PAGE TWO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PAGE TWO
TWICEEP
リリース
ジャンル K-POPダンス・ポップ
時間
レーベル JYPエンターテインメントKTミュージック
TWICE 年表
THE STORY BEGINS
(2015年)
PAGE TWO
(2016年)
TWICEcoaster : LANE 1
(2016年)
テンプレートを表示

PAGE TWO(ページツー)は、韓国のガールズグループTWICEの2枚目のミニ・アルバムである。本アルバムは2016年4月25日にJYPエンターテインメントによってリリースされ、KTミュージックから発売された。リードシングルは、前作THE STORY BEGINSのリードシングル「Like OOH-AHH」をプロデュースしたBlack Eyed Pilseung英語版による「CHEER UP」。このアルバムは、2016年のK-POPのガールズグループにおいて初週の売り上げが最も多いアルバムとなった。

背景とリリース[編集]

2016年4月11日、JYPエンターテインメントはグループのFacebookSNSを通じて本アルバムのリリースを発表した[1]。アルバムは4月25日にCD形式およびデジタル配信によってリリースされ[2][3]、CDはピンクとミントの2バージョンのほか、30000枚限定の初回限定版としてメンバーの1人であるチェヨンによってデザインされたスリーブ付きのものが発売された[4]

構成[編集]

このアルバムのリードシングルである「CHEER UP」は、前作のTWICEのデビューアルバム「THE STORY BEGINS」のリードシングル「Like OOH-AHH」の作曲も手掛けたブラック・アイド・ ピルスン英語版によって作曲された。「CHEER UP」はヒップホップ・ミュージックトロピカルハウスドラムンベースなどの様々なジャンルの要素を取り入れた曲であり、この曲は「カラーポップ」のジャンルと呼ばれていた[5]。セカンドトラックの「Precious Love」は、パク・ジニョンが作詞した1998年のシングルのリメイク版となっている。この曲は電子楽器とヒップホップのリズムによってハウスのようなスタイルにアレンジされ、またメンバーのチェヨンによる新たなラップが加えられている。

その他の楽曲については、「Touchdown」は「ダイナミックなリズムとメロディーを持つ力強いダンスのナンバー」と評されており、「Tuk Tok」はソウルトラップの要素を持つダンスポップである[3]。「Woohoo」は「Groovy」なビートのヒップホップ・ソングとして作られている他、「My Headphones On」は少女の恋人との別れを歌ったポップ・バラードとなっている[6]。7曲目の楽曲である「I'm gonna be a star」はSixteenのテーマソングであり、この曲は同アルバムのCD版でのみ聴くことができる[7]

プロモーション[編集]

2016年4月25日に、TWICEは韓国広津区のYES24 LIVE HALLにて同アルバムのショーケースを開催した[8]。Naver V Liveでライブ中継されたショーケースでは、収録曲である「Woohoo」「Touchdown」「Precious Love」「CHEER UP」の4曲を初めて公演した[9][10][11]。また様々な音楽番組に出演し、4月28日にはリリース後初めての音楽番組への出演となったM COUNTDOWNで「CHEER UP」「Touchdown」を披露した[12]。「Cheer up」の振り付けにおいてのサナの「シャシャシャ」ポーズ[13]インターネット・ミームとして認識されるようになり[14]、それに伴って振り付けも少し変化が加えられるようになった[15][16]。翌週にはM COUNTDOWNで初めて1位を獲得[17]し、またミュージックバンクSBS人気歌謡ともに1位を獲得[18][19]。5月27日には再びSBS人気歌謡に出演し、合計で11もの音楽賞を受賞した[20][21]

評価[編集]

韓国中央日報のKim Hyang-minは、このアルバムの収録曲について「元気が良く明るい」「爽やかで軽妙」と称賛したが、一方で収録曲全体のジャンルのバラエティーに乏しかった点については不満を述べた。また個々のトラックについては、リードシングルの「CHEER UP」については曲調が反復的ではあるものの、トラックの歌詞のテンションがヒップホップとエレクトロなBGMによって存分に表現されていた点、「Touchdown」についてはそのパワフルな音楽とエネルギッシュな感触を、それぞれ称賛した[22]

ビルボードのTamar Hermanは「CHEER UP」について、予期せぬビートとジャンルのミックスによってTWICEのユニークなスタイルが凝縮された、韓国のガールズグループでも異色の楽曲であると評した。さらに彼女はこの曲に付随するミュージック・ビデオについて、各メンバーのそれぞれのパートを通して、メンバー達それぞれの個性がよく表れていたと称賛した[23]

