OBCヤングラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
OBCヤングラジオ
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1981年10月5日1983年4月1日
1983年10月11日1984年3月30日
放送時間 月曜日〜金曜日 21:00〜23:30
/月曜日〜金曜日 20:00〜21:30
放送局 ラジオ大阪
パーソナリティ #パーソナリティの節を参照
テンプレートを表示

OBCヤングラジオ(オービーシーヤングラジオ)は、1981年10月5日から1983年4月1日までと、1983年10月11日から1984年3月30日までの間にラジオ大阪(大阪放送)で放送されていた夜のワイドラジオ番組

通称「ヤンラジ」

概要[編集]

前番組『JAM JAM OSAKA』までは、パーソナリティにミュージシャン、アーティストらを起用し、音楽路線を前面に出していた向きもあったが、この番組からは再びトーク中心のバラエティ路線となった。日替りのパーソナリティはアナウンサー中心となり、MAKOTO(北野誠)と角川加代子(スイッチョン)がその相手としてレギュラー出演していた。

第1期(1981年〜1983年)の放送当時、リクエストは、21時から22時までの1時間、電話で受け付けていた。

本番組終了後の後番組『POP STATION KISS』では、再び音楽を前面に打ち出した路線に戻った。そして、6か月間のブランクを置いて、『近鉄バファローズナイター』の放送の無い1983年10月11日から1984年3月30日までの6か月間、ナイターオフ番組として復活、放送されていた。この時のパーソナリティ陣は、アナウンサー、タレント、女子大生・女子高生の組み合わせで構成されていた。

オープニングテーマ曲は、ザ・ビーチ・ボーイズの曲『ファン・ファン・ファン』[1]

2012年3月22日には1983年10月〜1984年3月組の出演する「ヤングラジオ寄席」を天満天神繁昌亭で開催する。

放送時間[編集]

  • 月曜日〜金曜日 21:00〜23:30(1981年10月5日〜1983年4月1日・第1期)
  • 月曜日〜金曜日 20:00〜21:30(1983年10月11日〜1984年3月30日・第2期)

パーソナリティ[編集]

1981年10月〜1983年4月[編集]

  • 本村忠司(月曜日 → 1982年10月から木曜日)
  • 高橋征二(火曜日)
  • 水野清文(水曜日 → 1982年10月から月曜日)
  • 神守将宏(木曜日、1982年9月まで)
  • 内田修(金曜日)
  • 松本恵治(1982年10月から水曜日)
  • 角川加代子(スイッチョン)(月曜・火曜・金曜 → 1982年10月から月〜金全曜日)
  • MAKOTO(北野誠)(水曜・木曜 → 1982年10月から月〜金全曜日)

1983年10月〜1984年3月[編集]

  • 高橋征二、桂楽珍、脇田南海子(月曜日)
  • 内田修、桂花枝、橋口勝(火曜日)
  • 松本恵治、スイッチョン、多田容子(水曜日)
  • 水野清文、桂蝶六、山脇由美子(木曜日)
  • 本村忠司、タージン、平井貴子(金曜日)

タイムテーブル[編集]

1981年10月〜1983年4月[編集]

  • 21:15 - ミュージック特急ホッカホカ!!(パーソナリティ:及川伸一 ニッポン放送制作)
  • 21:30 - ポップン10ぷん(MAKOTO(北野)&スイッチョン(角川))
  • 21:45 - 松田聖子 ピンクのスニーカー(提供:学研月星化成 文化放送制作)
  • 21:55 - ニュース・天気予報
  • 22:02 - 竹村健一のプレス&ピープル
  • 22:12 - アイ・ラブ・シティ(提供:小学館、文化放送制作)
  • 22:23 - くり万奈保子ランナウェイ!サウンドレポート(〜1981年10月)
    塚たん・奈保子のランナウェイ!サウンドレポート(1981年11月〜1982年3月)
    → 塚たん・芳恵のランナウェイ!サウンドレポート(1982年4月〜)
    (提供:パイオニア ニッポン放送制作)
  • 22:40 - ファイブ星占い(出演:脇田なみこ、1982年10月から)
  • 22:50 - ギャルズトーク
  • 22:55 - ニュース・天気予報
  • 23:00 - 曜日別日替りコーナー
    • 23時台 - サウンド・クイズ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 月刊『ラジオパラダイス』1988年1月号「これはドキドキ番組テーマソング」特集より。
ラジオ大阪 平日夜ワイド枠(1981年10月〜1983年4月)
前番組 番組名 次番組
JAM JAM OSAKA
OBCヤングラジオ