楽曲には追加でレコーディングを行ったり、曲間を短くしてつなぎに手を加えるなどといったアレンジが実施されている。

アナログ盤は見開きジャケット仕様であり、その中にはミニインタビューがはさみ込まれている。

また、このアルバムが佐野にとって初のチャート1位獲得作品であり、4週連続で1位を獲得した。しかし、この頃佐野はニューヨークに滞在しており、このことは現地先で知ったという。

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲:佐野元春(編曲特記以外)

  • Boy's Life Side
  1. スターダスト・キッズ
    5thシングル「ダウンタウン・ボーイ」のカップリングに収録されたオリジナルではなく、9thシングルのA面にもなった12弦ギターサックスなどの楽器を追加したリミックス・ヴァージョンを収録。
  2. ガラスのジェネレーション
    2ndシングル及び2ndアルバム『Heart Beat』収録。
  3. SOMEDAY
    4thシングル及び3rdアルバム『SOMEDAY』収録で、同アルバムのタイトルソングでもある。本作収録にあたって、イントロストリートノイズがカット。
  4. モリスンは朝、空港で
    10thシングル「グッドバイからはじめよう」カップリング。エンディングのフェイドアウトが原曲と異なる。
  5. IT'S ALRIGHT
    • 編曲:伊藤銀次
    2ndアルバム『Heart Beat』収録。
  6. Happy Man
    8thシングル及び3rdアルバム『SOMEDAY』収録。
  7. グッドバイからはじめよう
    10thシングル。
  • Girl's Life Side
  1. アンジェリーナ
  2. So Young
    9thシングル「スターダスト・キッズ」のカップリング。一部追加レコーディング、リミックスが施されている。
  3. Sugar time
    シングル・ヴァージョン。
  4. 彼女はデリケート
    6thシングル。シングル・ヴァージョンにオープニングを追加している。
  5. こんな素敵な日には (On The Special Day)
    6thシングルのカップリング。
  6. 情けない週末
    • 編曲:大村雅朗
    1stアルバム『BACK TO THE STREET』収録。
  7. Bye Bye Handy Love
    4thシングル「SOMEDAY」のカップリング。曲の中間部を原曲から編集している。

No Damage II (GREATEST HITS 84-92)[編集]

No Damage II
(GREATEST HITS 84-92)
佐野元春ベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル Epic/Sony Records
プロデュース 佐野元春
チャート最高順位
佐野元春 アルバム 年表
Sweet 16
(1992年)
No Damage II
(GREATEST HITS 84-92)

(1992年)
The Circle
(1993年)
『No Damage II
(GREATEST HITS 84-92)』収録のシングル
  1. 約束の橋/SWEET 16
    リリース: 1992年10月28日
  2. 「レインボー・イン・マイ・ソウル」
    リリース: 1992年11月21日
テンプレートを表示

解説[編集]

『No Damage』の続編として発売された本作は、1984年発売のアルバム『VISITORS』から1992年のフジテレビ系ドラマ「二十歳の約束」の主題歌となった『約束の橋』までの作品から16曲を収録。『NEW AGE』と『新しい航海』は本作の為に再レコーディング。『陽気にいこうぜ』は短く編集された。

収録曲[編集]

  • 全作詞・作曲・編曲:佐野元春
  1. NEW AGE (The Heartland Version)
    新録音
  2. スゥイート16
  3. 約束の橋
    1989年発表のアルバム『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』収録分ではなく、ヴォーカルを録音しなおし1992年に再リリースされたリミックス・ヴァージョンで収録。
  4. ジャスミンガール
  5. Young Bloods
    シングル・ヴァージョン。
  6. レインボー・イン・マイ・ソウル
    本アルバムに先駆け「彼女の隣人」と両A面で発売されたシングル曲。
  7. 99BLUES (Unplugged Version)
    1991年4月1日日本衛星放送(現:WOWOW)開局記念として放送されたスタジオ・ライブ『Goodbye Cruel World』からの収録音源[3]
  8. ジュジュ
  9. WILD HEARTS
    シングル・ヴァージョン
  10. Shame -君を汚したのは誰-
  11. ぼくは大人になった
  12. ナポレオンフィッシュと泳ぐ日
  13. インディビジュアリスト
    8秒間の導入部分がカットされている。
  14. Christmas Time in Blue -聖なる夜に口笛ふいて
    オリジナル・ヴァージョンのイントロに鐘の音が追加されている。
  15. 新しい航海 (90's Version)
    6thアルバム『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』収録。THE HEARTLANDとの新録音。
  16. 陽気にいこうぜ (Short Edited Version)
    6thアルバム『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』収録。

