outernet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
outernet
globeスタジオ・アルバム
リリース
録音 ROJAM TECHNOLOGY JAPAN STUDIO (Tokyo)
Baybridge Studio (Tokyo)
Our House Studios (Tokyo)
SONY MUSIC STUDIOS (Los Angeles)
O'HENRY SOUND STUDIOS (Los Angeles)
AVON RECORDING (Hong Kong)
Tang lou STUDIO (Hong Kong)
ジャンル J-POP
トランス
時間
レーベル avex globe
プロデュース Tetsuya Komuro & globe
ROJAM
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • globe アルバム 年表
    SUPER EUROBEAT presents EURO global
    (2000年)
    outernet
    (2001年)
    global trance
    (2001年)
    『outernet』収録のシングル
    テンプレートを表示

    outernet』(アウターネット)は2001年に発売されたglobeの6枚目のフルアルバム

    解説[編集]

    2曲目に収録されている「garden」をシングルとして同時発売。トランスへ移行した最初の作品となった。

    アルバムのテーマは「トランス・ロックヒップホップを基調としたミクスチャー・ロック[1]「globeを中心にした外への広がり、外部とのネットワーク」[2]「インターネットでの仮想の旅から、現実の外への旅に出ていく勇気」「過去のプロダクトからの逸脱とポップス性の振り幅の両立」[3]「前半40分はトランスで突っ走る」[4]事をイメージした。

    小室が匿名性を重んじたために、メンバー3人が前面に出てのプロモーション活動は行われなかった。それでもトランスの要素を加えたことで新規層を獲得し、「『outernet』とはどんなバンドなのか?」という問い合わせが海外から来た際、小室はそれを嬉しく思った[5]

    作曲・編曲には久保こーじ木根尚登葉山たけしらが参加。

    2000年に発売された「globe featuring」としてのシングルをglobeバージョンにして収録している。

    収録曲[編集]

    1. outernet
      作詞:KEIKO & MARC 作曲・編曲:小室哲哉
    2. garden
      作詞:MARC & KEIKO 作曲・編曲:小室哲哉
    3. angel's song
      作詞:globe 作曲・編曲:小室哲哉
    4. Throwin' down in the double 0
      作曲・編曲:小室哲哉
    5. like a prayer
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap詞:MARC
      資生堂「AQUAIR水分ヘアパックシャンプー」CMソング
    6. とにかく無性に…
      作詞:KEIKO & MARC 作曲・編曲:小室哲哉
      資生堂「AQUAIR水分ヘアパックシャンプー」CMソング
    7. THE MAIN LORD
      作詞:MARC 作曲:小室哲哉 編曲:久保こーじ
    8. DON'T LOOK BACK
      作詞・作曲・編曲:小室哲哉 Rap詞:MARC
      日本テレビ系ドラマ「ストレートニュース」主題歌
    9. 楽園の嘘
      作詞:KEIKO 作曲:小室哲哉 編曲:葉山たけし
    10. another sad song
      作詞:MARC & KEIKO 作曲:小室哲哉 & 木根尚登 編曲:小室哲哉
    11. soft parade
      作詞:MARC 作曲:小室哲哉 & 木根尚登 編曲:葉山たけし
    12. on the way to YOU
      作詞:KEIKO 作曲:小室哲哉 編曲:久保こーじ ストリングスアレンジ:Randy Waldman

    出典[編集]

    1. ^ メディアファクトリー刊「ザッピィ」2001年3月号15Pより。
    2. ^ メディアファクトリー刊「新・電気じかけの予言者たち -新世紀篇-」木根尚登著より。
    3. ^ Album outernet / Single garden(globe outernet / gardenスペシャルコンテンツ)より。
    4. ^ リットーミュージック刊 『キーボード・マガジン』 2001年10・11月合併号23P-35Pより。
    5. ^ ソニー・マガジンズ刊『WHAT's IN?』2002年2月号Special Fireより。