PRIDE 武士道 -其の十三-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
PRIDE 武士道 -其の十三-
イベント詳細
シリーズ PRIDE武士道
主催 DSE
開催年月日 2006年11月5日
開催地 日本の旗 日本
神奈川県横浜市
会場 横浜アリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全12試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 10,158人
イベント時系列
PRIDE.32 "THE REAL DEAL" PRIDE 武士道 -其の十三- PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-

PRIDE 武士道 -其の十三-(プライド ぶしどう そのじゅうさん)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2006年11月5日神奈川県横浜市横浜アリーナで開催された。

大会概要[編集]

PRIDE史上最長の約6時間半の興行となった。煽りVTR制作に佐藤大輔(元フジテレビ)、ナレーターに立木文彦という体制が復活。

ウェルター級グランプリの準決勝は、三崎和雄郷野聡寛パウロ・フィリオデニス・カーンに挑み、ともに健闘するも敗北。決勝戦はフィリオとカーンとなる予定であった。しかし、フィリオが三崎戦で左膝靭帯を負傷し、決勝戦棄権となり、公式ルールにもとづき、準決勝でフィリオに敗れた三崎が決勝に進出することになった。

序盤はカーンが主導権を握ったが、1R後半から三崎が怒涛の反撃に出て試合の流れをひっくり返すと、その後も守りに入らずに攻め続け逆転勝利。三崎がウェルター級グランプリ優勝を果たし、日本人初のPRIDEウェルター級チャンピオンとなった。

PRIDE 武士道 -其の十二-で復活した五味隆典が、4月に敗北を喫したマーカス・アウレリオとライト級タイトルを懸けたリベンジマッチに挑む。試合内容は必ずしも納得のいくものではなかったものの、五味がスプリットの判定勝利で、リベンジを果たすとともに初のタイトル防衛に成功した。

この大会からウェルター級に転向した菊田早苗は、後半のスタミナに不安を残したものの積極的に技を仕掛け、判定勝ち。

美濃輪育久はヘビー級のマイク・バートンと壮絶な殴り合いを展開した。

試合結果[編集]

第1試合 PRIDEウェルター級グランプリ リザーブマッチ 1R10分、2R5分
オランダの旗 ゲガール・ムサシ vs. キューバの旗 ヘクター・ロンバード ×
2R終了 判定3-0
第2試合 PRIDEウェルター級グランプリ 準決勝 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 パウロ・フィリオ vs. 日本の旗 三崎和雄 ×
1R 9:43 腕ひしぎ十字固め
※フィリオの負傷棄権により三崎が決勝進出。
第3試合 PRIDEウェルター級グランプリ 準決勝 1R10分、2R5分
韓国の旗 デニス・カーン vs. 日本の旗 郷野聡寛 ×
2R終了 判定3-0
※カーンが決勝進出。
第4試合 ウェルター級ワンマッチ 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 ムリーロ・ブスタマンチ vs. 韓国の旗 ユン・ドンシク ×
2R終了 判定3-0
第5試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
ブラジルの旗 ルイス・ブスカペ vs. 日本の旗 帯谷信弘 ×
2R終了 判定3-0
第6試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
アメリカ合衆国の旗 ジョー・ピアソン vs. 日本の旗 前田吉朗 ×
1R 0:54 フロントチョーク
第7試合 ウェルター級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 菊田早苗 vs. フランスの旗 ジョン・フランソワ・レノグ ×
2R終了 判定3-0
第8試合 無差別級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 美濃輪育久 vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・バートン ×
2R終了 判定3-0
第9試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 石田光洋 vs. スウェーデンの旗 デビッド・ベルクヘーデン ×
2R終了 判定3-0
第10試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 青木真也 vs. アメリカ合衆国の旗 クレイ・フレンチ ×
1R 3:57 三角絞め
第11試合 PRIDEライト級タイトルマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 五味隆典 vs. ブラジルの旗 マーカス・アウレリオ ×
2R終了 判定2-1
※五味が王座の初防衛に成功。
第12試合 PRIDEウェルター級グランプリ 決勝戦 1R10分、2R5分
日本の旗 三崎和雄 vs. 韓国の旗 デニス・カーン ×
2R終了 判定2-1
※三崎がグランプリ優勝。

関連項目[編集]