POP MASTER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
POP MASTER
水樹奈々シングル
収録アルバム THE MUSEUM II
B面 UNBREAKABLE
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル キングレコード
(KICM-1336)
作詞・作曲 水樹奈々(作詞・作曲 #1)
藤林聖子(作詞 #2)
俊龍(作曲 #2)
プロデュース 三嶋章夫
チャート最高順位
水樹奈々 シングル 年表
SCARLET KNIGHT
(2011年)
POP MASTER
(2011年)
純潔パラドックス
(2011年)
THE MUSEUM II 収録曲
SCARLET KNIGHT
(9)
POP MASTER
(10)
純潔パラドックス
(11)
ミュージックビデオ
「POP MASTER/水樹奈々」 - YouTube
テンプレートを表示

POP MASTER」(ポップ・マスター)は、水樹奈々の24枚目のシングル2011年4月13日キングレコードから発売された。

概要[編集]

23rdシングル「SCARLET KNIGHT」と同時リリース。シングルの同時発売は4thシングル「LOVE & HISTORY」と5thシングル「POWER GATE」以来9年ぶりとなる。

表題曲「POP MASTER」は、日本テレビ系列で2011年夏に放送される『第31回全国高等学校クイズ選手権』の応援ソングとして採用され、本人も一部の地区大会にゲストとして出演した。[2][3]本来は2011年3月に撮影する予定だったものの、東日本大震災の影響で延期されていた[4]PV撮影は、9月3日に開催された自身のファンクラブイベントにて、イベントに参加したサポーターと共に行われた。

価格は「SCARLET KNIGHT」と同じで、奈々に因んだ777円となっており[5]、収録曲も2曲と、自身の作品としてはこれまでで最も短いシングルとなっている。初回製造盤のみ特製カラーケース仕様となっている。「UNBREAKABLE」には日本のヘヴィメタルバンド「ANTHEM」のギタリストである清水昭男が参加している。制作は今までに発表されたものと違い、難産を極めた[6]。水樹によれば「POP MASTER」には、POPに弾けて、みんなを導くライブのマスターになりたいという想いが込められている[7]。なおイギリスに同名クイズ番組が存在するが、水樹はそれに対し驚いていたという[7]

なお表題曲「POP MASTER」は第62回NHK紅白歌合戦での歌唱曲となった。 ちなみにPVには同業者の杉田智和と彼のマネージャーが映っている。

チャート成績[編集]

2011年4月25日オリコン週間シングルチャートで3位を獲得し、2位を獲得した「SCARLET KNIGHT」と共に声優史上初となるシングル2作オリコントップ3入りを果たした[8]。初動売上は5.2万枚を記録した。また、女性ソロアーティストが同時に3位以内に入るのは、浜崎あゆみの「A」と「Boys & Girls」以来11年8ヶ月ぶり[8]

2011年4月度のオリコン月間シングルチャートで9位を獲得。なお、水樹のシングル作品が月間チャートTOP10入りを果たすのは18枚目のシングル「Trickster」から7作連続。

2011年度のオリコン年間シングルチャートで103位を獲得。推定売上枚数は7.3万枚を記録し、2011年にリリースされた水樹のシングル全3作品が年間チャートTOP200入りを果たした。

2011年4月25日付のBillboard JAPAN HOT 100で5位、Billboard Hot Singles Salesで3位、Billboard Hot Animationで首位を獲得。Billboard JAPAN HOT 100、Billboard Hot Singles SalesへのTOP5入りは20枚目のシングル「夢幻」から5作連続。Billboard Hot Animationでの首位獲得は自身初。

2011年4月23日放送分のCOUNT DOWN TVで3位、2011年4月11日から同年4月17日調査分のサウンドスキャンジャパンで3位を獲得した。

収録曲[編集]

  1. POP MASTER [4:43]
    作詞・作曲:水樹奈々、編曲:藤間仁Elements Garden
    • 日本テレビ系列『第31回全国高等学校クイズ選手権』応援ソング
    • アイドル育成携帯ゲーム「アイドルをつくろう♪」テーマソング
  2. UNBREAKABLE [4:41]
    作詞:藤林聖子、作曲:俊龍、編曲:陶山隼

収録アルバム[編集]

曲名 アルバム 発売日 備考
POP MASTER THE MUSEUM II 2011年11月23日 2ndベストアルバム

DVD、Blu-ray Disc[編集]

発売日 タイトル 備考
POP MASTER
2012年5月2日 NANA MIZUKI LIVE CASTLE×JOURNEY 11作目のライブ・ビデオ。
2013年5月1日 NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUS II-×UNION 12作目のライブ・ビデオ。
2013年12月11日 NANA CLIPS 6 6作目のミュージッククリップ
2014年5月28日 NANA MIZUKI LIVE CIRCUS×CIRCUS+×WINTER FESTA 13作目のライブ・ビデオ。
2015年1月14日 NANA MIZUKI LIVE FLIGHT×FLIGHT+ 14作目のライブ・ビデオ。
2016年1月21日 NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 16作目のライブ・ビデオ。
2016年9月14日 NANA MIZUKI LIVE GALAXY -FRONTIER- 17作目のライブ・ビデオ。
2017年3月8日 NANA MIZUKI LIVE PARK×MTV Unplugged: Nana Mizuki 18作目のライブ・ビデオ。
UNBREAKABLE
2012年5月2日 NANA MIZUKI LIVE CASTLE×JOURNEY 11作目のライブ・ビデオ。
2014年5月28日 NANA MIZUKI LIVE CIRCUS×CIRCUS+×WINTER FESTA 13作目のライブ・ビデオ。

脚注[編集]

  1. ^ FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50 May 2010 アーカイブ(2011年4月23日付発表分)”. 文化放送FRIDAY SUPER COUNTDOWN 50』公式サイト. 文化放送 (2011-04-23T10:29). 2011-07-01T20:30閲覧。
  2. ^ サンケイスポーツ (2011-04-04T05:01). “水樹奈々が「高校生クイズ」応援歌”. SANSPO.COM. 2011年4月4日閲覧。
  3. ^ 毎日新聞 (2011年4月4日). “高校生クイズ:4代目司会に桝太一アナ 水樹奈々が応援ソング”. 毎日jp. 2011年4月4日閲覧。
  4. ^ NANAPARTY(水樹奈々) (2011年3月23日). “少しずつ形に...!”. BLOG. 2011年6月17日閲覧。
  5. ^ オリコン (2011-01-25T19:00). “新曲は“奈々”並び!? 水樹奈々1年2カ月ぶりのニューシングルが発売!”. The ORICON STYLE. 2011年3月11日閲覧。
  6. ^ “水樹奈々『心を裸にしたい!テーマは“自分を解放しよう!”』”. ORICON STYLE (オリコン). (2011年4月13日). http://www.oricon.co.jp/music/interview/2011/mizukinana0413/index.html 2011年4月26日閲覧。 
  7. ^ a b 水樹奈々インタビュー 4”. アニカン (2011年5月20日). 2011年6月2日閲覧。
  8. ^ a b “水樹奈々、声優史上初のシングル2作同時TOP3入り”. オリコン. (2011年4月19日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/86783/full/ 2011年4月20日閲覧。