PDC CHALLENGE TOURNAMENT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PDJ JAPAN CHAMPIONSHIP
概要
開催国 日本の旗 日本
開催地 神戸 (西日本予選)
横浜 (東日本予選、The Final)
会場 大さん橋ホール (The Final)
初開催 2009年
主催団体 PDJ (PDC)
インターネット YouTube
形式 legs
開催月 5月、7月、10月
現在のチャンピオン
浅田斉吾(2017)

PDJ JAPAN CHAMPIONSHIPは、PDJが開催するダーツのトーナメントである。

ダーツにおける世界最高峰のトーナメントであるPDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップには日本人プレイヤー枠が1枠あり、このトーナメントのチャンピオンにはその枠が与えられ、翌年のワールド・チャンピオンシップにおける第0ラウンド(Preliminary Round)に配置される。

また、2011年よりLadies Tournamentが同時開催されるようになり、こちらのチャンピオンにはPDC ウィメンズ・ワールド・チャンピオンシップの出場権が与えられる (出場トーナメントは、変更となる可能性有り) 。

このトーナメントは、西日本予選と東日本予選、そしてThe Finalの3つからなる。 The Finalには、世界一のダーツ・レフリーとされているラス・ブレイが来日し、彼のレフリーを呼び物としている。

本戦の日程・会場・放送など[編集]

日程、会場、タイトル・スポンサー、テレビ放送などの情報は、以下の通りである[1][2][3]

2010年までスポンサーはあったもののタイトル・スポンサーはなかったが、2011年に初めてタイトル・スポンサーを付けた。

開催日 会場 タイトル・スポンサー 使用ボード 放送
2009 西日本予選 8月9日 (日) 神戸国際展示場1号館2階 - 不明 -
東日本予選 9月21日 (月) 横浜サンボーホール 不明 -
The Final 10月25日 (日) パンパシフィック横浜ベイホテル東急 不明 -
2010 東日本予選 4月11日 (日) 横浜産貿ホール - 不明 J-STUDIO
西日本予選 7月4日 (月) 神戸国際展示場 不明 J-STUDIO
The Final 9月12日 (日) ランドマークホール 不明 -
2011 西日本予選 5月22日 (日) 神戸ポートターミナルホール ダーツライブ 不明 -
東日本予選 7月18日 (月) 横浜産貿ホール 不明 -
The Final 10月1日 (土) ランドマークホール 不明 YouTube (DARTSLIVE.TV)

形式[編集]

西日本予選と東日本予選があり、各予選の上位4名がThe Finalに出場できる。

なお、各予選とThe Finalの3つのイヴェントは、それぞれ1日のうちに行われる。

西日本予選・東日本予選[編集]

西日本予選と東日本予選の形式は、参加人数が異なることにより試合数が異なることを除けば、形式は基本的に同じである。 また、前者において上位4名に残れなかったプレイヤーは、後者に参戦することも可能である。

両予選は、ラウンドロビンと本戦の2段階になっている。

ラウンドロビン[編集]

まず、5名(または、4名)に別れてラウンドロビン形式のグループ戦を行う[4][5]。 各グループの上位2名が各予選の本戦に出場できる。

本戦[編集]

本戦は、シングル・エリミネイション形式で行われる[6][7]。 準々決勝まで行われ、そこでの勝者がThe Final出場権を得る。

ただし、第1ラウンドは、人数調整のために使われ、第2ラウンドから本戦が始まるプレイヤーもいる。

The Final[編集]

The Finalは、ラスト8からのシングル・エリミネイション形式である。

レッグ数[編集]

レッグ数は、以下の通りとなっている[3][4][5][6][7]

結果[編集]

このトーナメントの結果は、以下の通りである。

西日本予選・東日本予選[編集]

各予選の結果は、以下の通りである[1][3]

