No Russian

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

No Russian」は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2(MW2)』(2009)に登場する論争の的になったビデオゲームのステージ。 このステージでは、ロシアのテロリスト集団の信頼を得るため、一緒にモスクワ空港で銃乱射に参加したCIAの潜入工作員のジョセフ・アレンを操作する。ステージの最後でアレンはロシアの当局者にアレンの遺体を見つけさせ、攻撃が米国によって起こされたと信じさせようと画策したグループのリーダー、ウラジミール・マカロフによって殺害された。プレイヤーは民間人を殺す必要はなく、ペナルティなしでステージをスキップすることができる。

ゲームとストーリー[編集]

「No Russian」は『MW2』のシングルプレイヤーキャンペーンの第4ステージである[1]。このステージは、4人のテロリストと共にエレベーターを出る所から始まる。4人は、セキュリティゲートで大勢の民間人に向け銃を発砲し始め[2] 、その後、空港を歩きつつ残りの民間人を殺し続ける4人に同行する[3] 。ステージは非常に残酷で、あちこちで叫び声が聞こえ、傷ついた人が血痕を残して這っていた[4]。しかし、プレイヤーは決して大虐殺に参加することを余儀なくされず、代わりに彼の同志が民間人を殺していく[5] 。プレイヤーが空港を出ると、一部はライオットシールドを装備したロシア連邦保安庁(FSB)の制圧部隊との戦闘に入り、プレイヤーがFSBを排除するとレベルを完了できる[6] 。キャンペーンが開始される前に、警告メッセージが表示され、ステージの内容が「攻撃的で不快なもの」であると感じた場合、ポーズ画面からレベルをスキップできるオプションをプレイヤーに通知する。プレイヤーがステージをスキップすることを選択した場合、ゲームの成果と進歩にはペナルティが課せられない。

ロシアのテロ集団の信頼を得ることを任されているCIAの潜入工作員、ジョセフ・アレンは、「No Russian」の計画に従っている[2]。信頼を得るためには、モスクワのザカエフ国際空港での虐殺に参加しなければならなかった[7] 。グループの指導者、ウラジミール・マカロフは、米国が攻撃の責任を負うことを確実にするために、仲間にロシア語を話さないよう指示している[5] 。彼らが空港を離れる準備をする際にマカロフはアレンを殺し、アレンの正体を知っていることを明らかにした。彼の目的は、ロシアの当局者にテロリストの1人がアメリカ人であることを発見させ、米国に対し戦争を宣告させることだった[2]

開発[編集]

ゲームデザイナーのムハンマド・アラヴィによると、『MW2』の主任ゲームデザイナーのスティーブ・フクダが 「No Russian」を考案した。しかし、アラヴィはステージの開発にはるかに関与していた[8]。アラヴィは、議論を巻き起こすか、政治的な声明として見せるために「No Russian」を意図してはいないと述べたが、代わりにそれをゲームの物語を進展させる方法として開発した。 彼はレベルが3つのタスク、すなわちロシアが米国に侵入する理由を説明し、プレイヤーにマカロフとの感情的なつながりを持たせ、「思い出深く魅力的なやり方」でそれを行うようにした[9]。アラヴィは現実のテロ攻撃の被害者にインタビューしなかったが、代わりにニュース記事や映画からインスピレーションを得た[8]

レベルの開発の多くは、大虐殺の部分を設計するのに費やされた[8]。「No Russian」の最初の案では、エレベーターの外で市民の集団を殺した後、大虐殺が終わり、銃撃戦に移行するものだったが、アラヴィは感情的なシーンを急に銃撃戦に変えたことが「ギミック的」であると感じ、虐殺をもっと長く続けるようにステージを変えた[9]。彼はまた、プレイヤーにとってもあまりにもトラウマになるようなものは望まず、子供や互いを抱きしめている家族の場面を取り除いた[8]。ゲームの開発企業のInfinity Wardと販売企業のアクティビジョンの両社は「No Russian」を含むことを支持していた。ゲームテスターは、ステージに対してさまざまな反応をした。当時アメリカ軍に入隊していたあるテスターは、ステージのプレイを拒否したが、ゲームの他のステージは喜んでプレーしたことからスキップ機能の実装につながった。アラヴィは、倫理的に間違っていると感じることをしなかったためにプレーヤーにペナルティを与えたくなかったからだという [8]

