PCエンジンスーパーグラフィックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
PCエンジンスーパーグラフィックス
SuperGrafx-Console-Set.png
PCエンジンスーパーグラフィックス
メーカー NECホームエレクトロニクス
種別 据置型ゲーム機
世代 第4世代
発売日 日本の旗 1989年11月30日[1]
フランスの旗 1990年5月
CPU HuC6280MOS 6502ベース)
GPU HuC6260 + HuC6270
対応メディア HuCARD
アーケードカード
CD-ROM2
SUPER CD-ROM2
対応ストレージ バッテリーバックアップ
コントローラ入力 ケーブル
外部接続 パワーコンソール(未発売)
互換ハードウェア PCエンジン
次世代ハードウェア PC-FX
テンプレートを表示

PCエンジンスーパーグラフィックス (PC Engine SuperGrafx) とは、1989年12月8日日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)より発売された家庭用ゲーム機PCエンジン上位互換機。当時のメーカー希望小売価格は39,800円。

欧米市場ではSuperGrafx(スーパーグラフィックス)の商品名で発売された。

概要[編集]

1989年の年末商戦前のPCエンジンの販売戦略リニューアルの際に発表された。高スペックを売りにしており、PCエンジンと比較してスプライト及びバックグラウンドの表示が2倍、それに合わせて搭載メモリ容量を増量している。本体は自動車エンジンイメージした様な形状でサイズは従来機の3倍以上になる。しかし発売された専用ソフトが5本に両対応ソフトが1本と少数に留まり、この機種に応じた市場を形成することはできなかった。結果としてこの路線はその後のPCエンジンには反映されなかった。

仕様[編集]

PCエンジンに使用されていたグラフィックチップHuC6270を2個搭載する事により、スプライトバックグラウンドの仕様を2倍に強化したマシンである。搭載メモリの容量も増量され、アナログコントローラ用の18ピンパラレル端子を備えていた。独立した2つのビデオチップから出力される2系統のビデオデータ信号を1つに合成しモニターへ出力する方式がとられている都合上、ゲームのアルゴリズム制御と画面描画を統一的に管理しにくく、各々のチップそのものの制約はそのまま受けるなどプログラミングが煩雑で扱いにくいマシンとなっていた。従来機種と上位互換性があるためPCエンジン用ソフトウェアはそのまま使用できたが、ハードウェアの拡張部分とコーディングの都合により一部のソフト[2]、では後部の切り替えスイッチによる従来のPCエンジンモードでの起動が必要となった。なお、PCエンジンのグラフィックチップを2個搭載しグラフィック性能を強化するという構成は、後継機であるPC-FXでも採用されている。

基本スペック

CPUおよび音源などのスペックはPCエンジンと同一の物であるため詳細は『PCエンジン』を参照。ここでは概要の記載のみに留める。

  • CPU:HuC6280(クロック:7.16MHz 音源内蔵)
  • 音源:波形メモリ6音~波形メモリ4音+ノイズ2音
  • メモリ:メインRAM32KB/VRAM128KB
  • 同時発色数:最大512色
  • スプライト:一画面中に最大128個、横方向へ16×16のサイズを最大32個表示可能
  • BG(背景):2画面
  • HuC6202:2個のビデオチップから送られてくるビデオデータ信号を1つに合成して出力

専用・両対応ソフト一覧[編集]

専用ソフトはスーパーグラフィックスでのみプレイが可能。両対応ソフトは通常のPCエンジンでもプレイ可能だが、スーパーグラフィックスで起動した場合はスプライトの横並びのチラつきが軽減されるなどの恩恵があった。両対応ソフトは起動の際にソフト側でハードを認識し、PCエンジンでの起動の際はビデオチップ1個、スーパーグラフィックスでの起動時にはビデオチップ2個を使用するという方式だった。

2020年3月19日コナミデジタルエンタテインメントからリリースされる復刻系テレビゲーム機・PCエンジン miniは、外見こそは初代PCエンジンを模しているが、プリインストールされるゲームソフト群の一つとして、スーパーグラフィックス専用ソフトである2作品『大魔界村』と『オルディネス』が収録予定と発表されている[3]

専用ソフト[編集]

スーパーグラフィックスの発表時には、NECアベニューより「ストライダー飛竜」も専用ソフトとしてのリリースがラインナップされていたが、製作過程での仕様変更により専用ソフトとして発売はされなかった。

両対応ソフト[編集]

  • ダライアスプラス 1990年09月21日、NECアベニュー
  • ダライアスアルファ(プレゼント用非売品) 1990年、NECアベニュー
その他にもNECアベニューより「ストライダー飛竜」(SUPER CD-ROM2アーケードCD-ROM2に移行)や「フォゴットンワールド」(CD-ROM2へ移行)など、いくつかの両対応ソフトのリリースがアナウンスされていたが、製作過程での仕様変更により実現はされなかった。

周辺機器[編集]

