once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > Once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜
B'zVHSDVD
リリース
録音 1999年8月28日 - 8月29日
ジャンル ハードロック
時間
レーベル B-VISION
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
B'z 映像作品 年表
  • once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜
  • (2000年、VHS)
  • (2001年、DVD)
テンプレートを表示
B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"
B'z の ツアー
場所
関連アルバム Brotherhood
初日 1999年7月9日
最終日 1999年8月29日
公演数 全14公演
B'z ツアー 年表
  • B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"
  • (1998年)
  • B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"
  • (1999年)
  • B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 "juice"
  • (2000年)

once upon a time in 横浜 〜B'z LIVE GYM'99 "Brotherhood"〜』(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・よこはま・ビーズ・ライブジム・ナインティナイン・ブラザーフッド)は、日本音楽ユニットB'zが、2000年8月2日にリリースした6作目の映像作品(VHSとしては6作目、DVDとしては4作目)。

DVDはシングル『ultra soul』発売時に他の3作品と共に同時リリースされた。


概要[編集]

1999年8月28日・29日に横浜国際総合競技場(現・日産スタジアム)で行われた『B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"』の模様を収録[1]。このライブは大掛かりな演出を極力排除し、バンド演奏に重点を置いたツアーだった。この年の8月6日に2002FIFAワールドカップ日韓大会の決勝戦会場として正式決定した上に、当会場における音楽イベントの初開催となったことで大きな話題となった。また、このライブの後半から大雨が降りだし「B'zの野外ライブ=雨」という図式はこのときから始まった。

元々この作品は過去のライブ映像の中からファン投票により選曲された「ベストライブビデオ」として発売する予定で、前作『The true meaning of "Brotherhood"?』に同封された葉書にて「もう一度みたいライブツアー・楽曲」というアンケートを行われた。しかし、そのアンケート投票結果を見たところ「もう一度見たいツアー」において「"Brotherhood"ツアーを見たい」という希望が集中したため、"Brotherhood"ツアー横浜公演のライブビデオという形でリリースされることとなった[2]。また、アンケートで「もう一度見たい楽曲」で第1位となった「スイマーよ!!」がボーナス・トラックとして収録された[3]

アルバムツアーが映像化されたのは今作が初めてであり、過去の映像作品とは異なりドキュメントシーン等の挿入はなく基本的にライブ映像で構成されている。未収録は松本ソロの「THE CHANGING」。MCのほとんどがカットされており[注 1]、楽曲「Brotherhood」のライブ映像がエンディングのエンドロールとしてセピア映像に加工されて収録されている[注 2]

なお、当初制作予定であった「ベストライブビデオ」の企画は、2008年の『B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜』で実現している。

タイトルは稲葉が命名しており、本人は「横浜」という言葉は絶対に使いたかったとコメントしている。

演奏[編集]

メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"[編集]

B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"(特典映像)[編集]

収録映像曲[編集]

  1. ギリギリchop
    曲が始まる前に、B'zの二人に扮した少年モデル達が登場[1]
  2. F・E・A・R
  3. Liar! Liar!
    定番の「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」で曲が始まる[1]。イントロのシンセサイザー部分はカットされている。
  4. HOME
    シングル発売から翌年の本ツアーでライブ初披露となった。
  5. TIME
  6. Easy Come, Easy Go!
    稲葉がアコースティック・ギターを弾きながら歌唱。間奏ではメインステージから延びたサブステージに移動し、コールアンドレスポンスを行う。
  7. ながい愛
  8. 銀の翼で翔べ
  9. SKIN
    増田のオルガンソロからイントロに繋がる。
  10. SHINE
    スタジアム公演では横浜公演限定で演奏された。
    実際のライブではこの後に松本のMCに続き「THE CHANGING」が演奏されていた[4]
  11. 遠くまで
    DVDのみ収録。稲葉のソロ楽曲であり、センターステージに移動しストリングスカルテットを率いて披露された[4]
  12. GO FURTHER
    DVDのみ収録。松本のソロ楽曲。『The true meaning of "Brotherhood"?』にも収録されていたが、今回はノーカットで収録されている。
  13. Calling
  14. FREEWAY JAM
    ジェフ・ベックカバー。演奏中にメンバー紹介も行われた。
  15. Real Thing Shakes
    アウトロで二人が立っている場所の床がせり上がり、下から火花が吹き上がった。
  16. LOVE PHANTOM
  17. さまよえる蒼い弾丸
  18. ZERO
    間奏のラップ部分で全身白い服を着たエキストラ10数人が登場し、ステージの左右に並び体にラップの歌詞が表示された。
  19. ONE
    ここからアンコール。
  20. RUN
  21. BAD COMMUNICATION
    フルコーラスでの収録は本作が初。
  22. Brotherhood
    モノクロに処理されており、スタッフロールが流れる。実際のライブでは「ZERO」の後に本編ラストナンバーとして演奏されていた[4]。『The true meaning of "Brotherhood"?』にもノーカットで収録されている。

Bonus Track[編集]

  • スイマーよ!! ~from B'z LIVE-GYM '98 "SURVIVE"~
    前ビデオに於けるアンケートの結果、1位となり収録された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ MCの一部は『The true meaning of "Brotherhood"?』にも収録されている。
  2. ^ The true meaning of "Brotherhood"?』ではカラーのまま収録されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c mfm I 2013, p. 148.
  2. ^ mfm I 2013, p. 147.
  3. ^ 『be with!』第47巻、B'z Party、2000年9月。
  4. ^ a b c mfm I 2013, p. 133.

参考文献[編集]