P-MODEL (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
P-MODEL
P-MODELスタジオ・アルバム
リリース
録音 EGGS
Burnish Stone Studio
Key-stone Izu Studio
Sound Sky Studio
Den Music Studio
Sonata Club
Studio WIRESELF
ジャンル ロック
テクノポップ
レーベル ポリドール
プロデュース P-MODEL
P-MODEL アルバム 年表
ONE PATTERN
1986年
P-MODEL
1992年
big body
1993年
平沢進関連のアルバム 年表
Virtual Rabbit
1991年
P-MODEL
(1992年)
big body
(1993年)
テンプレートを表示

P-MODEL(ぴーもでる)は、日本の音楽グループであるP-MODELスタジオ・アルバム。1991年に再結成(解凍)された約6年振りのP-MODELのアルバムでもある。1992年2月26日にポリドールから発売された。

2004年に次作である「big body」とカップリングされた『ゴールデン☆ベスト P-Model/Big Body』が発売された。

2012年5月2日にタワーレコード限定で再発売された。

概要[編集]

POTPOURRI以降封印していたテクノポップを前面に押し出しており、凍結前よりサイバーパンクに近付けた世界観を展開している。VISTAやNO ROOMでは初期の手法も用いられ、ライブでは凍結以前には使用されなかったシーケンサーが多用されており、藤井ヤスチカがバスドラムのトリガーを用いて操作していた。

アルバム発売に先駆けて、1991年12月に行われたライブイベント「I3DAYS」で『SPEED TUBE』『2D OR NOT 2D』が演奏された。

収録曲[編集]

  1. SPEED TUBE
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:平沢進
    曲中の逆再生はSTONE AGE!の「散らばってく魔法のジュエリーマスプロデュース」「呼び合ってる血すじと結晶がラップトップ」
  2. 2D OR NOT 2D
    WOWOWとのタイアップ曲。
    1997年の「非局所性LIVE」を最後に長らく演奏されていなかったが、2018年、核P-MODELのライブ「回=回」東京公演2日目のオープニングナンバーとして演奏された。
  3. STONE AGE!
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:平沢進
  4. WIRE SELF
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:平沢進
    2010年には平沢ソロアルバム「突弦変異」でリメイクされる。
  5. CLEAR
    ボーカルは秋山が取っている。
  6. VISTA
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:平沢進
  7. GRID
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:平沢進
  8. LAB=01
    • 作詞・作曲:ことぶき光・平沢進/編曲:ことぶき光
    右チャンネルから平沢作詞、歌のLAB-0、左チャンネルからことぶき作詞、歌のLAB=1が同時に流れる。
    1994年には、ことぶき光withプノンペンモデルが「ルルル男」として替え歌カバーしている。
  9. ERROR OF UNIVERSE
    • 作詞:P-MODEL/作曲:平沢進/編曲:平沢進
  10. GO AMIGO
    • 作詞:平沢進・秋山勝彦 作曲:秋山勝彦/編曲:秋山勝彦
    現在はアコースティックギターによるアレンジで秋山のソロライブで歌われている。
  11. PSYCHOID
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:平沢進
  12. NO ROOM
    • 作詞・作曲:平沢進/編曲:平沢進
    シークレット・トラック。PSYCHOID終了後3分の空白を経て演奏が始まる。
    イントロ及び間奏は美術館で会った人だろ(同名のシングル及びアルバム『IN A MODEL ROOM』収録)のセルフオマージュ
    オリジナルではジャケットの裏に歌詞が書かれていたが、『ゴールデン☆ベスト』には書かれていない。
    ライブではアップテンポで演奏され、四番目の歌詞が追加されて歌われていた。

参加ミュージシャン[編集]