PESELA-QUESELA-IN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PESELA-QUESELA-IN(ペセラ・ケセラ・イン)は後にBEAT CRUSADERSとして知られるメンバーによる日本のギターポップバンド。1980年代後期に結成され、1997年に解散。メンバーの日高、岩原、田井は後にBEAT CRUSADERSを結成[1]

メンバー[1][編集]

日高央(G.Vo.)

岩原幸夫(D.)

木本隆(G.)

三好健夫(B.Vo)

錦織典子(B.)

小笠原ひろし(B.)

田井宏之(G.Vo.)

山口哲二(B.)

概要[編集]

日高によって1980年代後期に結成され、不定期にライブ活動を行っていたが、1992年に自身のEVOL RECORDSでのカセットのリリースや、UNDER FLOWER RECORDSのイベントやコンピレーションCDに参加する等して活動が広がる。当時としては珍しかった日本のバンドによる英語の歌詞、ギターポップよりも60年代の雰囲気(日高がフェイバリットにあげるTHE MONKEESTHE BEATLESなど)が強い音楽性を特徴としていた。後のBEAT CRUSADERSでは顔を隠していたメンバーたちも、このバンドでは素顔で活動を行っていた[2]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム

タイトル リリース日 企画 品番 備考
Anthology CD SPCD0012 廃盤
REMASTERPIECES 2002/01/25 CD LACD-0041 リマスタリング、新ジャケット、新曲3曲
PUNKER SHOT 1997/12/17 CD SKYR-3 コンピレーションアルバム、YEAH!収録

出典[編集]

[ヘルプ]

PESELA-QUESELA-IN のアーティスト詳細

タイトル:REMASTERPIECES リリース日:2002/01/25 企画:CD 品番:LACD-0041 レーベル:ラストラムレコード

  1. ^ a b PESELA-QUESELA-IN のアーティスト詳細
  2. ^ Anthology ジャケット内側