PQ14船団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PQ14船団第二次世界大戦中にソ連援助のため送られた船団。1942年4月8日にアイスランドレイキャビクを出発しムルマンスクへ向かった。船団は25隻の船で構成されていた。護衛は掃海艇ヒービ(Hebe)、スピーディ(Speedy)とトロール船チルターン(Chiltern)、ノーザン・ウェーブ(Northern Wave)、ハント・ウィルトン(Hunt Wilton)で、4月11日に軽巡洋艦エディンバラ、駆逐艦ブルドッグ、ビーグル、ビヴァリー、フォレスター、フォアサイト、アマゾン、コルベット カンパニュラ(Campanula)、オクスリップ(Oxlip)、サクサフリッジ(Saxifrage)、スノーフレーク(Snowflake)、トロール船ロード・オースチン(Lord Austin)、ロード・ミドルトン(Lord Middleton)が、4月17日にソ連駆逐艦グレミャーシチイ(Gremiashchii)とソクルシーテリヌイ(Sokrushitelnyi)が、4月18日に掃海艇ナイジャー(Niger)、ハリアー(Harrier)、フザール(Hussar)、ガサマー(Gossamer)が加わった。

17隻の船が途中で引き返した。また掃海艇ヒービとスピーディも氷による損傷のため引返した。残りの船団は4月15日にドイツ軍機に発見された。ドイツ軍機による攻撃が開始され、翌日には潜水艦も攻撃に加わった。16日イギリス船エンパイア・ハワード(Empire Howard)が独潜水艦U403の雷撃を受けて2本ないし3本の魚雷が命中し沈没した。19日ムルマンスクに到着。

ドイツ海軍の駆逐艦ヘルマン・シェーマンZ24、Z25がキルケネスから出撃したがPQ14船団も同時に運航されていたQP10船団も発見することが出来なかった。