PBM作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PBM作戦(PBMさくせん)は、日本の新左翼共産主義者同盟赤軍派が計画し、1971年に実施した作戦。「P作戦」「B作戦」「M作戦」の総称である。

分類[編集]

P作戦(ペガサス作戦)[編集]

要人を人質にして獄中の塩見孝也を奪還。その後毛沢東統治下の中国亡命し、そこを革命の根拠地にする計画。実現せずに計画のみで終わった。

B作戦(ブロンコ作戦)[編集]

アメリカ日本政治の中枢を占拠する同時多発テロ計画。実現せずに計画のみで終わった。

M作戦(マフィア作戦)[編集]

金融機関強盗によって革命資金を調達する計画。1971年2月22日から1971年7月23日にかけて7回行われた。

1971年3月に赤軍派の実行部隊指揮官として城崎勉松田久らが逮捕されていき、同年3月30日に森恒夫坂東国男ら6人の赤軍派幹部が銀行強盗に関与した罪で指名手配された。

最後の松江相銀米子支店強奪事件(1971年7月23日発生)で赤軍派第2部隊が追跡され逮捕された。その後、赤軍派が京浜安保共闘と合同し連合赤軍になるも、連合赤軍幹部が逮捕されると、約90%が回収された。

M作戦
年月日 襲撃された金融機関等 所在地 強奪金額
1971年2月22日 市原辰巳台郵便局[1] 千葉県市原市 71万8678円
1971年2月27日 茂原高師郵便局 千葉県茂原市 9万4900円
1971年3月4日 船橋夏見郵便局 千葉県船橋市 1万5350円
1971年3月5日 横浜銀行相模大野支店相武台出張所[2] 神奈川県相模原市南区相武台団地2丁目3 150万9000円
1971年3月22日 振興相互銀行黒松支店[3] 宮城県泉市 115万9200円
1971年5月15日 横浜市立南吉田小学校[4] 神奈川県横浜市南区高根町2丁目 321万6539円
1971年6月24日 横浜銀行妙蓮寺支店 神奈川県横浜市港北区 約45万円
1971年7月23日 松江相互銀行米子支店[5] 鳥取県米子市 605万1600円

その他[編集]

警察は当初PBM作戦を、P作戦(パーソン作戦)・B作戦(ベース作戦)・M作戦(マネー作戦)と読んでいた[6]

脚注[編集]

  1. ^ 現在の市原辰巳台西郵便局。
  2. ^ 横浜銀行相武台北支店に変更後、座間支店内に移転。
  3. ^ 現在の仙台銀行黒松支店。
  4. ^ 学校前の路上で事務職員がバッグに入れていた教員らの給料を強奪した
  5. ^ 現在の島根銀行米子支店。
  6. ^ 佐々淳行「連合赤軍「あさま山荘」事件」(文春文庫)64-65頁

参考文献[編集]

  • 『過激派事件簿40年史』立花書房、2001年
  • 植垣康博『兵士たちの連合赤軍』彩流社 ISBN 4-88202-699-6 2001年(新装版)

関連項目[編集]