PIECE OF MY SOUL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PIECE OF MY SOUL
WANDSスタジオ・アルバム
リリース
録音 BIRDMAN WEST
STUDIO BIRDMAN
ジャンル J-POP
ROCK
時間
レーベル B-Gram RECORDS
プロデュース BMF (Being MUSIC FACTORY INC.)
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 1995年5月度月間1位(オリコン)
  • 1995年度年間16位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会
  • WANDS アルバム 年表
    Little Bit…
    1993年
    PIECE OF MY SOUL
    (1995年)
    SINGLES COLLECTION+6
    1996年
    『PIECE OF MY SOUL』収録のシングル
    1. Jumpin' Jack Boy
      リリース: 1993年11月17日
    2. 世界が終るまでは…
      リリース: 1994年6月8日
    3. Secret Night 〜It's My Treat〜
      リリース: 1995年2月13日
    テンプレートを表示

    PIECE OF MY SOUL』(ピース・オブ・マイ・ソウル)はWANDSの4枚目のアルバム。

    内容[編集]

    上杉昇(ボーカル)、柴崎浩(ギター)在籍最後のオリジナルアルバム。ロック色の強い楽曲がほとんどであり、シングル曲以外は各メンバーの自作曲である。上杉は「気分的には今回が1stアルバムみたいな感覚もある」とインタビューで述べている。

    かつての公式サイトでは「ポップなサウンドを要求するファンと、ロックな世界への傾倒を歓迎するファンの間で賛否両論を呼ぶ問題作」と紹介されていた。1995年5月8日付オリコンチャートにて初登場1位を獲得。日本レコード協会の集計では、本作までWANDSのアルバムは3作連続のミリオンセラーとなり、第2期WANDSが出したオリジナル・アルバムは、全てミリオンヒットを達成した。

    初回限定盤は赤と青2種類の帯があり、背文字の「WANDS」表記も従来使用されていたロゴになっている(通常盤は作品名と同じ字体)。

    レコーディングは本作発表の前年1994年の6月から始まり1995年の2月頃に終わったが、その後の最終的な選曲やミックスのテイク選びなどの細かい作業を行い3月頃に完成した。アルバム制作にこれまで以上に時間がかかったことについて上杉は「世界が終るまでは…」を出した事でこれまで書いてきた歌詞の方向性やテーマがひと段落し、歌詞の幅を広げることと、それに伴い曲調も変化していったことで、理想を追求した結果時間がかかってしまったと述べている[1]

    上杉は発売後のインタビューで「今回のアルバムはかなり自分本意かもしれない。でも、その自分を受け入れられたときの喜びは、きっと今までより何十倍も大きいと思う。」と述べ、収録曲の多数の作曲を務めた柴崎は「自分たちが演りたいことは自分が一番わかっている。そして上杉が表現したいことを意識し、上杉が歌ってカッコいいもの、そういうメロディーや雰囲気を重視しながら曲作りをした」と語っている[2]。さらに、「バンド的なサウンドで主張しあってる音を作りたかった」と述べており、これまでのアルバムとは異なり、収録曲のほとんどがドラムベースを加えたバンド形態での録音となっている。

    アルバムの全体像として上杉は「吠えてるだけ、攻撃的なのだけがロックじゃない。繊細な部分もはらんでるんだっていうのを表現したかった。」と述べているが、ダイナミクスの点で課題が生じたという。この課題は同年12月にリリースされたシングル「Same Side」でクリアできたという[3]

    収録曲[編集]

    1. FLOWER (5:13)
      作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:葉山たけし
      上杉のソロライブでも披露されている。詞の内容は上杉曰く「妨害への怒り」。
    2. Love & Hate (4:18)
      作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:葉山たけし
      冒頭のタイトルコールは、上杉によるもの。
    3. 世界が終るまでは… (5:15)
      作詞:上杉昇 作曲:織田哲郎 編曲:葉山たけし
      8thシングル。
    4. DON'T TRY SO HARD (3:52)
      作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:葉山たけし
      当アルバムの中で最後に録音された。上杉が2013年のライブでセルフカバー。
    5. Crazy Cat (5:08)
      作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:葉山たけし
    6. Secret Night 〜It's My Treat〜 (5:24) - 原曲:栗林誠一郎「IT'S MY TREAT」
      作詞:上杉昇 作曲:栗林誠一郎 編曲:池田大介
      9thシングル。
    7. Foolish OK (4:10)
      作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩 編曲:葉山たけし
    8. PIECE OF MY SOUL (4:34)
      作詞:上杉昇 作曲:柴崎浩・上杉昇 編曲:葉山たけし
      上杉が作曲に携わるのは『時の扉』収録の「Keep My Rock'n Road」以来2度目となった。共作での作曲は初となる。柴崎が作成したAメロのモチーフを上杉が気に入り、そこから2人で一緒に制作した。柴崎は新たな作曲方法を見つけたとコメントしている[1]
    9. Jumpin' Jack Boy (3:48)
      作詞:上杉昇 作曲:栗林誠一郎 編曲:葉山たけし
      シングルバージョンとは異なるハードロック調のアレンジ。リズム隊が打ち込みから生楽器演奏に変更されている。
    10. MILLION MILES AWAY (4:43)
      作詞:上杉昇 作曲:木村真也 編曲:葉山たけし
      木村が初めて作曲を手がけた作品。後に、和久二郎杉元一生在籍時にリテイクされた。

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ a b 1995年に出演したミュージックスクエアにて
    2. ^ 1995年月刊ギグスのインタビュー
    3. ^ J-ROCK magazine 1996年2月号 インタビューより