PARCO劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PARCO劇場(二代目)
PARCO Theater
PARCO劇場がある渋谷PARCO
情報
正式名称 PARCO劇場
完成 2019年11月
開館 2020年1月24日
開館公演志の輔らくご ~PARCO劇場こけら落とし~」
客席数 636
用途 コンサート、演劇
運営 株式会社パルコ
所在地 150-0042
東京都渋谷区宇田川町15-1
渋谷パルコ 8階
位置 北緯35度39分43.5秒 東経139度41分56.4秒 / 北緯35.662083度 東経139.699000度 / 35.662083; 139.699000座標: 北緯35度39分43.5秒 東経139度41分56.4秒 / 北緯35.662083度 東経139.699000度 / 35.662083; 139.699000
アクセス 渋谷駅から徒歩5分
外部リンク http://www.parco-play.com/web/parcotheater/
テンプレートを表示
PARCO劇場(初代)
PARCO Theater
PARCO劇場がある渋谷PARCO PART1
情報
正式名称 PARCO劇場
旧名称 西武劇場、PARCO西武劇場
開館 1973年5月23日
開館公演 『MUSIC TODAY〜今日の音楽〜』
閉館 2016年8月7日
最終公演ラヴ・レターズ
客席数 458
用途 コンサート、演劇
運営 株式会社パルコ
所在地 150-0042
東京都渋谷区宇田川町15-1
渋谷パルコ PART1 9階
テンプレートを表示

PARCO劇場(パルコげきじょう、英語PARCO Theater)は、東京都渋谷区宇田川町渋谷パルコ8階にある劇場

沿革[編集]

1973年5月23日に「西武劇場」として開場。オープニング記念公演は武満徹企画・構成の5日間にわたる「MUSIC TODAY 今日の音楽」。ピアニストピーター・ゼルキン高橋悠治らが出演した[1]。また1974年から1988年まで連年上演された細川俊之木の実ナナの主演によるミュージカル『ショーガール』は、当時の若者に強く支持され、パルコの支持者増加につながった[2]

1985年に現名称に改称。初代劇場は客席数458席と小規模ホールながら、三谷幸喜作品など、演劇を中心に人気作・話題作を数多く上演していた。2006年3月26日から同6月25日まで、アスベスト除去工事のため一時休館した。

渋谷パルコの建て替えに伴い、2016年8月7日を以て一時休館。最終公演は『ラヴ・レターズ』(8月1日 - 8月7日)[3]

2020年1月24日に再オープンした[4]。新劇場は7~9階(エントランスは8階)に位置し、旧劇場の約1.5倍となる636席に規模を拡張した。従来どおり、劇場監督は置かず年間公演をパルコが100%自主プロデュースする[5]

こけら落とし公演は立川志の輔による『志の輔らくご ~PARCO劇場こけら落とし~』。公演冒頭では、志の輔が三番叟(さんばそう)を舞ったのちに落語に入った[5]

交通[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)、東急電鉄東横線田園都市線京王井の頭線東京地下鉄半蔵門線銀座線副都心線渋谷駅下車。ハチ公口から徒歩で約5分。

脚注[編集]

  1. ^ 公演情報
  2. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.199 - 200
  3. ^ “パルコ劇場 43年の歴史にいったん幕…渡辺謙&南果歩で有終の美”. スポーツニッポン. (2016年8月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/08/07/kiji/K20160807013109570.html 2016年8月7日閲覧。 
  4. ^ PARCO劇場こけら落とし! PARCO STAGE -パルコステージ-”. PARCO劇場. 2020年2月14日閲覧。
  5. ^ a b “パルコ劇場、渋谷に再オープンへ オープニングシリーズ出演者らそろい踏み”. シブヤ経済新聞. (2020年1月16日). https://www.shibukei.com/headline/14762/ 2020年5月31日閲覧。 

参考文献[編集]