PRIDE.24

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
PRIDE.24
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 2002年12月23日
開催地 日本の旗 日本
福岡県福岡市
会場 マリンメッセ福岡
開始時刻 午後4時30分
試合数 全8試合
放送局 フジテレビ(地上波)
入場者数 8,543人
イベント時系列
PRIDE.23 PRIDE.24 PRIDE.25

PRIDE.24(プライド・トゥウェンティーフォー)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2002年12月23日福岡県福岡市マリンメッセ福岡で開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE 24: Cold Fury 3」。

大会概要[編集]

アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. エメリヤーエンコ・ヒョードルのPRIDEヘビー級タイトルマッチが行われるはずだったが、ヒョードルの負傷欠場により、ノゲイラ vs. ダン・ヘンダーソンというリングスでのリベンジマッチが組まれ、ノゲイラが一本勝ちした。

キャリア13戦全勝のヴォルク・アターエフがPRIDEデビュー。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 松井大二郎 vs. 日本の旗 大久保一樹 ×
3R終了 判定3-0
第2試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs. アメリカ合衆国の旗 ガイ・メッツァー ×
3R終了 判定2-1
第3試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ロン・ウォーターマン vs. オランダの旗 ヴァレンタイン・オーフレイム ×
1R 2:18 V1アームロック
第4試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ホドリゴ・グレイシー vs. 日本の旗 佐々木有生 ×
3R終了 判定3-0
第5試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
日本の旗 山本宜久 vs. 日本の旗 アレクサンダー大塚 ×
2R終了時 TKO(ドクターストップ:右ふくらはぎ断裂の疑い)
第6試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
オランダの旗 アリスター・オーフレイム vs. ロシアの旗 ヴォルク・アターエフ ×
2R 4:59 KO(ボディへの膝蹴り)
第7試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
アメリカ合衆国の旗 ケビン・ランデルマン vs. ブラジルの旗 ムリーロ・ニンジャ ×
3R 0:20 TKO(レフェリーストップ:右瞼のカット)
第8試合 PRIDEルール 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. アメリカ合衆国の旗 ダン・ヘンダーソン ×
3R 1:49 腕ひしぎ十字固め

関連項目[編集]