P504i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ mova P504i
キャリア NTTドコモ
製造 松下通信工業
発売日 2002年6月5日
概要
音声通信方式 mova
800MHz
形状 折りたたみ式
サイズ 100 × 50 × 16.8 mm
質量 約99 g
連続通話時間 約105分
連続待受時間 約490時間
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 132×176ドット
サイズ 2.1インチ
表示色数 約65536色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度
サイズ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
なし
サブカメラ
なし
カラーバリエーション
グレイスシルバー
オニキスブラック
シルキーピンク
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

mova P504i(ムーバ・ピー ごー まる よん アイ)は、松下通信工業(現パナソニック モバイルコミュニケーションズ)製のNTTドコモ第二世代携帯電話(mova)端末である。

概要[編集]

従来の3倍の通信速度28.8kbpsとなったP503iSと比べて大幅に薄型化。 16.8mmの厚さは、当時としては驚異的な薄さで注目を浴びた。 液晶には、NTTドコモ向けの松下の端末としては初のTFT液晶が採用された。 iアプリの保存件数は、最大200件になり着メロは32和音に対応。 文字変換も予測変換に対応するなど改良された。 イヤホンマイク端子は専用の平型のものになった。 また、ワンプッシュオープンが携帯電話としては初めて搭載された機種でもある(PHSでは2001年、KX-HV200に搭載されている)。

歴史[編集]

関連項目[編集]