PGAシニアツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PGAシニアツアーとは、日本プロゴルフ協会 (PGA)が運営するシニアゴルフツアーの名称。PGA会員で満50歳以上のプロゴルファーが参加できる。

概要[編集]

日本のシニアゴルフツアーが始まったのは、1988年である。1988年には11試合、賞金総額1億9092万円で開催された。1991年には年間25試合、賞金総額8億3300万円まで増えるが、その後は減少。1999年には年間3試合にまで減る。

2007年の日本シニアオープンゴルフ選手権競技(2007年10月25〜28日、くまもと中央CC)では、青木功エージシュートを記録、青木自身にとっても10年ぶりの優勝を果たして話題となった。

開催履歴[編集]

シニアツアー競技[編集]

2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
  • オーベルストシニアオープンゴルフ・シリーズ
  • アデランスウェルネスオープン
  • ファンケルクラシック
  • アルデプロカップ 清里シニアオープンゴルフトーナメント
  • PGAフィランスロピーリボーネストシニアオープン
  • 第44回日本プロゴルフシニア選手権大会コマツカップ
  • 第15回日本シニアオープンゴルフ選手権競技
  • 鬼ノ城シニアオープン
2004年
  • 第8回キャッスルヒルオープン
  • アデランスウェルネスオープン
  • PGAフィランスロピーリボーネストシニアオープン
  • ファンケルシニアクラシック
  • 第43回日本プロゴルフシニア選手権大会コマツカップ
  • 第14回日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2003年
  • キャッスルヒルオープン
  • アデランスウェルネスオープン
  • ファンケルシニアクラシック
  • 日本プロゴルフシニア選手権大会コマツカップ
  • PGAフィランスロピービックライザックシニアトーナメント
  • 日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2002年
  • キャッスルヒルオープン
  • アデランスウエルネスオープン
  • ファンケルシニアクラシック
  • 日本プロゴルフシニア選手権大会コマツカップ
  • PGAフィランスロピービックライザックシニアトーナメント
  • 日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2001年
  • キャッスルヒルオープン
  • ファンケルシニアクラシック
  • 藤田観光オープンゴルフトーナメント
  • 日本プロゴルフシニア選手権大会
  • コマツオープン 2001
  • 日本シニアオープンゴルフ選手権競技
2000年
  • キャッスルヒルオープン
  • 藤田観光オープンゴルフトーナメント
  • コマツオープン 2000
  • 日本シニアオープンゴルフ選手権競技
  • 日本プロゴルフシニア選手権大会
1999年


シニア後援競技[編集]

金秀シニア沖縄オープンゴルフトーナメントのようにシニア後援競技として開催されていたものが、レギュラーツアーに昇格する例もある[1]

  • 協和のアガリクス茸仙生露杯杉原輝雄シニアクラシック
  • 全日空石垣島シニアプロ・アマトーナメント
  • アサヒ緑健カップTVQシニアオープン
  • オールドマンパーシニアオープン
  • アサヒ緑健カップHTBシニアクラシックオープン
  • 東京タワーシニア
  • TPCシニア

グランド・ゴールド競技[編集]

60歳以上のグランドシニア、68歳以上のゴールドシニアを対象とした競技会。

  • 日本プロゴルフゴールドシニア選手権
  • 関東プロゴルフゴールドシニア選手権
  • 関西プロゴルフゴールドシニア選手権
  • 日本プロゴルフグランドシニア選手権
  • 関東プロゴルフグランドシニア選手権
  • 関西プロゴルフグランドシニア選手権
  • 日本グランドゴールドユニデンシリーズ

シニアツアー競技予選会[編集]

毎年2月から3月にPGAシニアツアー1次予選会が数会場で開催され各会場戦績上位者がPGAシニアツアー最終予選に進む。

PGAシニアツアー最終予選会は4月上旬に開催される。

歴代賞金王[編集]

出典
年度 賞金王 獲得賞金 ()
2018年 タイ王国の旗 プラヤド・マークセン 75,361,400
2017年 タイ王国の旗 プラヤド・マークセン 70,004,791
2016年 タイ王国の旗 プラヤド・マークセン 62,278,000
2015年 日本の旗 室田淳 59,726,999
2014年 日本の旗 倉本昌弘 39,292,451
2013年 日本の旗 室田淳 62,074,000
2012年 日本の旗 尾崎直道 34,859,750
2011年 大韓民国の旗 金鍾徳英語版(キム・ジョンドク) 36,970,000
2010年 日本の旗 倉本昌弘 48,530,599
2009年 日本の旗 尾崎健夫 33,055,000
2008年 日本の旗 飯合肇 46,275,833
2007年 日本の旗 室田淳 38,400,000
2006年 日本の旗 室田淳 42,700,000
2005年 日本の旗 三好隆 24,420,000
2004年 日本の旗 横島由一英語版 22,743,000
2003年 日本の旗 高橋勝成 35,425,000
2002年 日本の旗 高橋勝成 19,321,500
2001年 日本の旗 高橋勝成 29,087,500
2000年 日本の旗 高橋勝成 16,866,666
1999年 オーストラリアの旗 グラハム・マーシュ英語版 10,000,000
1998年
1997年 日本の旗 中山徹[2]

出典・脚注[編集]

関連[編集]