NO DAMAGE:DELUXE EDITION[編集]

NO DAMAGE:
DELUXE EDITION
佐野元春ベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
レーベル GT music
チャート最高順位
佐野元春 アルバム 年表
ZOOEY
(2013年)
NO DAMAGE:
DELUXE EDITION

(2013年)
VISITORS DELUXE EDITION
2014年
テンプレートを表示

解説[編集]

『No Damage (14のありふれたチャイム達)』の発売から30周年を記念して発売された本作は、CD2枚とDVD1枚の計3枚組で完全生産限定盤として発売。

Disc1は『No Damage (14のありふれたチャイム達)』、Disc2は1983年3月18日中野サンプラザで行われたライヴツアー『ROCK & ROLL NIGHT LIVE AT THE SUNPLAZA 1983』の音源を収録し、Disc3は1983年に全国公開されたドキュメンタリー映画『Film No Damage』を収録[4]

収録曲[編集]

Disc 1『No Damage (14のありふれたチャイム達)』[編集]

全作詞・作曲・編曲:佐野元春(編曲特記以外)

  1. スターダスト・キッズ
  2. ガラスのジェネレーション
  3. サムデイ
  4. モリスンは朝、空港で
  5. イッツ・オーライト
    • 編曲:伊藤銀次
  6. ハッピーマン
  7. グッドバイからはじめよう
  8. アンジェリーナ
  9. ソー・ヤング
  10. シュガータイム
  11. 彼女はデリケート
  12. こんな素敵な日には
  13. 情けない週末
    • 編曲:大村雅朗
  14. バイバイ・ハンディ・ラブ

Disc 2『ROCK & ROLL NIGHT LIVE AT THE SUNPLAZA 1983』[編集]

全作詞・作曲:佐野元春

  1. 彼女はデリケート
  2. バック・トゥ・ザ・ストリート
  3. イッツ・オーライト
  4. スターダスト・キッズ
  5. サムデイ
  6. ドゥ・ホワット・ユー・ライク
  7. ガラスのジェネレーション
  8. ソー・ヤング
  9. ハートビート
  10. ロックンロール・ナイト
  11. 悲しきレイディオ
  12. アンジェリーナ
  13. ナイトライフ
  14. グッドバイからはじめよう

Disc 3(DVD)『Film No Damage』[編集]

収録曲

全作詞・作曲:佐野元春

悲しきレイディオ
ガラスのジェネレーション
グッドバイからはじめよう
ハートビート
スターダスト・キッズ/ソー・ヤング/君をさがしている(朝が来るまで)/彼女はデリケート
ハッピーマン・メドレー
ロックンロール・ナイト
キャスト
  • 出演:佐野元春
  • 撮影監督:井出情児

脚注[編集]

  1. ^ 当初は、2013年11月27日発売予定だったが、制作の遅れにより発売日が変更された。
  2. ^ 『No Damage (14のありふれたチャイム達)』に関しては、当時元春が「ヒット曲がない」とのことから「ベストアルバム」「グレイテスト・ヒッツ」という名称を使用していない。このため、ヒット曲が出た後の「Ⅱ」においてはサブタイトルに「グレイテスト・ヒッツ」と入っている。
  3. ^ ナポレオンフィッシュと泳ぐ日 限定編集版:スタジオ・ライブ「Goodbye Cruel World」 - 「Moto's Web Server」(2011年3月31日閲覧)
  4. ^ オリジナルはその後、フィルムが行方不明となっていたが、2011年に発見されデジタルリマスターを施して、2013年に再び劇場で公開された。