売り上げ[編集]

PAGE TWOは2016年4月にはガオンアルバムチャートで2位、ビルボードワールドアルバムチャート英語版で6位となり、80,686のアルバムが販売された[24][25][26]。これによりPAGE TWOは2016年の韓国のガールズグループのうち、初週の売り上げが最も多いアルバムとなった[27]。JYPの代表者によると、30,000枚の限定版アルバムの予約注文は公式リリース前に終了された[28][29]。2016年9月1日までに、同アルバムは15万枚以上の売り上げを記録した[30]

収録曲[編集]

Page Two - Digital EP[2]
#タイトル作詞作曲アレンジ時間
1.CHEER UPSam LewisBlack Eyed Pilseung英語版Rado
2.소중한 사랑(Precious Love)
  • Park Jin-young
  • J. Y. Park "The Asiansoul"
  • Chaeyoung
J. Y. Park "The Asiansoul"Hong Ji-sang
3.「Touchdown」Mafly
  • Krissie Karlsson
  • Karl Karlsson
  • Nicki Karlsson
  • EJ Show (Zoobeater Sound)
  • The Karlsson's
  • EJ Show
4.툭하면 톡(Tuk Tok)Kim Min-ji (Jam Factory)
  • Dsign Music
  • Choi Jin-suk
  • Ronald "AV" Ndlovu
  • Emmanuel Jimenez
  • Courtney Jenaé
  • Courtney Woolsey
  • Stacy Hebert
Choi
5.「Woohoo」
  • Glory Face
  • Jinri
Glory FaceGlory Face
6.Headphone 써(My Headphones on)Kim Eun-soo
  • Didrik Thott
  • Niclas Kings
  • Ylva Dimberg
Kings
合計時間:
CDのみ盤
#タイトル作詞作曲アレンジ時間
7.「I’m gonna be a star」
  • Park
  • Olltii
  • Park
  • Frants
  • The Vanderveers (Ebony Rae Vanderveer and Bruce "Automatic" Vanderveer)
  • Park
  • Frants
合計時間:

チャート[編集]

受賞歴・ノミネート歴[編集]

アワード 曲名 カテゴリ 結果
2016年 Mnet Asian Music Awards PAGE TWO 今年のアルバム賞 ノミネート
CHEER UP Hotels Combined最優秀楽曲賞 受賞
2017年 第6回ガオンチャートミュージックアワード PAGE TWO アルバムオブザイヤー – 第2四半期 ノミネート

リリース歴[編集]

地域 日付 規格 販売
韓国、全世界 2016年4月25日 デジタル配信[35][4] JYPエンターテインメントKTミュージック
韓国 CD[36]
タイ 2016年9月30日
(タイ版)
CD, DVD[31] JYPエンターテインメント、BEC-TERO英語版
日本 2017年2月24日 デジタル配信[37] ワーナーミュージックジャパン

脚注[編集]

