PRIDE.11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PRIDE.11
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2000年10月31日
開催地 日本の旗 日本
大阪府大阪市
会場 大阪城ホール
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ
入場者数 13,500人
イベント時系列
PRIDE.10 PRIDE.11 PRIDE.12

PRIDE.11(プライド・イレブン)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2000年10月31日大阪府大阪市大阪城ホールで開催された。海外PPVでの大会名は、「PRIDE 11: Battle of the Rising Sun」。

大会概要[編集]

セミファイナルで行われた小川直也 vs 佐竹雅昭が「空手王 vs 柔道王対決」として注目を集め、地上波放送は夕方という時間にもかかわらず瞬間最高視聴率18.7%という数字を記録した。この試合前には桑田佳祐サザンオールスターズ)がリング上に登場し、弾き語りで「PRIDEの歌 〜茅ヶ崎はありがとう〜」を披露した。

PRIDE初登場となった「幻の金メダリスト」谷津嘉章ゲーリー・グッドリッジと対戦したがグッドリッジから数十発のパンチを浴び、スタンド状態のままTKO負けを喫した。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 10分2R
アメリカ合衆国の旗 ヒース・ヒーリング vs. アメリカ合衆国の旗 トム・エリクソン ×
1R 6:17 スリーパーホールド
第2試合 PRIDEルール 10分2R
ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ vs. オランダの旗 ギルバート・アイブル
1R 0:21 無効試合(ローブロー)
第3試合 PRIDEルール 10分2R
トリニダード・トバゴの旗 ゲーリー・グッドリッジ vs. 日本の旗 谷津嘉章 ×
1R 8:58 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第4試合 PRIDEルール 10分2R
日本の旗 アレクサンダー大塚 vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・ボーク ×
1R 2:37 ダブルアームバー
第5試合 PRIDEルール 10分2R
日本の旗 小路晃 vs. オランダの旗 ヘルマン・レンティング ×
1R 3:48 腕ひしぎ十字固め
第6試合 PRIDEルール 10分2R
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. 日本の旗 高田延彦 ×
2R 3:17 ギブアップ(マウントパンチ
第7試合 PRIDEルール 10分2R
日本の旗 小川直也 vs. 日本の旗 佐竹雅昭 ×
2R 2:01 スリーパーホールド
第8試合 PRIDEルール 10分2R
日本の旗 桜庭和志 vs. アメリカ合衆国の旗 シャノン・"ザ・キャノン"・リッチ ×
1R 1:08 アキレス腱固め

関連項目[編集]