オフィス24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社オフィス24
OFFICE24 CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-1103
東京都新宿区西新宿6-22-1
新宿スクエアタワー3階
設立 1993年3月23日
業種 情報・通信業
法人番号 1011101010480
事業内容 ネットワーク事業,IT事業,サービス・サポート事業,金融・不動産事業
代表者 代表取締役社長 吉江 秀馨
資本金 4億2542万5千円
従業員数 484名(連結・正社員 2018年2月末現在)
主要子会社 株式会社バルテックフィールドサービス
株式会社MBEジャパン
ビジネスエージェント株式会社
スマートレンダー株式会社
エリアビイジャパン株式会社
VALTEC Technology Co., Ltd.
外部リンク http://www.webjapan.co.jp/
テンプレートを表示

オフィス24グループは株式会社オフィス24(Office24 Co., Ltd.)を中心とした計15社からなる企業グループである。 ネットワーク・IT事業のほか、オフィスコンビニ・PCやスマートフォンの修理店の運営などの店舗事業、中小規模店舗向けリース・不動産事業を展開している。

沿革[編集]

  • 平成5年3月 株式会社スクラム設立。オフィス用ICTソリューション事業を開始
  • 平成9年5月 クレジット処理センターを開設し、クレジットカード決済処理代行サービス開始
  • 平成11年6月 「Office24」店舗の出店開始オフィスコンビニ事業へ参入
  • 平成16年4月 株式会社スクラムから株式会社オフィス24へ社名変更
  • 平成17年11月 株式会社MBEジャパンを買収、オフィスコンビニFC事業へ参入
  • 平成19年8月 ビジネスエージェント株式会社を設立し、人材派遣業へ参入
  • 平成21年3月 ASP型POSシステム「FreePOS」サービスを開始。リテールソリューション事業へ本格参入
  • 平成21年3月 クラウド型業務支援アプリ「MOT/Cloud」を開発、販売開始
  • 平成22年11月 スマートフォンで利用できるオフィス向けソフトフォン「MOT/Phone」を発売
  • 平成23年12月 スマートレンダー株式会社を完全子会社化。事業所向けリース・店舗向けサブリース事業に参入
  • 平成24年4月 美容室サロン向け顧客・売上管理アプリケーション「BeSALO」を開発、販売開始。以後「ReTELA」「BeSHOKU」等の業種特化の リテールソリューションをリリース
  • 平成24年11月 株式会社スマホドック24設立し、ICT機器修理事業へ参入
  • 平成25年4月 平成科技股份有限公司[台湾]設立。ICT機器類の開発製造業へ参入[1]
  • 平成25年7月 IPコミュニケーションサーバ「MOT/PBX」の完全自社製のファーストロットをリリース
  • 平成26年2月 小規模事業者向けIPコミュニケーションツール「MOT/Mini」を開発、販売開始
  • 平成26年9月 IP-PBX搭載マルチOSサーバ「MOT/Server」を開発、販売開始
  • 平成26年11月 VALTECブランド第1号のタッチパネル式券売機「VALTEC TK-1900」を開発、販売開始
  • 平成27年3月 NTT「フレッツ光」コラボレーションモデルを利用した光回線サービス「MOT光」を開始
  • 平成27年3月 デザインを一新したPOS端末「Helios POS HLP-150C」をリリース
  • 平成27年5月 ホテル・旅館等の客室電話機をスマートフォン・タブレット アプリケーションで対応する「MOT/Hotel Phone」をリリース
  • 平成27年5月 美容室・ネイルサロン・まつげエクステサロンに特化したWEB・電話予約、顧客情報を一元化する管理システム 「BeEXTE」(ビエクステ)をリリース
  • 平成28年6月 次世代タブレットPOSレジ 「VALTEC TPS-M10K2」を販売・レンタル開始
  • 平成28年7月 IPコミュニケーションツール、クラウド型PBX「MOT/TEL」(モッテル)のサービス開始
  • 平成28年8月 クラウド型経費精算システム「ハイ!経費」をリリース
  • 平成29年4月 オフィス24オリジナル通信プラン「スマホドック(SD)モバイル」のサービス開始
  • 平成29年5月 交通費精算・経費精算システム「ハイ!経費」オンプレ版リリース
  • 平成29年7月 名刺・各種印刷/サプライ用品の注文サイト「ぱっとスル」を開設[2]
  • 平成29年11月 IC対応クレジットカード決済端末「BluePad」での決済サービスを開始
  • 平成29年11月 中規模事業者向けIPコミュニケーションツール「MOT/PBX S-V1」を開発、販売開始
  • 平成30年1月 台湾・台北市にてレンタルオフィス「BAレンタルオフィス台湾」をオープン[3]
  • 平成30年6月 沖縄・台湾に続く3拠点目のビジネスセンター『BAビジネスセンター 銀座』を銀座一丁目にオープン[4]
  • 平成30年7月 IP電話システム『MOT/PBX M-V2』の後継機『MOT/PBX M-V3』を開発、販売開始
  • 平成30年7月 多言語表示に対応した多機能タッチパネル型券売機「TK-1900」の後継機VALTEC「TK-1920」を開発、販売開始
  • 平成31年10月 「エリアビイジャパン株式会社」を子会社化[5]

事業の内容[編集]

ネットワーク関連事業[編集]

  • IP機器類の開発及び販売
  • OA・ネットワーク機器
  • セキュリティ製品の販売事業

IT関連事業[編集]

  • 監視システムの開発
  • 情報通信システム・サービスの開発
  • クレジットカード決済処理代行
  • ホスティングサービス
  • POSレジシステムの開発・レンタル

サービス・サポート事業[編集]

  • 各種機器・システム類の保守・施行
  • 人材派遣・各種代行サービス
  • オフィス内装デザイン及び施行
  • オフィスコンビニ店舗の運営・フランチャイズサービス

金融・不動産関連事業[編集]

  • 総合リース
  • 店舗サブリース
  • 不動産開発・売買

グループの事業[編集]

国内[編集]

株式会社MBEジャパン
ビジネスエージェント株式会社
スマートレンダー株式会社
株式会社バルテックフィールドサービス
エリアビイジャパン株式会社

国外[編集]

VALTEC Technology Co., Ltd.(台湾現地法人)

脚注[編集]