PC-FXGA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
PC-FXGA
PC-FXGA(C-BUS) 01.jpg
PC-FXGA(PC-9800シリーズCバスタイプ)
メーカー NECホームエレクトロニクス
種別 パソコン拡張ボード
世代 第5世代
CPU V810 21.475MHz
GPU HuC6270
ディスプレイ S端子またはコンポジットビデオ
コントローラ入力 有線接続(FX-PAD×2)
互換ハード PC-FX
テンプレートを表示

PC-FXGA(ピーシーエフエックスジーエー)は、日本電気ホームエレクトロニクス(NECホームエレクトロニクス)より発売されたPC-FX互換のパソコン拡張ボード。GAはゲームアクセラレータ (Game Accelerator) の意。

別売の開発環境(GMAKERスタータキット)により、ユーザーがプログラムを自作することも可能だった。

概要[編集]

1995年12月8日に「ゲームアクセラレータボード PC-FXGA」の商品名でPC-98Cバス)用が発売され、後にPC/AT互換機(フルサイズISAバス)用も発売された。先に98CanBe専用に発売されたPC-FXボードとは別物である。Cバス用は98CanBe以外のPC-9821シリーズでも動作する(PC-FXボードも98CanBe以外で動作可能)。標準価格は46,000円(税別)だったが、後に秋葉原などで投売りされていた。

パソコンのCD-ROMドライブを使用してPC-FX用ゲームソフトがプレイできる。MS-DOSから専用ソフトを起動することで、CD-ROMドライブを占有して動作する。PC-FXGAの動作中は基本的にPCの操作はできない(ユーザー開発ソフトを用いた場合、Windows 9x環境では操作可になる場合もある)。ゲーム画面の表示出力はS端子またはコンポジットビデオ

ゲームのセーブデータはパソコンのディスクメディアフロッピーディスクまたはハードディスク)にファイルで保存される。PC-FX用のPC-FX バックアップメモリパック (FX-BMP) は使用できないため、PC-FXとの間でセーブデータを交換することはできない。

PC-FX・PC-FXボードにはない3DCG表示用チップ・HuC6273が搭載され、自作プログラムから利用することができる。

PC-FXGA専用CD-ROM(「SAMEGAME FX」収録)とアマチュア提供CD-ROM(3DCGアニメ作成ソフト「DOGAGINIE」などを収録)が付属する。

消費電力が10Wと大きいため、Cバス用は他の拡張スロットに拡張カードを挿していると本体の動作に影響が出ることがある。取扱説明書には電源容量確保のため拡張スロットを2スロット使用する旨が記載されており、本製品を装着するスロット以外に1スロットを空ける必要がある。ただしPC-9821CbPC-9821Cb2などの対応機種であれば、Cバスが1スロットしか無い機種でも使用可能である。電源はCバスから供給されるDC5Vと付属ACアダプタ(PPAD-1)から供給されるDC13.5Vで賄われている。

仕様[編集]

以下はPC-9800シリーズ用のPC-FXGAのもの

動作環境[編集]

  • 対応機種:PC-9800シリーズ(CPUにi486SX 33MHz以上を搭載したもの)
  • HDD容量:200KB以上の空きエリア
  • CD-ROM:データ転送速度が300KB/Sec以上のもの(2倍速以上)、ただしファイルスロット接続タイプは除く
  • SCSIボード:PC-9801-92、PC-9821-E10または同等品
  • ディスプレイ:ビデオ入力端子、Sビデオ入力端子付のテレビ、またはディスプレイ
  • 対応OS:日本語MS-DOS Ver3.3以上、日本語MS-DOS CD-ROM Extensions (MSCDEX.EXE) Ver2.2以上

搭載チップ[編集]

専用ソフト(別売)[編集]

  • んーにゅー - ゲームソフト。パッケージは書籍の形態をしており、流通においても書籍の経路を用いられていたために極めて少部数しか流通していない。
  • GMAKERスタータキット - 開発環境。ゲームなどの開発ができる。
  • GMAKERスタータキットプラス - GMAKERスタータキットに加える形で、アセンブリ開発環境、グラフィックエディタなどが追加される。

その他[編集]

PC-FXの代用品としてみた場合、PC-FXのものよりも高速なCD-ROMドライブが使える、ユーザー開発ソフトを用いてPCのメモリをCD-ROMのキャッシュとして利用することができる(外部リンクのPC-FXGA快適化計画を参照)、セーブデータを多数保存することができるなどの長所が多いが、その反面、ビデオ出力のみのため、ゲーム画面をPCのRGBディスプレイに直接表示させることができない(CanBeの一部機種では、専用プログラムでFXGA起動時にビデオ入力に切り替えることができた)、コントローラ等のコネクタがPCの背面になる(PC-98用のみ)などの問題もあった。

参考資料[編集]

  • 『ゲームアクセラレータボード PC-FXGA取扱説明書』、日本電気ホームエレクトロニクス