PRIDE 男祭り 2006

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-
イベント詳細
シリーズ PRIDE男祭り
主催 DSE
開催年月日 2006年12月31日
開催地 日本の旗 日本
埼玉県さいたま市
会場 さいたまスーパーアリーナ
開始時刻 午後4時
試合数 全10試合
放送局 スカイパーフェクTV!
入場者数 48,709人
イベント時系列
PRIDE 武士道 -其の十三- PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU- PRIDE.33 "THE SECOND COMING"

PRIDE 男祭り 2006 -FUMETSU-(プライド おとこまつり にせんろく ふめつ)は、日本総合格闘技イベント「PRIDE」の大会の一つ。2006年12月31日埼玉県さいたま市さいたまスーパーアリーナで開催された。

大会キャッチコピーは、「誇りは、誰にも奪えない。」。

大会概要[編集]

PRIDE最後の大晦日興行。

ヘビー級タイトルマッチは、マーク・ハントが試合前の予想を大きく上回り健闘するも、エメリヤーエンコ・ヒョードルがノゲイラ、ミルコに続き3度目の王座防衛に成功した。

ジョシュ・バーネットアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラの再戦は、接戦の末ノゲイラが判定勝ちし、リベンジを果たした。

郷野聡寛リトル清原をゲストに引きつれ入場、試合中の骨折により満足な試合展開は出来なかったものの近藤有己に5年前の雪辱を果たした。

青木真也ヨアキム・ハンセン三角絞めの体勢からフットチョーク(公式記録はトライアングルチョーク)を極め一本勝ち。

総合格闘技デビュー戦となったアトランタオリンピックシドニーオリンピックレスリング銅メダリストのエルダリ・クルタニーゼは、藤田和之にギブアップ負け。

試合結果[編集]

第1試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 田村潔司 vs. 日本の旗 ミノワマン ×
1R 1:18 KO(サッカーボールキック
第2試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 青木真也 vs. ノルウェーの旗 ヨアキム・ハンセン ×
1R 2:04 トライアングルチョーク
第3試合 ウェルター級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 郷野聡寛 vs. 日本の旗 近藤有己 ×
2R終了 判定2-1
第4試合 ミドル級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 マウリシオ・ショーグン vs. 日本の旗 中村和裕 ×
3R終了 判定3-0
第5試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
アメリカ合衆国の旗 ギルバート・メレンデス vs. 日本の旗 川尻達也 ×
2R終了 判定3-0
第6試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
日本の旗 藤田和之 vs. ジョージア (国)の旗 エルダリ・クルタニーゼ ×
1R 2:08 KO(右アッパー→パウンド
第7試合 ライト級ワンマッチ 1R10分、2R5分
日本の旗 五味隆典 vs. 日本の旗 石田光洋 ×
1R 1:14 KO(左ストレート→パウンド
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
イングランドの旗 ジェームス・トンプソン vs. 日本の旗 吉田秀彦 ×
1R 7:50 TKO(タオル投入:マウントパンチ
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 1R10分、2・3R5分
ブラジルの旗 アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・バーネット ×
3R終了 判定3-0
第10試合 PRIDEヘビー級タイトルマッチ 1R10分、2・3R5分
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. ニュージーランドの旗 マーク・ハント ×
1R 8:19 チキンウィングアームロック
※ヒョードルが王座の3度目の防衛に成功。

関連項目[編集]