評価[編集]

初期の評価[編集]

『MW2』の発売前に「No Russian」ステージの映像がインターネット上で流出した。 アクティビジョンは、映像が本物であることをすぐに明らかにし、ゲーム内のステージの状況について説明した[10]。この初期の映像について、ビデオゲームジャーナリストの意見は分かれた。「デイリー・テレグラフ」のトム・ホギンズは、プレイしていないステージを正しく判断できないと感じる一方、Infinity Wardが「これらの市民を人間のボウリングピンとして扱う」ためにプレイヤーに手榴弾を使用させることによって間違った方向にステージを制作したのでないかと疑問視した[11]。「ガーディアン」でケイス・スチュアートは、スキップ機能を批判し、開発者がプレイヤーに意図したステージの「責任回避」と述べた[12]。しかし、「Destructoid」のジム・スターリングは、ビデオゲームが多くの開発者がしばしば敬遠していると感じた物議を醸す話題について議論することができるという声明であると考えて、ステージを完全に支持していた。彼は、もし「No Russian」がプレイヤーに犠牲を払う価値があるのか​​どうか疑問視させることができれば、ビデオゲームは最終的に芸術形態と見なすことができるとし結論づけた[13]

『MW2』がリリースされたとき、批判的な評価を受けた[14] 。ゲームの賞賛にもかかわらず、ジャーナリストは 「No Russian」レベルの内容を強く批判した。 BBCニュースのマーク・シースラックは、ビデオゲーム業界が「成長した」という彼の理論が誤っていたと感じ、悲しんだ[15] 。「PCワールド」でマット・ペッカムは、なぜテロリスト達がプレイヤーが撃たなかったのか気にしない理由を疑問視し、最後の瞬間まで何が起きようとしているのかをプレイヤーに知らせないのは「それを取り巻くべき劇的な刺激を全て排除することにより一種のもっともらしい感情的な否定を形成した」と述べた[16] 。有名な英国の宗教指導者達は「No Russian」を非難した。ロンドンユダヤ教フォーラムのアレクサンダー・ゴールドバーグは、子供たちがステージをプレイすることを心配していた。英国イスラム教徒フォーラムのファザーン・ムハンマドは、このステージをテロリズムを制定する親密な経験と説明した。引退したヒューム司教のスティーブン・ロウは、ステージが「病んでいる」と感じた[17]

「No Russian」の残虐な内容のため、『MW2』の国際版は検閲の対象となった。ロシア語版からは「No Russian」は完全に削除された。この措置は、ロシアはゲームの正式な評価システムを持っていないことからアクティビジョン独自で決定した[18] 。日本語版とドイツ語版では、ステージが編集されており、プレイヤーが民間人を殺した場合ミッション失敗となる[19] 。日本版は、ステージ開始時点のマカロフの台詞「No Russian(ロシア語厳禁だ)」を「殺せ、ロシア人だ」に変更したことで一部のプレイヤーたちから批判を受けた[20] 。オーストラリアでは、ゲームはMA15 +と評価したが、政治家マイケル・アトキンソンは、「No Russian」がプレイヤーが「バーチャルテロリスト」になることができると感じ、格付けに異議を唱えオーストラリア等級審査委員会にゲームを発売禁止にさせた。しかし、委員会はアトキンソンからの連絡を受けていなかった[21]

コメント[編集]

