PIKA☆NCHI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
PIKA☆NCHI
シングル
初出アルバム『THE ORIGINAL MOTION PICTURE SOUND TRACK ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY (初回限定盤#2)
How's it going? (#1)』
B面 道(初回限定盤)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2002年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル J Storm
作詞・作曲 相田毅(作詞 #1)
谷本新(作曲 #1)
河原雅彦(作詞 #2)
辻陽(作曲 #2)
プロデュース 藤島ジュリー景子
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 2002年10月度月間5位(オリコン)
  • 2002年度年間75位(オリコン)
  • 登場回数20回(オリコン)
  • シングル 年表
    ナイスな心意気
    (2002年)
    PIKA☆NCHI
    (2002年)
    とまどいながら
    2003年
    How's it going? 収録曲
    どんな言葉で
    (13)
    PIKA☆NCHI
    (14)
    テンプレートを表示

    PIKA☆NCHI」(ピカンチ)は、の9枚目のシングル2002年10月17日J Stormから発売された。

    概要[編集]

    嵐のシングルとしては初めて、木曜日に発売された。

    前2作でも用いられた、「低価格(525円)」「8cmシングル」というフォーマットを踏襲する形で発売されたが、この試みは今作が最後となっている。2008年に「ナイスな心意気」と共に再発盤が発売された。

    PVの監督は、堤幸彦が手掛けている。

    収録曲[編集]

    初回限定盤[編集]

    1. PIKA☆NCHI [4:51]
      作詞:相田毅、作曲:谷本新、編曲:CHOKKAKU
      櫻井によるラップやDJスクラッチを取り入れたハードなミクスチャーロックナンバー。
      相葉雅紀がライヴツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×10」にて、ソロ曲として披露した。
    2. [0:56]
      作詞:河原雅彦、作曲・編曲:辻陽
      • 嵐主演 映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』挿入歌
    3. PIKA☆NCHI(オリジナル・カラオケ)
    4. 道(オリジナル・カラオケ)

    通常盤[編集]

    1. PIKA☆NCHI
    2. PIKA☆NCHI(オリジナル・カラオケ)
    3. シークレットトーク
      内容は「シークレットトークのシークレットの意味について」・「コンサートでのダンスについて」など

    収録アルバム[編集]