O嬢の物語 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
O嬢の物語
Histoire d'O
The Story of O poster.jpg
ポスター(1975)
監督 ジュスト・ジャカン
脚本 セバスチャン・ジャプリゾ
原作 ポーリーヌ・レアージュ
製作 エリック・ローシャフランス語版
出演者 コリンヌ・クレリー
ウド・キア
アンソニー・スティールフランス語版
音楽 ピエール・バシュレ
撮影 ロベール・フレース
製作会社 A.D. Creation
Somerville House
Terra-Filmkunst
Yang Films
配給 フランスの旗 S.N. Prodis
日本の旗 東宝東和
公開 フランスの旗 1975年8月28日
日本の旗 1976年3月13日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
次作 O嬢の物語・第二章
テンプレートを表示

O嬢の物語(オーじょうのものがたり、原題:Histoire d'O)は、1975年フランス映画

ポーリーヌ・レアージュのポルノグラフィー文学として名高い、SM文学小説の傑作『O嬢の物語』をジュスト・ジャカン監督が映画化した作品。主演はヒロインの“O”嬢役にモデル出身のコリンヌ・クレリーが扮している。共演は当時はまだ美青年俳優で売っていたウド・キアがO嬢の恋人役で、城館での倒錯の世界に導くルネに扮している。なおこの映画の続編的映画に『O嬢の物語・第二章』があるが、スタッフ・キャストが総入れ替えであるのに加え、原作に無いエピソードを中心とした内容であり、関連性は極めて薄い。レズシーンや全裸の男女のセックスシーンもあるが、やはり、コリンヌ・クレリーが全裸になり、着衣の男とからむCMNFシーンが目立つ。

あらすじ[編集]

ヒロインOが、恋人のルネと、ロワッシー館に入る。そこで、Oは全裸になり皮手錠と首輪をはめられ、着衣の男の愛撫を受けて鞭を打たれる。ルネはただ見守るだけだった。あるときはピエールという男に鞭打たれる。全裸のままのOが紅茶を飲んでいる最中に、ルネと一緒に見知らぬ男がやってきて3人でCMNF状態となりからみ合う。数週間が過ぎた。アパルトマンに戻り、新生活を始める。ある時は、ルネの命令で紅茶を用意して全裸で迎えることもあった。

ステファン卿に紹介されたその後Oは、ルネの命令に従い、ステファン卿に身をゆだねることとなった。

キャスト[編集]