2012年、GameSpotのローラ・パーカーは、「No Russian」がどのようにしてゲーム業界の分岐点になったのかについて議論した。 彼女は、このステージでは、ビデオゲームでの人間の苦しみを話し合うことが許容できるかどうか、そしてエンターテインメント製品としての彼らの地位がそうしていないかどうかという問題を提起しました。 彼女はまた、より多くの開発者がリスクを抱えて議論の余地のある素材を含むことを望む場合、ビデオゲームは最終的に文化的な認知を受けるとコメントした[22]。 これを試みた別のゲームは、『Spec Ops:The Line』(2012)だった。 ある場面では、プレイヤーは暴徒によってリンチされた分隊員に出くわし、プレイヤーは民間人を殺すか、警告灯で彼らを怖がらせるかの選択肢を選ぶことになる。『Spec Ops:The Line』のリード・ライターのウォルト・ウィリアムスは、開発チームがシーンを本質的なものにしたいと訴え、「No Russian」の「ぎこちなさ」を避けようとしていると明言した[23]

マシュー・ペインは自身の著書『Playing War:Military Video Games』で、9・11以降、「No Russian」を含むコール オブ デューティシリーズの物議を醸した3つのレベルを分析した。 彼は、アレンの死が、より大きな利益のために自分自身を犠牲にしている兵士の軍事的娯楽テーマを強調したと述べた。 ペインはまた「No Russian」は、現代の表現と比較して戦争の現実的な描写として見ることができるが、ストーリーの文脈でしか見ることができないため、プレイヤーに「ポストモダンの戦争の教訓」を再検査させる可能性はないと述べた[2] 。2015年11月のパリ同時多発テロ事件の後、「Zam.com」のロバート・ラートは 「No Russian」を再びプレイし、そのレベルがどのように現実のテロ攻撃を反映しているかを調べた。ラートは、プロットがばかげていると感じた一方、レベルで特集された攻撃は現実的であり、テロ攻撃がしばしばソフトターゲットで起こることをプレーヤーに教えることができると感じた[24]

2011年のドモジェドヴォ空港爆破事件を受けて、ロシアのテレビ局のRTは、攻撃のセキュリティカメラ映像と共に「No Russian」のゲームプレイ映像を放送した。このステージは爆発を思い起こさせ、テロリストが訓練ツールとしてゲームを使用する可能性があると述べた[25]。2013年には、オレゴン州アルバニーの学生が、爆発物や銃器で自身の高校を攻撃する計画を立てて警察に拘留された。 警察が発見したノートブックには、学生がどのようにナパームの手榴弾を使用する予定で、バックグラウンドで「No Russian」のテーマソングを演奏するかを詳述されていた[26]

関連リンク[編集]

  • Controversies surrounding Call of Duty: Modern Warfare 2

参考文献[編集]

