P. リーグ+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
P. LEAGUE+
今シーズン・大会:
現在進行のスポーツイベント 2020–21年P. リーグ+
創立2020年9月4日
代表ブラッキー・チェン
開始年2020–21
参加チーム4
台湾
公式サイトhttps://pleagueofficial.com

P. LEAGUE+(読み方:プラス・リーグ)、略称はPLG、台湾のプロバスケットボールリーグである、2020年9月4日創立、2020年12月19日開幕。

リーグ誕生のいきさつと歴史[編集]

台湾のタレントで、元バスケットボール選手だった、陳建州(ブラッキー・チェン)は2020年5月2日に新しいバスケットボールリーグを立ち上げたいと表明、7月8日に代表という肩書きとしてリーグ設立したと発表,同時に寶島夢想家、臺北富邦勇士、桃園璞園建築と新しく設立予定の新竹のチームが参加、SBL所属の高雄九太科技は4チームが組織されたことで参加を断念、新しいリーグは2000年、中華職籃が解散した以来となる台湾のプロリーグになり、7月21日にリーグ名称「P. LEAGUE+」を発表、PはPeople(台湾のバスケットボールファン)、Player(努力の選手たち)、Passion(バスケに対する情熱)、Professional(求めていた20年ぶりのプロバスケットボール)、そしてPlus(ファンのパッション「プラス」選手たちのプロフェッショナル)と、多重の意味をしている、リーグを運営する会社「台灣職業籃球發展股份有限公司」は9月4日に設立され、同日をP. LEAGUE+の創立日とされている、陳建州は会社の代表でリーグの執行委員長を務めるが、リーグの会長職は設けていない。

7月15日に桃園璞園建築はSBLとPLG両方ともに参加を表明、8月3日に新竹のチームが新竹攻城獅の名称が明らかになり、10月13日に桃園璞園建築が桃園領航猿としてPLGに参加が発表、11月11日にリーグが記者会見を行い、陳建州がリーグ規定や試合制度などを発表、スローガン「是時候了」も発表され、テレビ中継も決定し、12月19日にリーグ立ち上げた初めての試合を迎えた。

チーム[編集]

チーム 加盟年度 ホームタウン アリーナ マップ
臺北富邦勇士 2020 臺北市 台北和平バスケアリーナ
P. リーグ+の位置(台湾内)
桃園領航猿
桃園領航猿
臺北富邦勇士
臺北富邦勇士
福爾摩沙台新夢想家
福爾摩沙台新夢想家
新竹街口攻城獅
新竹街口攻城獅
桃園領航猿 桃園市 桃園市立体育館
新竹街口攻城獅 新竹県 新竹県体育館
福爾摩沙台新夢想家 彰化県 彰化県立体育館

大会方式[編集]

レギュラーシーズン[編集]

各クラブとも24試合のレギュラーシーズンを戦う、各対戦カードは8試合ずつ、ホーム・アウェイともに4試合ずつ、旧正月期間はリーグ戦中断。

プレーオフ[編集]

レギュラーシーズン2位と3位が対戦、プレーオフシリーズの勝者はレギュラーシーズンの1位と対戦し、優勝を争う。

チャンピオン[編集]

チーム チャンピオン数 年度
臺北富邦勇士 0
桃園領航猿 0
新竹街口攻城獅 0
福爾摩沙台新夢想家 0

アワード[編集]

シーズン MVP 最優秀シックスマン賞 最優秀ルーキー賞 最優秀ディフェンスプレーヤー賞 最成長選手賞 最優秀監督賞
2020–21