PENNY LANE 24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PENNY LANE 24

Penny Lane 24.jpg

情報
完成 1990年
開館 1990年
収容人員 立席 約500人
客席数 座席設置時 172席または203席
用途 ライブハウス
運営 ウエス
所在地 063-8602
札幌市西区二十四軒4条5丁目5-21 W'Sビル
位置 北緯43度4分26.1秒 東経141度18分23.2秒 / 北緯43.073917度 東経141.306444度 / 43.073917; 141.306444座標: 北緯43度4分26.1秒 東経141度18分23.2秒 / 北緯43.073917度 東経141.306444度 / 43.073917; 141.306444
アクセス 地下鉄東西線琴似駅5番出口から徒歩3分、琴似バスターミナルから徒歩4分、 JR琴似駅から徒歩13分 (駐車不可)
外部リンク www.pl24.jp
テンプレートを表示

PENNY LANE 24(ペニーレーン・トゥエンティフォー)は、札幌市西区にあるライブハウスである。

概要[編集]

1982年、前身となるライブハウス「PENNY LANE」がすすきので開店。1990年、イベント会社「ウエス」の本社下に移転。名称に所在地で駅名でもある二十四軒(24)が含まれるが、実際は地下鉄琴似駅に近い。札幌市中心部からやや離れた場所に位置し、住宅とビルが混在した地域に立地するものの、全国ツアーに組み込む有名アーティストも数多く、札幌の代表的なライブハウスの1つとなっている。公演はプロミュージシャンを中心に、お笑い、アマチュアまで幅広いジャンルを扱い、2011年からは、従来になかった演劇公演も行われている。ウエスやペニーレーン24主催の公演が比較的多いが、プロモーターに制限はない。

施設・アクセス[編集]

  • 収容人数:立席 約500人、座席設置時 172席または203席
  • 設備:音響機材、照明機材、ドリンクカウンター、コインロッカー(2Fカフェ50台、1Fロビー50台)
  • 住所:札幌市西区二十四軒4条5丁目5-21 W'Sビル
  • アクセス:地下鉄東西線 琴似駅5番出口から徒歩3分、琴似バスターミナルから徒歩4分、 JR琴似駅から徒歩13分 (駐車不可)

エピソード[編集]

  • 5代目店長はウエスの大槻正志。元音楽ライターで、尾崎豊から20歳の誕生日インタビューを指名されたという異色の経歴を持つ[1]。また、派手なパフォーマンスで腰を痛めたミュージシャンのためにマッサージの資格を取ったという逸話も持つ[2]
  • 公演で訪れるスタッフの間では、調理師免許を持つ大槻から振舞われる鍋が名物である。フジファブリック(当時)の志村正彦が自身のブログで紹介したことから、スタッフ・アーティストの間に広く知られることとなった[1][3]
  • スガシカオは「夜空ノムコウ」の歌詞をPENNY LANE 24の楽屋で書き上げ、FAXで東京に送信した[4]
  • タカアンドトシが初めて舞台を踏んだ会場でもある。

系列店[編集]

  • KRAPS HALL(クラップスホール)立席 約200人、座席設置時 135席 パーク24との協業により2001年12月17日開業[5]、2019年12月31日閉店[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 型破リヰナ (2013年2月)
  2. ^ 第907回 ペニーレーン24 大槻正志さん” (日本語). 札幌人図鑑. 2020年5月30日閲覧。
  3. ^ 志村日記2 (2009年10月3日)
  4. ^ shikaosugaのツイート(776714234017132546)
  5. ^ パーク24ニュースリリース (2001年12月13日)
  6. ^ 閉店のお知らせ - KRAPS HALL