PC/AT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
IBM PC AT (IBM 5170)
IBM PC AT.jpg
製造元 IBM
種別 パーソナルコンピュータ
発売日 1984年8月14日[1][2]
販売期間 (販売終了 1987年4月2日[3])
OS IBM BASIC / PC DOS 3.0 / OS/2 1.0
CPU Intel 80286 6, 8MHz
メモリ 256KB~16MB
ストレージ 20MB HDD, 1.2MB 5.25インチ フロッピーディスク
ディスプレイ EGA
前世代ハード
次世代ハード
関連商品 IBM PC互換機

IBM PC AT(IBMピーシーエーティー、英語: IBM Personal Computer AT)は1984年IBMが発売したパーソナルコンピュータ。型番は「IBM 5170」。略称はPC ATPC/ATAT等。前身はIBM PC XT、後継はIBM PS/2。なお当アーキテクチャを継承した各社による製品群はPC/AT互換機を参照。

呼称[編集]

正式名称は「IBM Personal Computer AT」、型番は「IBM 5170」である。ATはAdvanced Technology(先進技術)を意味する。

概要[編集]

PC/ATは、IBM PCおよびIBM PC XTの後継機種として登場した。Intel 80286を搭載し、システムバス(拡張スロット)を16ビット化(ATバス。後にISAとして規定された)し、ビデオ(グラフィック)にEGAを搭載した。

初代IBM PCと同様に、オープンアーキテクチャを採用し、内部仕様の多くが公開されたため、CompaqDellなど多くのメーカーからPC/AT互換機が発売された。

PC/AT及びその互換機のキラーアプリケーションともいえるソフトウェアが、表計算ソフトLotus 1-2-3」であった。アメリカ合衆国では、税務計算の必要性やApple II用アプリケーション「VisiCalc」などのヒットなど、表計算ソフトが受け入れられる下地があった。「1-2-3」は1983年にIBM PC用のアプリケーション(8086のリアルモードで稼働)として登場したが、R3ではPC/AT以降に特化したモード(80286のプロテクトモード)が追加された。PC/ATの性能をフルに引き出すことで、互換性を重視した「Microsoft Multiplan」をはるかに凌駕する再計算スピードや、豊富なアドオンによるカスタマイズ性の高さをセールスポイントとしてアピールし、大ベストセラーとなった。互換機メーカは、PC/ATとの互換性よりも「1-2-3互換」(1-2-3 Compatible)を売りにするほどであった。

マイクロソフトは、IBMによるPC DOSの権利譲渡の要求を頑なに拒んだ。逆に、自社ブランド (MS-DOS) でのオペレーティングシステム (OS) の各社へのOEM供給や単独販売を行うようになった。これにより、MS-DOSはCP/M-86との競争に勝利し、また互換機によるIBM純正機の市場シェア低下という結果をもたらしたのである。IBMは失った市場を取り戻す為、IBM PS/2によりクローズドアーキテクチャ路線への方向転換を画策したのだが、時既に遅く、市場はAT一色に染まっていたのであった。

基本仕様[編集]

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Somerson, Paul (Nov 13, 1984). “AT the Party”. PC Magazine: 123. http://books.google.com/books?id=-Ukz6hjZEA4C&pg=PA117#v=onepage&q&f=false 2014年7月5日閲覧。. 
  2. ^ 日本では1985年11月25日だが、法人販売のみで、個人を含めた一般販売はされなかった。「日本IBM、「PC」日本でも発売―直販・特約店ルートで。」『日経産業新聞』 1985年11月26日、7面。
  3. ^ IBM PC AT at Vintage Computer

関連項目[編集]