P209iS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
NTTドコモ デジタル・ムーバ P209iS HYPER
キャリア NTTドコモ
製造 松下通信工業
発売日 2000年8月10日
概要
音声通信方式 mova
800MHz
形状 折りたたみ式
サイズ 92 × 47 × 25 mm
質量 約84 g
連続通話時間 約135分
連続待受時間 約350時間
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 STN液晶
解像度
サイズ
表示色数 約256色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度
サイズ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
シェルピンク
ブラックパール
アロマティックパープル
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

デジタル・ムーバ P209iS HYPER(デジタル・ムーバ・ピー に まる きゅう アイ・エス ハイパー)は、松下通信工業(現: パナソニック モバイルコミュニケーションズ)製のNTTドコモ第二世代携帯電話(mova)端末である。

概要[編集]

P209iをベースにした、松下としては初めての折りたたみ式携帯電話端末。また、携帯電話で初めて背面にプライベートウィンドウと称するサブ液晶を採用した機種である。腰部に屈伸式のアンテナを設けている。形状は貝殻を模したデザインとなり、その特徴はその後出たP503iSに引き継がれている。BOSSコーヒーのノベリティとしてボス電2仕様も存在する。この端末と松下通信工業がPシリーズとして登場させたFOMA初のP2101Vは、直接の後身ではないが、非常によく似たデザインとなっている。

歴史[編集]

関連項目[編集]