ON THE PROWL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
LOUDNESS > ON THE PROWL
ON THE PROWL
LOUDNESSスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ヘヴィ・メタル
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
プロデュース LOUDNESS, Mark Dearnley
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 7位(オリコン
  • LOUDNESS アルバム 年表
    SOLDIER OF FORTUNE
    1989年
    ON THE PROWL
    1991年
    LOUD'N'RARE
    (1991年)
    『ON THE PROWL』収録のシングル
    1. 「DOWN'N'DITY (c/w TAKE IT OR LEAVE IT)
      リリース: 1991/02/10
    2. 「IN THE MIRROR (c/w SLEEPLESS NIGHT)
      リリース: 1991/04/25
    テンプレートを表示

    ON THE PROWL』(オン・ザ・プロール)は、日本ヘヴィメタルバンドLOUDNESSの9枚目のオリジナル・アルバム。1991年2月25日発売。 発売元はワーナーミュージック・ジャパン

    2002年2月14日に廉価盤が発売された。2009年12月23日SHM-CD仕様の24ビットデジタルリマスター盤、2015年10月7日に新規リマスター盤が発売された。

    解説[編集]

    第2期LOUDNESS2枚目のアルバムであり、LOUDNESSデビュー10周年記念作品。フルアルバムとしては第2期最後の作品となった(スタジオ音源としては、丁度7ヶ月後にリリースされたミニアルバム『SLAP IN THE FACE』が最後)。

    タイトルの「ON THE PROWL」とは、英語で「うろつく」または「探し回る」といった意味合いがある。

    全11曲収録されているが、新曲は序盤の3曲のみで、他の8曲は第1期に制作された楽曲のリメイクで占められている。第1期からの選曲は、海外未発売の作品からとなっている。

    新曲については前作『SOLDIER OF FORTUNE』に見られたメロディアスさは鳴りを潜め、硬派なロックンロールの面を強調している。その一方、リメイク曲については、メロディアスを強調しているものが多く見られる。

    歌詞は、ボーカルのマイク・ヴェセーラが全て手掛けている。第1期のリメイク曲についても、マイクによって新たな歌詞が付けられているが、二井原実が作詞した原曲とは内容が異なっており、その半数以上が曲名自体も変更されている。

    本作のために「CRAZY DOCTOR」もスタジオレコーディングされていたが、収録される事無く20年以上お蔵入りとなっていた。その後、2012年1月18日にリリースされたベスト盤『LOUDNESS BEST TRACKS -WARNER YEARS-』で、その音源が初収録された。

    ジャケットは、仰向けになって倒れている、岩あるいは砂の身体を持つ男の胸を、ドラゴンが突き破って夕日に向かって飛び去っているもので、男の右手のひらには地球(アメリカ大陸が見えている)が乗っているという、ファンタジー調なイラストが描かれている。

    本作から、第1期のものから一新した、鋭角的なデザインのバンドロゴが登場した。このロゴはワーナー在籍時代最後のCDである、ベストアルバム『MASTERS OF LOUDNESS』まで使用されている。

    オリジナルリリースの初回盤は、ブックレット(写真集)、ブックレットとCDケースを入れる紙製の箱が付属していた。

    オリコンチャートでは7位にランクインし、LOUDNESSのアルバムで『LOUDNESS』、『THUNDER IN THE EAST』に次いで3番目に高い順位。

    収録曲[編集]

    1. DOWN'N'DIRTY [4:40]
      ミドルテンポな楽曲。本作の先行シングル(12thシングル)としてリリース。2期以降のライブで演奏される機会が多い。
    2. PLAYING GAMES [3:48]
      イントロのトリッキーなギターリフが印象的なロックンロール。
    3. LOVE TOYS [4:06]
    4. NEVER AGAIN [5:11]
      原曲は7thシングル『RISKY WOMAN』カップリング2曲目の「Silent Sword」、またはその日本語版である「Losing You」。
    5. DEADLY PLAYER [4:52]
      原曲は2ndアルバム『DEVIL SOLDIER 〜戦慄の奇蹟〜』1曲目の「Lonely Player」。
    6. TAKE IT OR LEAVE IT [4:27]
      原曲は4thアルバム『DISILLUSION 〜撃剣霊化〜』7曲目の「Milky Way」。
      12thシングル「DOWN'N'DIRTY」カップリング曲。
    7. GIRL [4:13]
      原曲は3rdアルバム『DEVIL SOLDIER 〜戦慄の奇蹟〜』4曲目の「Girl」。
      原曲は2分34秒と短かったが、本曲では間奏が追加されるなど曲構成が変更され、演奏時間が延びている。
    8. LONG DISTANCE [4:20]
      原曲は1stミニアルバム『JEALOUSY』2曲目の「Long Distance Love」。
    9. IN THE MIRROR [3:36]
      原曲は2ndシングル『GERALDINE』カップリング曲、及び3rdアルバム『THE LAW OF DEVIL'S LAND 〜魔界典章〜』2曲目の「IN THE MIRROR」。本作リリース後にシングルカットされた。
    10. SLEEPLESS NIGHTS [4:29]
      原曲は3rdアルバム『THE LAW OF DEVIL'S LAND 〜魔界典章〜』8曲目の「Sleepless Night」。
      のちにリリースされた13thシングル『IN THE MIRROR』カップリング曲。
    11. FIND A WAY [7:33]
      原曲は1stアルバム『THE BIRTHDAY EVE 〜誕生前夜〜』5曲目の「To Be Demon」。イントロを含めて、リメイク曲では最も原曲から離れたアレンジがされている。

    カヴァー[編集]

    クレジット[編集]

    • Background Vocals:Gary
    • Supervisor:George Azuma
    • Engineer, Mixing:Mark Dearnley
    • Assistant Engineer:Jesse Henderson, Charles Paakkari, Chris Rich
    • Mastering:Bob Ludwig
    • Photography:William Hames
    • Illustrations:Jim Warren

    関連項目[編集]