one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA
Various Artistsトリビュート・アルバム
リリース
レーベル EMI(英国盤)
東芝EMI(日本盤)
プロデュース Safta Jaffery (英語)
Mitsuya Fujimoto
チャート最高順位
CHAGE&ASKA (Album) 年表
CODE NAME.2 SISTER MOON
(1996年)
one voice
THE SONGS OF CHAGE&ASKA

(1996年)
CHAGE&ASKA MTV UNPLUGGED LIVE
(1996年)
テンプレートを表示

one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA』 (ワン・ボイス - ザ・ソングス・オブ・チャゲ・アンド・アスカ) は、Chage & Askaへの トリビュート・アルバム。1996年にイギリス日本で発売され、2000年には韓国でも発売された。日本盤の発売元は東芝EMI

解説[編集]

  • 海外のアーティスト達がChage & Askaの楽曲をカバーしたアルバム。いわゆる「逆カバー」と呼ばれるものである。これらの作品の多くは日本国内のみでの発売であるが、本作は海外でも発売されビルボード誌にも取り上げられた[1]
  • この企画は発売される数年前から進行しており、1994年5月にモナコで開催されたThe World Music Awards授賞式に合わせて現地で行われたCHAGE&ASKAの記者会見では、INXSマイケル・ハッチェンスも参加しており、記者からの質問に対して「今度、『Red Hill』を歌う予定だ。」と話していた[2]。また、1995年にはキャシー・デニスが「天気予報の恋人」をカバーした曲「Love's A Cradle」が、SUBARUVIVIO」 CMソングに起用され、シングル発売されていた。
  • Chage & Aska も「The River」と「Castles In The Air」で参加している。
  • 本作は英国盤が全11曲の収録で、日本盤は3曲のボーナス・トラックが追加された全14曲の収録となっている。ボーナス・トラックの中で、「もうすぐだ」のカバー曲「Heart of My Own」で参加したリチャード・マークスは、翌1997年にAskaとデュエットした曲「Every Day Of Your Life」が日本でシングル発売された。
  • 2000年8月には、韓国内の第3次日本文化開放に伴う親善コンサート『CHAGE & ASKA LIVE IN KOREA』開催に合わせて、韓国でも発売された[3]
  • 日本でのキャッチコピーは「音楽って本当に自由だと思う。だから、僕ら何処へでも行くんだ。」

収録曲(海外盤)[編集]

※海外盤のリンク先は、すべて英語である。

  1. As You Walked Away - Maxi Priest (featuring Shaggy)
    Written by Ryo Aska
  2. Raspberry - Chaka Khan
    Written by Ryo Aska
  3. Red Hill - Michael Hutchence (INXS)
    Written by Ryo Aska
  4. Canción de amor para olvidarte - Alejandro Sanz
    Written by Ryo Aska
  5. The River - Chage & Aska
    Written by Ryo Aska
  6. Love's A Cradle - Cathy Dennis
    Written by Ryo Aska
  7. Pride - Apache Indian
    Written by Ryo Aska
  8. Dream - Boy George
    Written by Chage
  9. Castles In The Air - Chage & Aska
    Written by Ryo Aska
  10. Lies - Marianne Faithfull
    Written by Chage / Goro Matsui
  11. Walk - Wendy Matthews
    Written by Ryo Aska

収録曲(日本盤)[編集]

  1. As You Walked Away - マキシ・プリースト (featuring シャギー
    原曲は「You are free」。
    日本テレビ「しんドラ」エンディングテーマ。
  2. Take Me Away - リサ・スタンスフィールド And Aska
    Written by Lisa Stansfield and Ryo Aska
    リサとAskaの共作による書き下ろしオリジナル曲。日本盤ボーナス・トラック。
  3. Raspberry - チャカ・カーン
    原曲は「野いちごがゆれるように」。
  4. Red Hill - マイケル・ハッチェンスINXS
    原曲は「RED HILL」。
    Askaがコーラスで参加している。
  5. Canción de amor para olvidarte - アレハンドロ・サンス
    原曲は「LOVE SONG」。
    スペイン語で歌われている。
  6. The River - Chage & Aska
    原曲は「river」。
    ミディアムテンポにアレンジして英語詞で歌ったセルフカバーである。
  7. Love's A Cradle - キャシー・デニス
    原曲は「天気予報の恋人」。
    収録曲の中で唯一、前年の1995年にすでに先行リリースされており、その際に来日し「ミュージックステーション」に出演して披露している。
    SUBARU 「VIVIO」 CMソング(1995年)。
  8. Pride - アパッチ・インディアン
    原曲は「PRIDE
    アパッチ・インディアンは、かつて「BOOM 〜釈迦・楽〜」を日本でヒットさせたこともある。
  9. Dream - ボーイ・ジョージ
    原曲は「」。
  10. Heart of My Own - リチャード・マークスRichard Marx
    Written by Ryo Aska
    原曲は「もうすぐだ」。
    日本盤ボーナス・トラック。
  11. Hang Up The Phone - ロンドン・ビート (Londonbeat
    Written by Ryo Aska
    原曲は「HANG UP THE PHONE」。
    日本盤ボーナス・トラック。
  12. Castles In The Air - Chage & Aska
    原曲は「On Your Mark」。
    原曲をアレンジして英語詞で歌ったセルフカバー。
  13. Lies - マリアンヌ・フェイスフル
    原曲は「」。
  14. Walk - ウェンディ・マシューズ
    原曲は「WALK」。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Billboard - Google Books 22 Jun 1996 (英語)
  2. ^ 1994年7月24日放送、テレビ朝日系『CHAGE&ASKA SPECIAL Mr.ASIA 世界音楽祭3年連続受賞!! 1994 The World Music Awards』を参照
  3. ^ 2000年の時点では、まだ日本語音源の販売は禁止されていたが、本作はすべて英語詞の曲であるため発売が認められた。日本語音源の販売が解禁されたのは2004年1月1日からであり、これに伴いCHAGE and ASKAは2004年1月13日に韓国向けベスト・アルバムTHE BEST』を発売した。