型番 名称 発売日 備考
PAD-113 ACアダプタ 市販はされず、修理のみ対応。後に同人ハードとして同等品を購入できるようになった[4]
PI-PD002
PI-PD06
PI-PD8
ターボパッド 1987年10月30日 連射機能を搭載したPCエンジン用のコントローラ。
PI-PD003 マルチタップ パッドを5つまで接続できる純正機器。本体のみではパッドを1つしか接続できなかった弱点が逆に普及を促し、ファミコン以上に多人数同時プレイソフトを登場させることとなった。2人用や4人用のサードパーティ製のものもあった。
PI-PD5 ターボパッドII 1989年11月22日 PCエンジンシャトルの形状に合わせたターボパッド。
PI-AN2 AVケーブル テレビに接続する、映像/音声一体型のケーブル。本体に同梱。
PI-AN3 RFユニット コンポジット映像信号出力のマシンに使用し、RF信号を出力するための機器。
PI-AD8 バックアップブースターII 1989年12月8日 バックアップ用電源がキャパシタ(コンデンサ)に変更され、本体使用中に充電されるようになった。同時発売のコアグラフィックスでの使用が前提でAVブースター機能を削除し価格も下げられた。
CDR-30 CD-ROM2 1988年12月4日 PCエンジンのCD-ROMドライブ。
IFU-30 インターフェースユニット CD-ROM2本体を構成するハードの内の一つ。
PCエンジンとCD-ROMドライブを繋ぐために使用され、AV出力端子およびCD-ROM2ソフトのセーブデータを保有する機能(容量は2KB、電源はコンデンサ)を持つ。
PAD-123 ACアダプタ CD-ROM2用ACアダプタ
システムカード ver 1.0 タイトル画面でI+II+右上+SELECT押下でバイナリエディタが立ち上がり、バックアップメモリを直接編集できる。
システムカード ver 2.0 エディタによるデバッグ機能は削除され、CD-G機能が追加されている。
RAU-30 ROM2アダプター 1990年4月8日 PCエンジンスーパーグラフィックスをCD-ROM2と接続する際に必須になるアダプタ[5]
システムカード ver 2.1 1990年7月6日 スーパーシステムカード以降の物を除けば唯一別売りされたシステムカード。
NAPD-1001 アベニューパッド3 1991年1月31日 配色をスーパーグラフィックスに合わせた3ボタンコントローラ[6]
PI-CD1 SUPER CD-ROM2 1991年12月13日 上位規格のCD-ROM2システム。
PAD-125 ACアダプタ SUPER CD-ROM2用のACアダプタ。
PI-SC1 スーパーシステムカード ver 3.0 1991年10月26日 CD-ROM2専用。HuCARDスロットに挿入することでSUPER CD-ROM2へアップグレードされる。SUPER CD-ROM2システム対応のソフトを遊ぶためには必須となる。
PI-PD11 コードレスマルチタップセット 1992年12月18日 PCエンジンDuoに合わせたデザインの純正品。パット信号を赤外線で伝達することでコントローラのコードレス化を実現。コードレスマルチタップ自体はPCエンジン本体のパッド端子に接続する。コードレスパットを5本揃えれば5人同時プレイ可能である。受信可能距離は約3mまで。
PI-PD12 コードレスパッド コードレスマルチタップ用のパッド。単四乾電池4本必要。
PI-AD19 メモリーベース128 1993年3月 パッド端子に接続して使用するセーブ用外部メモリ。後期ソフトのセーブデータの肥大化に対応し容量は128KBと非常に大きいが、対応ソフト以外は使用不可能。コーエー発売の同機能の周辺機器「セーブくん」もある(『信長の野望・武将風雲録』・『三國志III』などの一部に同梱)。
対応ソフトのうち、『エメラルドドラゴン』・『リンダキューブ』・『プライベート・アイ・ドル』・『ぽっぷるメイル』の4本には本体のバックアップメモリとの間でセーブデータをコピーするなどの操作が出来る管理ユーティリティを内蔵。『エメラルドドラゴン』・『リンダキューブ』は共通のツールでデータの互換性があるが、『プライベート・アイ・ドル』と『ぽっぷるメイル』は両者との互換性はない。
NAPD-1002 アベニューパッド6 1993年5月28日 6ボタンパッド。ストリートファイターIIの移植に対応する形で登場。
PCE-AC2 アーケードカードPRO 1994年3月12日 CD-ROM2専用のアーケードカード。DRAMが内蔵されていること以外はスーパーシステムカードと同機能であり、スーパーシステムカードと同様に下部にT字状の補強カバーがある。
PCE-AC1 アーケードカードDUO PCエンジンDuo系の機種やSUPER CD-ROM2用のアーケードカード。
PCE-TP1 アーケードパッド6 1994年6月25日 6ボタンパッド。
  • パワーコンソール(未発売)
スーパーグラフィックスの発表時には、本体に覆いかぶせて収納するという、専用の大型アナログジョイスティック「パワーコンソール」の発売も同時発表された。しかし、設定された予定小売価格は59,800円と、当時のゲーム市場の規模から見てもあまりにも無謀すぎる価格設定であり、プレイを記録するマクロ機能、ゲームと連動するインジケーター、ジョグダイヤル、テンキーなど、無駄とも思えるほどの様々な機能を満載していた。結局この価格設定や内部の駆動系の強度に問題があったことなどから、パワーコンソールの商品化は見送られ発売はされなかった。後に試作品が、コミックマーケットの企業ブースでオークションとして売りに出された。

他機器との接続[編集]

ジョイパッド周辺機器に関しては、基本的に従来機であるPCエンジンと同じ物が使用できる。ただしCD-ROM2の利用において注意するべき点が存在する。

  • CD-ROM2に接続する場合には、形状の問題から専用の接続アダプタが必要。
  • SUPER CD-ROM2に接続する場合には、電源供給ケーブルが非対応のため双方のACアダプタが必要。後にこの問題を解消する同人ハードウェアが発売[7]

脚注[編集]

[脚注の使い方]