  1. ^ TWICE returns with new album”. THE KOREA TIMES.2017年7月4日閲覧
  2. ^ a b PAGE TWO – EP by TWICE on iTunes”. iTunes. 2015年5月1日閲覧。
  3. ^ a b Page Two” (朝鮮語). MelOn. 2018年2月7日閲覧。
  4. ^ a b PAGE TWO - EP”. Apple Inc..2017年7月4日閲覧
  5. ^ Yi, Hajin Lily (2016年4月21日). “Kpop Spotlight Get Ready for TWICE's Comeback on April 25th”. Korea Daily. 2018年2月7日閲覧。
  6. ^ Kim Dong-Joo (2016年4月24日). “TWICE releases a preview of the seven tracks of their new album”. StarN News. 2018年2月7日閲覧。
  7. ^ Kim Soo-hyang (2016年4月24日). “[V Report Plus Twice drops highlights of new album 'Page Two']”. コリア・ヘラルド. 2018年2月7日閲覧。
  8. ^ Bae Jung Yun (2016年4月25日). “TWICE's 'PAGE TWO' Showcase Was Held”. BNT News. 2018年2月7日閲覧。
  9. ^ Chung Joo-won (2016年4月25日). “TWICE wishes successful second album to bring third within 2016”. 聯合ニュース. 2018年2月7日閲覧。
  10. ^ Kim JiYeon (2016年4月25日). “Twice Sweeps Music Charts on First Day”. enewsWorld. CJ E&M. 2018年2月7日閲覧。
  11. ^ Replay TWICE 'Cheer up' COMEBACK SHOWCASE”. ネイバー (2016年4月26日). 2018年2月7日閲覧。
  12. ^ TWICE to Make First Comeback Stage on 'M Countdown'”. BNT News.2017年7月4日閲覧
  13. ^ TWICEのシャシャシャ熱風 "サナが発音できなかったおかげで" - Korepo 2018年2月7日閲覧
  14. ^ 日本人が生み出した、韓国で大流行の「シャシャシャ」 - All About NEWS 2018年2月7日閲覧
  15. ^ Jang Yoon-jung (2016年4月28日). “"기다려라 트와이스가 간다" 'CHEER UP' 방송 첫 무대…사나 '샤샤샤' 포인트 안무도 공개” (朝鮮語). Aju News. 2018年2月7日閲覧。
  16. ^ Herman, Tamar (2016年6月2日). “K-Pop Rookie Groups Return for Summer”. ビルボード. 2018年2月7日閲覧。
  17. ^ Yoon Joon-pil (2016年5月5日). “‘엠카운트다운’ 트와이스, 1위 수상 "‘식스틴’ 첫 방송 1주년…1위 주셔서 감사"” (朝鮮語). TenAsia. 2016年5月5日閲覧。
  18. ^ Lee Yoon-min (2016年5月8日). “트와이스, '인기가요' 1위 '공중파 음악 방송 석권'” (朝鮮語). TV Daily. 2018年2月7日閲覧。
  19. ^ Lee You-sun (2016年5月9日). “TWICE wins #1 on "Inkigayo"”. Korean Wave. 2018年2月7日閲覧。
  20. ^ TWICE retrieves No. 1 spot as broadcaster acknowledges data error”. 聯合ニュース (2016年5月30日). 2018年2月7日閲覧。
  21. ^ Kim Ji-young (2016年5月30日). “‘Music Bank’ apologizes for mistaking AOA over Twice as winner”. コリア・ヘラルド. 2018年2月7日閲覧。
  22. ^ Kim Hyang-min (2016年4月26日). “New Release TWICE”. 中央日報. 2018年2月7日閲覧。
  23. ^ Herman, Tamar (2016年4月27日). “TWICE Follows Taiwanese Flag Controversy With Spunky 'Cheer Up' Video”. ビルボード. 2018年2月7日閲覧。
  24. ^ 2016년 18주차 Album Chart” (朝鮮語). ガオンチャート (2016年5月5日). 2018年2月7日閲覧。
  25. ^ World Music: Top World Albums Chart”. ビルボード. 2018年2月7日閲覧。
  26. ^ April 2016 Album Chart” (朝鮮語). ガオンチャート. 2018年2月7日閲覧。
  27. ^ Kim Dong-Joo (2016年5月2日). “TWICE spends the first week of comeback with a blast”. StarN News. 2018年2月7日閲覧。
  28. ^ Hwang Hye-jin (2016年4月12日). “트와이스 트랙리스트 공개, 타이틀곡 'CHEER UP'부터 박지윤 리메이크곡까지” (朝鮮語). Newsen. 2018年2月7日閲覧。
  29. ^ Jeong Jun-hwa (2016年4月15日). “[뮤직톡톡JYP 측 "트와이스 앨범 품귀..모두가 놀랐다"]”. OSEN. 2018年2月7日閲覧。
  30. ^ Gaon Album Chart, August 2016”. Gaon Music Chart. Korea Music Content Industry Association. 2018年2月7日閲覧。
  31. ^ a b รายละเอียดอัลบั้ม TWICE - PAGE TWO THAILAND EDITION” (thai). BEC-Tero Music. BEC-Tero Entertainment Co.,Ltd. 2018年2月7日閲覧。
  32. ^ オリコン週間 CDアルバムランキング 2016年05月02日~2016年05月08日 11~20位” (日本語). Oricon Style. 2017年7月4日閲覧。
  33. ^ 2016년 18주차 Album Chart” (朝鮮語). Gaon Music Chart. 2017年7月4日閲覧。
  34. ^ 2016년 Album Chart” (朝鮮語). Gaon Chart. Korea Music Content Industry Association. 2017年7月4日閲覧。
  35. ^ PAGE TWO” (朝鮮語). Naver Music. ネイバー. 2017年7月4日閲覧。
  36. ^ 트와이스(2, Twice) - Page Two: 미니앨범 2집” (朝鮮語). Hanteo. 2017年7月4日閲覧。
  37. ^ 日本独自の配信アイテム「WHAT’S TWICE?」、その他韓国でリリースされたミニアルバムを本日より配信開始!”. TWICE OFFICIAL SITE.2017年7月4日閲覧