PCエンジンシャトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
PCエンジンシャトル
PC Engine Shuttle.jpg
PCエンジンシャトル
メーカー NECホームエレクトロニクス
種別 据置型ゲーム機
世代 第4世代
発売日 日本の旗 1989年11月22日
CPU MOS 65C02
GPU HuC62
対応メディア HuCARD
対応ストレージ バッテリーバックアップ
コントローラ入力 ケーブル
外部接続 専用バックアップユニット
オンラインサービス 非対応
互換ハードウェア PCエンジン
次世代ハードウェア PC-FX
テンプレートを表示

PCエンジンシャトル (PC Engine Shuttle) とは、1989年11月22日日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)より発売された家庭用ゲーム機PCエンジンの一種。当時のメーカー希望小売価格は18,800円。

概要[編集]

低年齢層を狙った廉価版として発売された。宇宙船イメージした流線型のデザインが特徴的。当初、CD-ROM2等と接続する拡張バスを省略して価格を抑える事をコンセプトとした。広告や付属の小冊子にはドラえもんがイメージキャラクターとして起用された。スーパーグラフィックスほどではないが本体は大型化し横幅は初代PCエンジンの対角線より大きい。

廉価版とはいえ、当時の店頭では旧機種の販売価格が同等まで下がっており、拡張性の無さが嫌われ、あまり売れなかった。廉価なセーブユニットとして普及した天の声2が使用できず、高価な純正品しか選択肢がない事も廉価版としての商品価値を低下させた。PCエンジンの市場がCD-ROM2に移行するとこれを接続できないシャトルの存在は省みられなくなり、NECは機能削減のない廉価商品としてコアグラフィックスIIを発売した。

パッド(コントローラー)は、当時としてはまだ珍しい、エルゴノミクス構造となっており[要出典]、全PCエンジンシリーズの標準パッドとして唯一の採用である。

拡張バスの代わりにバックアップ用の専用端子が背面に備えられていたが、実際には開発・製造コストとの兼ね合いからコアグラフィックスの回路設計をそのまま流用しており、バスの仕様上は同一[要出典]だった。

周辺機器[編集]

型番 名称 発売日 備考
PI-PD05 ターボパッドII 1989年
11月22日
PCエンジンシャトル付属のターボパッド。独自の形状を持つが性能は通常のターボパッドと変わらない。
PI-AD9 シャトル専用
バックアップユニット
シャトルは拡張バスが削除されたことから通常のバックアップブースターが使用出来なかったため、専用端子を使うユニットが発売された。