初開催である2009年は、各予選においても決勝まで行っていたが、2010年より各予選ともThe Final出場者が決定する準々決勝までとなった。 以下は、2009年のみ優勝より4位の順に記してあるが、2010年以降は順位とは関係ないことに注意されたい。

最終予選[編集]

通過者 通過者
2017 日本の旗 浅田斉吾 日本の旗 谷内太郎

The Final 決勝戦[編集]

The Finalの結果は、以下の通りである[1][2][3]

チャンピオン スコア 準優勝
2009 日本の旗 村松治樹 (84.78) 6 - 5 日本の旗 橋本守容 (79.29)
2010 日本の旗 橋本守容 (85.89) 6 - 0 日本の旗 星野光正 (82.05)
2011 日本の旗 村松治樹 (76.29) 6 - 5 日本の旗 勝見翔 (76.29)
2012 日本の旗 村松治樹 (88.41) 6 - 0 日本の旗 勝見翔 (67.44)
2013 日本の旗 橋本守容 (83.91) 6 - 5 日本の旗 村松治樹 (83.40)
2014 日本の旗 村松治樹 (86.46) 6 - 5 日本の旗 知野真澄 (85.89)
2015 日本の旗 小野恵太 (91.08) 6 - 0 日本の旗 山田勇樹 (84.66)
2016 日本の旗 知野真澄 (87.45) 6 - 4 日本の旗 阿久津侑也 (88.20)
2017 日本の旗 浅田斉吾 (89.25) 5 - 2 日本の旗 樋口雄也 (76.29)

記録[編集]

このイヴェントの歴代の記録は、以下の通りである[2]

優勝[編集]

PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップにおける結果[編集]

PDC ワールド・ダーツ・チャンピオンシップの結果は、以下の通りである[8]

ラウンド 日本人プレイヤー スコア 対戦プレイヤー
2010 0 日本の旗 村松治樹 (75.98) 4 - 1 (l) ポーランドの旗 Krzysztof Kciuk (76.28)
1 日本の旗 村松治樹 (83.84) 0 - 3 (s) イングランドの旗 Ronnie Baxter (94.93)
2011 0 日本の旗 橋本守容 (87.30) 4 - 2 (l) イングランドの旗 Matt Padgett (83.10)
1 日本の旗 橋本守容 (87.44) 0 - 3 (s) スコットランドの旗 Gary Anderson (103.26)
2012 0 日本の旗 村松治樹 (85.22) 4 - 2 (l) スウェーデンの旗 Dennis Nilsson (77.20)
1 日本の旗 村松治樹 (90.26) 0 - 3 (s) イングランドの旗 Phil Taylor (99.98)
2013 0 日本の旗 村松治樹 (87.13) 4 - 0 (l) ニュージーランドの旗 Dave Harrington (59.36)
1 日本の旗 村松治樹 (84.75) 0 - 3 (s) オーストラリアの旗 Simon Whitlock (95.50)
2014 0 日本の旗 橋本守容 (84.26) 4 - 2 (l) シンガポールの旗 Paul Lim (75.26)
1 日本の旗 橋本守容 (76.50) 1 - 3 (s) イングランドの旗 Michael Smith (79.69)
2015 0 日本の旗 村松治樹 (75.69) 2 - 4 (l) ロシアの旗 Boris Koltsov (79.27)
2016 0 日本の旗 小野恵太 (91.79) 2 - 0 (s) フィリピンの旗 Alex Tagarao (77.40)
1 日本の旗 小野恵太 (83.49) 0 - 3 (s) イングランドの旗 Phil Taylor (98.39)
2017 0 日本の旗 知野真澄 (80.18) 1 - 2 (s) マレーシアの旗 Tengku Hadzali Shah (83.44)
2018 0 日本の旗 浅田斉吾 (86.65) 2 - 1 (s) オーストラリアの旗 Gordon Mathers (82.65)
1 日本の旗 浅田斉吾 (92.91) 0 - 3 (s) イングランドの旗 ロブ・クロス (104.12)

参照・注釈[編集]