OLEっち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

OLEっち(おれっち)は、2003年4月から2006年6月30日まで放送された首都圏の独立系FM局bayfm(製作幹事局)とNACK5で、毎週金曜18:00~19:00に同時放送されていたラジオ番組。DJはポカスカジャンきゃんひとみ

なお、2005年6月まではFM YokohamaRBCiラジオでも放送されていた。当時の放送時間は、首都圏のFM3局が金曜18:00~19:00の放送、RBCiラジオのみ当日の深夜0:00~1:00。2005年4月からは木曜深夜 (金曜未明) 0:00~1:00になった。又2005年9月頃まで赤坂泰彦と、きゃんのコンビでDJを担当していた。

概要[編集]

放送開始から2005年3月まではJAL Presents OLEっちと言うタイトルで、日本航空が筆頭スポンサーだった。当時の番組内容は、東京のスタジオ(進行・赤坂)と沖縄県豊見城市にあるアウトレットモールあしびなー」(進行・きゃん)の二元生中継で番組が進行され、CDデビューを目指すミュージシャンが、東京で行われる審査を通過した後、沖縄へ送り出され、そこで番組が出す様々な課題をクリアしながらCDデビューを目指す、と言う新人ミュージシャン発掘番組だった[1]

また、沖縄限定で2003年6月~2004年3月に「OLEっちTV・R-pops park」、同年10月~2005年3月に「ミュージックサバイバル・OH!OLEっち」と言うOLEっちのテレビ版がRBCテレビで放送された。内容は、前者が「あしびなースタジオ」で行われたチャレンジャーミッションの映像版に、チャレンジャーが自分達でカメラを回す沖縄生活ドキュメント、後者が同じくあしびなースタジオでのライブ映像に、沖縄のアマチュアミュージシャンをOLEっち本選に進ませる為の沖縄予選と言う内容だった。ちなみに、極めて低予算で作られた為、ライブ映像は小型デジタルカメラ一台だけで、クレーンカメラの動きを真似たダイナミックなカメラワークで撮影された。

JALのスポンサー撤退、番組の終了[編集]

2005年3月を以てJALがスポンサーを降板する(同年に入って一連の不祥事が相次いで発覚した影響、これまでの間にも何度かスポンサーを降りた回があった)も、東京と沖縄を結ぶ形での放送は継続されたが、同年7月、FM YokohamaとRBCiラジオが、番組のネットを降りたのに伴い、番組のシステムを刷新。舞浜の「スタジオイクスピアリ」(進行・赤坂→ポカスカジャン)と「OLEっちコロシアム」(進行・きゃん)の二元生中継で番組が進行する形に変わり、審査を通過したミュージシャンが、毎週登場するチャレンジャー(ミュージシャン)とバトルを繰り広げ、4週勝ち抜く事ができれば、メジャーデビューを果たす事ができる、と言うシステムになった。

同年12月からはオートバックスセブンがスポンサーとなり「AUTOBACS Presents OLEっち」として再スタートを図るものの、翌2006年6月30日の放送をもって、3年3ヶ月の歴史に幕を下ろした。 なお、2006年4月から終了までは会場を東京・六本木に移して放送していた。

パーソナリティー[編集]

冠スポンサー[編集]

  • 日本航空(開始~2005年3月)
  • オートバックス(2005年12月~終了まで)

※2005年4月~11月は冠スポンサーなし。尚、公式サイトはスポンサーである「魔法のiらんど」のサーバーを使用していた。

脚注[編集]

  1. ^ 2004年4月開催 番組審議会報告FMヨコハマ

関連項目[編集]

  • 東真紀(この番組で勝ち抜いたことがきっかけでメジャーデビューを果たした)
  • シギ(この番組で勝ち抜いたことがきっかけでメジャーデビューが決まった)

歴代OLEっちKING

  • ソフトケース(Gaku、こーじ)
  • AQUASOUL(DAI、yassie、KAI、HIROAKI)
  • OVERLAP(深沢繁人、富樫圭介、松田慶司郎)
MUSIC ROUTE 16

NACK5 - bayfm - FMヨコハマ