OMOTENASHI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
OMOTENASHI
所属 宇宙航空研究開発機構
公式ページ 公式ウェブサイト
状態 計画
目的 月面着陸の技術実証
観測対象
打上げ機 SLS Block 1
打上げ日時 2019年12月(予定)
物理的特長
本体寸法 10×20×30 cm
質量 14 kg
発生電力 最大30W
主な推進器 コールドガスジェット
姿勢制御方式 三軸安定制御
軌道要素
周回対象
軌道 月周回軌道
放射線計測器

OMOTENASHI(Outstanding MOon exploration TEchnologies demonstrated by NAno Semi-Hard Impactor)は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)で開発が進められる月面着陸の技術実証目的のCubeSat

概要[編集]

スペース・ローンチ・システムの1号機に相乗りで打ち上げられる予定の月探査機エアバッグを使用してハードランディングに近い軟着陸が予定される。

設計[編集]

OMOTENASHI本体の大きさは、6UのCubeSatで格納時にはブリーフケースほどの大きさで10×20×30 cm[1]

観測機器[編集]

月へ向かうまでの放射線を計測するために放射線測定器を備える[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 超小型探査機OMOTENASHI (PDF)”. 2018年11月25日閲覧。

関連項目[編集]