OT-62 TOPAS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
OT-62 TOPAS
OT-62-Topas-latrun-2.jpg
OT-62 TOPAS
ラトルン戦車博物館の展示車両
種類 装軌式装甲兵員輸送車
水陸両用装甲戦闘車両
原開発国 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
ポーランドの旗 ポーランド
運用史
配備期間 1962年~
関連戦争・紛争 第三次中東戦争
第四次中東戦争
イラン・イラク戦争
湾岸戦争、他
開発史
開発期間 1958年~1962年
製造期間 1962年~1972年
諸元
重量 13 t[1]
全長 7.1 m[1]
全幅 3.14 m[1]
全高 2.1 m
要員数 2名+16名

エンジン PV-6 6気筒ディーゼル, 300hp
燃料タンク容量 407L
行動距離 450km ~ 550km (路上)
150km (水上)
速度 60 km/h (路上)[1]
10,8 km/h (水上)
テンプレートを表示

OT-62 TOPASは、チェコスロバキアポーランドが1950年代末から60年代初頭にかけて共同開発した装軌式の装甲兵員輸送車および派生車種の総称である。

ソビエト連邦で1950年代に開発されたBTR-50を開発のベースとしており、ほぼ同じものであることから実質的にはBTR-50のライセンス生産型であるとも言える。

名称の"OT-62"はチェコ語で"Obrněný Transportér vzor 62"、つまり日本語で"装甲兵員輸送車 モデル62年型"というような意味であり、"TOPAS"はポーランド語で"Transportér Obrněný Pásový"、つまり日本語で"装軌式輸送車"というような意味である。

概要[編集]

1950年代にチェコスロバキアはソ連からBTR-50のライセンス生産権を購入し、これを元にチェコスロバキア軍およびポーランド軍向けにBTR-50の発展改良型を開発する事となった。計画は1958年に開始され、1962年に試作車両が完成した。評価試験に合格した本車はチェコスロバキア軍でOT-62、ポーランド軍でTOPASとしてそれぞれ採用された。

OT-62 TOPASの全体的な形状は当然ではあるがBTR-50に酷似しており、兵員室前方に2つの張り出しを持つデザインはBTR-50の指揮車両型であるBTR-50PUに類似している[1][2]。BTR-50との外見上の最も目立つ相違点は、OT-62 TOPASには兵員室の左右両側面に昇降用のドア (ハッチ) がある事である。

中身の違いとしては、エンジンがBTR-50の出力240hpの6気筒ディーゼルエンジンから300hpの6気筒ディーゼルエンジンに変更されており、これにより路上での最高速度が44km/hから60km/hに増加している。

最初に開発されたOT-62 TOPASは非武装であったが、チェコスロバキア・ポーランドでそれぞれ、OT-62BTOPAS-2APと呼ばれる銃塔搭載型が開発されている。また特殊な派生型としては、クレーンを装着した装甲回収車型のDTP-62がチェコスロバキア軍で、WPT-TOPASがポーランド軍でそれぞれ開発されている。名称の"DTP"は"Dílna Technické Pomoci"、日本語で"装甲回収車"、"WPT"は"Wóz Pogotowia Technicznego"、日本語で"技術支援車両"の意味である。

OT-62 TOPASは開発したチェコスロバキア、ポーランドで運用されただけではなく、多数の国に輸出されている。ユーザーのひとつであるエジプトおよびシリアはOT-62 TOPASをソ連製BTR-50、PT-76などと共に第三次中東戦争で実戦に投入しており、これらの車両の中には敵軍であるイスラエル軍鹵獲されたものも少なからずあった。そしてこの後の消耗戦争の期間および1973年の第四次中東戦争では、双方の陣営がBTR-50やOT-62 TOPASを運用する状態となった。イスラエル軍が運用した車両は現在もラトルン戦車博物館に実車が展示されている。これら鹵獲車両は後にイスラエルと友好関係にあった南レバノン軍などにも供与されている。

形式・派生型[編集]

チェコスロバキア[編集]

OT-62
基本型の装甲兵員輸送車。非武装。
OT-62A
基本型の装甲兵員輸送車。非武装。ポーランド軍でTOPASとして採用されたバージョンのチェコスロバキアでの形式名[2]
OT-62B
VZ.59 7.62mm機関銃を搭載した小型銃塔を搭載した装甲兵員輸送車。銃塔にはT-21 82mm無反動砲を追加装備する事が可能。ポーランドではTOPAS-2Aと呼ばれる[1][2]
OT-62B R-2
OT-62Bをベースとして無線機を搭載した指揮通信車両型。銃塔は残されているがT-21 82mm無反動砲は装備不可能となっている。エンジンデッキ上右舷側に箱状の追加発電機を搭載している[3][2]
OT-62B R-2M
無線機を搭載した指揮通信車両型で、ポーランド軍でTOPAS R-2Mとして採用されたバージョンのチェコスロバキアでの形式名[2]
OT-62D
OT-62Bの車体後部にBzk59 82mm無反動砲を追加装備した車両。元の銃塔もそのまま装備している[2]
DTP-62
OT-62にウィンチおよびクレーンを搭載した装甲回収車型。銃塔は装備せず[2]
OT-62 R-3MT
OT-62Aをベースとして無線機を搭載した指揮通信車両型。エンジンデッキ上左舷側に箱状の追加発電機を搭載している[4][2]
OT-62 R-4MT
OT-62 R-3MTの派生型で、兵員室右舷側の昇降ハッチを持たない[2]

ポーランド[編集]

TOPAS
基本型の装甲兵員輸送車。非武装。チェコスロバキアでの呼称はOT-62A。
TOPAS-2A
7.62mm機関銃を搭載した小型銃塔を搭載した装甲兵員輸送車。チェコスロバキアのOT-62Bのポーランド側の呼称。※この車種はポーランド軍では運用されず。
TOPAS-2AP
14.5mm KPVT重機関銃および7.62mm機関銃を搭載した銃塔を搭載した装甲兵員輸送車。
TOPAS R-2M
無線機を搭載した指揮通信車両型。チェコスロバキアでの呼称はOT-62B R-2M。
TOPAS R-3M
無線機を搭載した指揮通信車両型。
WPT-TOPAS
TOPASにウィンチおよびクレーンを搭載した装甲回収車型。右側キューポラに防盾付きのPK 7.62m機関銃を装備している[2]

その他[編集]

  • インド軍は、輸入したTOPAS-2Aを装甲回収車型に改造したFRT TOPASを開発し運用した。
  • イラク軍は、輸入したOT-62にブラジルEE-9 カスカベル装甲車の90mm砲塔を搭載した車両を運用した[5]
  • イスラエル軍は、エジプト・シリアから鹵獲した非武装型のOT-62 TOPASに機銃架を装着して運用した。

運用国[編集]

OT-62 TOPAS運用国 (青色が現役国、赤色が退役国)

現役国[編集]

退役国[編集]

画像[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、OT-62 TOPASに関するカテゴリがあります。