Nu (アーケードゲーム基板)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Nuニュー)は、セガ(後のセガ・インタラクティブ)が2013年9月に次世代業務用汎用基板として発表したアーケードゲーム用のシステム基板RINGシリーズの後継機となる。

概要[編集]

アーキテクチャは前身のRINGシリーズ同様PCベースで構成されており、OSWindows 8ベースのMicrosoft Windows Embedded 8 Standardを採用。Intel Core i3-3220(Ivy Bridge)やNVIDIA GeForce GTX650 Ti(Keplerアーキテクチャ)等を搭載する。これによりRINGEDGEと比較して消費電力が上がってはいるものの、性能は前世代機より2倍程度向上し、RINGシリーズからの移植も容易としている。

アプリケーションは従来までのDVD-ROMに加えて、USBストレージ、ネットワーク配信等により供給される。

外観はRINGEDGEそのままで、PCI端子はRINGEDGE2と全く同じである。また当基板にてUSB 3.0端子が採用されたことに伴い、LINDBERGHから採用されたJVS I/Oコネクタとの誤接続を防止するための端子としてのUSB-MiniA端子がついに廃止され、通常のUSB-A端子となった。これはUSB 3.0端子とUSB 2.0の絶縁部が混在する環境ではUSB2.0は白か黒、USB3.0は青でそれぞれ区別することが推奨されており、この色分けによってJVS I/OコネクタやUSB 2.0との区別が容易であることや、USB 3.0に対応したUSB-MiniA端子が規格としてはじめから用意されていなかったことに起因する。これによりオペレーターがインストール作業のたびに専用のUSBケーブルとDVDドライブを探し回らなくとも、通常のUSBケーブルを使用する外付DVDドライブでインストールが可能となった。

ローンチタイトルは『初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone』。2013年11月21日より稼動開始し、nuの市場向けデビューとなる。

セガ・インタラクティブ設立後は、ビデオボードの型番などが変更された「Nu1.1」が登場。サードパーティ向けの供給も『ルイージマンションアーケード』によるカプコンへの供給もなされた。

その後、廉価版(RING世代でいうRINGWIDE相当)となる「Nu SX」および「NuSX1.1」も登場し、このころにnuのブランド展開としてピークを迎えた。

さらに2017年1月に「Nu2」が登場するが対応タイトルが2種類しかなく、PCベースのシステム基板の宿命として構成部材のEOL(End of Life:生産終了)によるシステム基板自体の供給の短命化により、nuのブランドでの新製品リリースは事実上の終焉を迎える。

なお、最初に登場したNuにおいてはストレージとなるSSDが64GB(本ページでは前期と記載)と128GB(同 後期と記載)のものが存在し、それぞれ採用ベンダーが異なっている。

基板スペック[編集]

CPU
Intel Core i3-3220 3.30GHz
メインメモリ
DDR3 SDRAM PC3-12800 4GB
GPU
Nu:NVIDIAGeForce GTX650 Ti GDDR5 VRAM1GB搭載、:Nu1.1:NVIDIAGeForce GTX750 Ti GDDR5 VRAM2GB搭載、
Direct X11.1・OpenGL4.3対応 フルHD2画面出力対応
サウンド
High Definition Audio。192KHz/32bit 5.1ch出力対応
入出力
アナログ・デジタル出力DVI-I端子×1、デジタル出力DVI-D端子×1
オンボードLAN10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T
業務用ゲーム入出力 JVS I/Oコネクタ
シリアル4ch
USB 3.0×4ポート
CAN×2ポート
ストレージ
前期:APACER製SATA SSD 64GB+HGST製HDD500GB:後期:TDK製SATA SSD GBDISK GS1 128GB+HGST製HDD500GB
その他
ALL.Netサービス標準対応(課金・配信):

対応ゲーム[編集]

日付は稼働開始日(シリーズ作品は1作目もしくは当基板使用最初の作品の稼働開始日)

Nu 1.1使用タイトル
Nu 2使用タイトル
Nu SX使用および使用予定?タイトル
  • ヒーローバンク アーケード(セガ、2014年7月2日→終了済)キッズゲーム向け専用ビデオゲーム筐体、SAYAKA CABINETを採用
  • え~でる すなばシリーズ(セガ、2014年11月27日)
  • 占いコレクション トロッテ(セガ、2014年12月18日)
  • 新甲虫王者ムシキング(セガ・インタラクティブ、2015年7月16日→終了済)ヒーローバンクの筐体、SAYAKA CABINETを流用
  • ネイルプリ(セガ・インタラクティブ、2015年11月19日→終了済)
  • けものフレンズ3 プラネットツアーズ(セガ・インタラクティブ)JAEPO2019会場で実機がお披露目されたが筐体がSAYAKA CABINETのデザインそのものであった。
Nu SX1.1使用タイトル
  • らくがきカードバトル撃墜王(セガ・インタラクティブ/ココノヱ、2016年7月13日)
  • レッ釣り GO!(セガ・インタラクティブ、2018年9月20日)

後継汎用基板[編集]

Nuシリーズの後継基板となる。

詳細はALLS (アーケードゲーム基板)を参照


脚注[編集]