PRIDE.7

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
PRIDE.7
イベント詳細
シリーズ PRIDE(ナンバーシリーズ)
主催 DSE
開催年月日 1999年9月12日
開催地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市
会場 横浜アリーナ
試合数 全8試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 10,031人
イベント時系列
PRIDE.6 PRIDE.7 PRIDE.8

PRIDE.7(プライド・セブン)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。1999年9月12日神奈川県横浜市横浜アリーナで開催された。

大会概要[編集]

第7試合ではイゴール・ボブチャンチンマーク・ケアーにTKO勝ちしたが、反則であるグラウンド状態での頭部への膝蹴りがあったため、後日TKO勝ちから無効試合へと裁定変更された。

メインイベントでは高田延彦アレクサンダー大塚からスリーパーホールドで見込み一本勝ちを収めた。

IVCライトヘビー級王者ヴァンダレイ・シウバがPRIDEデビュー。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEルール 10分2R、延長5分1R
日本の旗 松井大二郎 vs. オランダの旗 ボブ・シュライバー ×
1R終了時 反則失格(注意3回)
サッカーボールキック・タイムストップ時の攻撃・ラウンド終了後の攻撃によりレッドカードが提示された。
第2試合 PRIDEルール 10分2R、延長5分1R
ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ vs. アメリカ合衆国の旗 カール・マレンコ ×
2R終了 判定6-0
第3試合 PRIDEコンテンダーズルール 8分2R
アメリカ合衆国の旗 エンセン井上 vs. トンガの旗 トゥリー・クリハーパイ ×
1R 1:15 腕ひしぎ十字固め
第4試合 PRIDEルール 10分2R、延長5分1R
アメリカ合衆国の旗 モーリス・スミス vs. クロアチアの旗 ブランコ・シカティック ×
1R 7:33 ギロチンチョーク(前腕チョーク)
第5試合 PRIDEルール 10分2R、延長5分1R
日本の旗 小路晃 vs. アメリカ合衆国の旗 ラリー・パーカー ×
延長R終了 判定3-0
第6試合 PRIDEルール 10分2R、延長5分1R
日本の旗 桜庭和志 vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・マシアス ×
2R 2:30 腕ひしぎ十字固め
第7試合 PRIDEルール 10分2R、延長5分1R
ウクライナの旗 イゴール・ボブチャンチン vs. アメリカ合衆国の旗 マーク・ケアー
2R 4:45 無効試合(反則)
第8試合 PRIDEルール 10分2R、延長5分1R
日本の旗 高田延彦 vs. 日本の旗 アレクサンダー大塚 ×
2R 1:32 TKO(レフェリーストップ:スリーパーホールド

関連項目[編集]