PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦
イベント詳細
シリーズ PRIDE(PRIDE GRANDPRIX)
主催 DSE
開催年月日 2006年9月10日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後2時
試合数 全9試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 47,410人
イベント時系列
PRIDE 武士道 -其の十二- PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦 PRIDE.32 "THE REAL DEAL"

PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦(プライド むさべつきゅうグランプリにせんろく けっしょうせん)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2006年9月10日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。海外PPVでの大会名は「PRIDE Final Conflict Absolute」。

大会キャッチコピーは「独りで挑んだ。独りじゃなかった。」。

大会概要[編集]

準決勝第1試合ではミルコ・クロコップヴァンダレイ・シウバを左ハイキックで失神KO、因縁の再戦を完全勝利で収める。準決勝第2試合ではジョシュ・バーネットアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラがPRIDE史上No.1ともいえるハイレベルなグラウンドの攻防を展開。僅差の判定をジョシュが制し、決勝はミルコとジョシュとの3度目の対決になった。

決勝では激戦をミルコが制し、K-1時代を含め自身初のチャンピオンに輝き、エメリヤーエンコ・ヒョードルとの再戦の権利を手にする。

試合結果[編集]

第1試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 エヴァンゲリスタ・サイボーグ vs. 日本の旗 西島洋介 ×
1R 3:24 スリーパーホールド
第2試合 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 準決勝 1R10分、2R5分
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs. ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ ×
1R 5:26 KO(左ハイキック)
ミルコが決勝進出。
第3試合 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 準決勝 1R10分、2R5分
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット vs. ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ ×
2R終了 判定2-1
バーネットが決勝進出。
第4試合 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 リザーブマッチ 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・アレキサンダー vs. ロシアの旗 セルゲイ・ハリトーノフ ×
1R 6:45 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第5試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ヒカルド・モラエス vs. 韓国の旗 イ・テヒョン ×
1R 8:08 TKO(タオル投入)
第6試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 中村和裕 vs. 日本の旗 中尾"KISS"芳広 ×
3R終了 判定3-0
第7試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン vs. フランスの旗 ザ・スネーク ×
1R 5:29 TKO(レフェリーストップ:踏みつけ)
第8試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 ヒカルド・アローナ vs. オランダの旗 アリスター・オーフレイム ×
1R 4:28 ギブアップ(パウンド
第9試合 PRIDE 無差別級グランプリ 2006 決勝戦 1R10分、2R5分
クロアチアの旗 ミルコ・クロコップ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット ×
1R 5:32 KO(パウンド
ミルコがPRIDE 無差別級グランプリ 2006優勝。

関連項目[編集]