  1. ^ Yin-Poole, Wesley (2011年3月15日). “Call of Duty No Russian actors "tearful"”. Eurogamer. Gamer Network. 2016年7月30日閲覧。
  2. ^ a b c d Payne, Matthew (April 5, 2016). “The First-Personal Shooter”. Playing War: Military Video Games After 9/11. New York University Press. pp. 80–84. ISBN 9781479805228. https://books.google.com/?id=phj-CgAAQBAJ&pg=PA80&lpg=PA80&dq=closing+the+perspectival+distance+in+%22no+russian%22#v=onepage&q=closing%20the%20perspectival%20distance%20in%20%22no%20russian%22&f=false. 
  3. ^ Peckham, Matt (2009年11月2日). “Is Call of Duty Modern Warfare 2 Terrorist Gameplay Artful?”. PC World. International Data Group. 2016年8月1日閲覧。
  4. ^ Call of Duty: Modern Warfare 2”. Entertainment Software Rating Board. 2017年1月14日閲覧。
  5. ^ a b Klepek, Patrick (2015年10月23日). “That Time Call of Duty Let You Shoot Up An Airport”. Kotaku. Univision Communications. 2016年8月1日閲覧。
  6. ^ Gillen, Kieron (2009年11月19日). “Wot I Think: About That Level”. Rock, Paper, Shotgun. 2016年8月1日閲覧。
  7. ^ Peckham, Matt (2009年11月16日). “Modern Warfare 2's Misunderstood Terrorist Level”. PC World. International Data Group. 2016年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月1日閲覧。
  8. ^ a b c d e Evans-Thirlwell, Edwin (2016年7月13日). “From All Ghillied Up to No Russian, the making of Call of Duty's most famous levels”. PC Gamer. Future plc. 2016年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月1日閲覧。
  9. ^ a b Burns, Matthew (2012年8月2日). “A Sea of Endless Bullets: Spec Ops, No Russian and Interactive Atrocity”. Magical Wasteland. 2016年9月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月30日閲覧。
  10. ^ Thorsen, Tor (2009年10月29日). “Modern Warfare 2 massacre 'not representative of overall experience' – Activision”. GameSpot. CBS Interactive. 2016年8月1日閲覧。
  11. ^ Hoggins, Tom (2009年10月29日). “Call Of Duty: Modern Warfare 2 leaked footage analysis”. The Daily Telegraph. Telegraph Media Group. 2016年8月1日閲覧。
  12. ^ Stuart, Keith (2009年10月29日). “Should Modern Warfare 2 allow us to play at terrorism?”. theguardian.com. Guardian Media Group. 2016年8月1日閲覧。
  13. ^ Sterling, Jim (2009年11月2日). “Why I will support Modern Warfare 2”. Destructoid. Modern Method. 2016年8月1日閲覧。
  14. ^ Call of Duty: Modern Warfare 2”. Metacritic. CBS Interactive. 2016年8月1日閲覧。
  15. ^ Orry, James (2009年11月10日). “BBC reporter 'saddened' but not 'shocked' by MW2”. VideoGamer.com. Candy Banana. 2016年8月1日閲覧。
  16. ^ Peckham, Matt (2009年11月16日). “Modern Warfare 2's Misunderstood Terrorist Level”. PC World. International Data Group. 2016年8月1日閲覧。
  17. ^ Ingham, Tim (2009年11月16日). “Religious leaders slam Modern Warfare 2”. The Market for Computer & Video Games. NewBay Media. 2016年8月1日閲覧。
  18. ^ Welsh, Oli (2009年11月17日). “Activision chose to censor Russian MW2”. Eurogamer. Gamer Network. 2016年8月1日閲覧。
  19. ^ Ashcraft, Brian (2009年12月9日). “Modern Warfare 2 Censored In Japan”. Kotaku. Univision Communications. 2016年8月1日閲覧。
  20. ^ Watts, Steve (2009年12月2日). “Modern Warfare 2 Japanese Localization Misses the Point”. 1UP.com. UGO Networks. 2016年8月1日閲覧。
  21. ^ Wildgoose, David (2009年11月25日). “Atkinson Confirms Classification Appeal, Misrepresents Modern Warfare 2 Content”. Kotaku Australia. Allure Media. 2016年9月6日閲覧。
  22. ^ Parker, Laura (2012年6月26日). “Is It Time for Games to Get Serious?”. GameSpot. CBS Interactive. 2016年8月1日閲覧。
  23. ^ Hamilton, Kirk (2012年7月24日). “How To Kill Civilians In A War Game”. Kotaku. Univision Communications. 2016年8月1日閲覧。
  24. ^ Rath, Robert (2016年3月). “Revisiting 'No Russian' in the wake of Paris”. Zam.com. 2016年8月1日閲覧。
  25. ^ Thorsen, Tor (2011年1月25日). “Russian media links airport bombing, Modern Warfare 2”. GameSpot. CBS Interactive. 2016年8月1日閲覧。
  26. ^ Good, Owen (2013年5月29日). “Teen's School Shooting Plan Included Call of DutyTemplate:'s 'No Russian' Theme”. Kotaku. Univision Communications. 2016年8月20日閲覧。